子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

小学生英語

英検5級に向けて子供と使っている英語アプリ

投稿日:2013年7月22日 更新日:

英検5級

子どもの英語の取り組みが遊び感覚からだんだん勉強っぽくなってきました。

幼児の頃は、英語の絵本を読んだりゲーム感覚のアプリで遊んだりしながら
英語を耳に馴染ませることをメインにしていました。

そのうち単語も覚え、
書いてある内容もだんだんわかってくるようになると次の段階です。

 

毎日少しづつでも英語に触れ続けているとアップするものなんだなとつくづく思います。
英語教室の授業でも英検対策コースとなり英検問題に沿った勉強が始まっています。

それに合わせるように家でも取り組みをはじめました。
教室から出される宿題の他にiPadの英語アプリを使った勉強です。

 

英語タウン

英語組み立てタウン

中学1年生から高校生向けの英語文法を学習するアプリです。
中1からとありますが、英検5級に挑戦するくらいの内容からとなっているので取り組みやすいアプリです。

バラバラの単語を並べ替えてセンテンスを組み合わせるもので、
時間内にできればコインがたまりゲーム要素もプラスされているアプリです。

紹介記事→英検5級対策になる学習アプリ「英語組み立てTOWN」

 

英検5級問題でも2~3割は、センテンスの穴埋めや単語の並べ替えの問題です。
傾向に合わせてなんども練習を繰り返すのにおすすめなアプリです。

 

Flashcards

Flashcard

英検5級レベルの単語を、英語→日本語
とテキスト化しフラッシュ形式で表示させるアプリです。

紹介記事→
フラッシュカードを自作できるアプリ「Flashcards」で英単語暗記
Flashcardsはこんな感じで英単語暗記に使っています

毎週英語教室で確認される記憶テストに向けてみつけたのですが、

自分でテキストを入力できるため、
出題が決まっている単語を覚えるのにたいへん便利なアプリです。

1日1回は目を通すようにしています。

パッと始められる手軽さと、
間違った箇所や思い出せない部分だけ再出題されるシステムが良いです。

 

 

夏休み明けにスクールのリーディングコンテストが行われる予定で、
それに向けての取り組みもはじめなければなりません。

昨年は1ページ2,3行で10ページくらいの本でしたが、今年はそれよりもっと多くなりそうです。このコンテストは暗記ではなくいかに流暢に読み上げるかを競うようです。

年に一度の取り組みですが、これを毎回くぐり抜けるたびに成長しているようです。

Flashcardsは音声モードもあるようなので、英語の暗唱の練習にも使えそうです。







-小学生英語
-

  オススメ

関連記事

no image

子供の英語学習に必要なのは遊び

以前、小学1年になる息子が取り組んでいる英語学習について書きましたが、
ますます英語組み立てtownにハマっているようです。

電車に乗るたび、私のスマホを使っては英文の並べ替えに挑戦しています。
このアプリの対象は中学から高校生となっていますが、
児童英検や英検5級を目指しているような子供なら難しくはありません。
英文の並べ替えを行い、違っていればブルブルっと知らせてくれる仕組みです。

水のことを世界の国々では何と言うでしょう

水のことを世界中で何と呼んでいるか知っていますか? 水は英語で「ウォーター」、これは誰でも知っていますね。 でもその他の言語はちょっと聞き慣れません。 中国語では水のことを「シュイ」、韓国語では「ムル …

小学校で習った四字熟語を英語で言えますか?

小学生は一石二鳥かも『小学校で習った四字熟語を英語で言えますか?』

小学校から持ち帰ってくるテストで四字熟語の問題を見かけることがあります。5~6年生くらいになると難しいものも出てきて大変そうです。 四字熟語の勉強って、ずーっとやっていると漢字の繰り返しでけっこう疲れ …

英語の返事に少しだけ個性を出してみる簡単な方法

英語の勉強をロールプレイ中心でやっていると、受け答えがどうしても単調になりがちです。子供のうちは特に型にはまらないようにしたいです。   息子がまだ3,4歳の頃、 週に1度ネイティブの託児英 …

広島カープに「S」が付かない理由

広島カープに「S」が付かない理由を「新・情報7daysニュースキャスター」でたけしさんが解説していました

プロ野球セ・リーグでは広島カープの優勝が決まりましたが、残るパ・リーグの優勝はおそらくソフトバンクかファイターズ、どちらか気になるところです。 そんなプロ野球から英語に関する話題、昨日の「新・情報7d …




にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ