子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

小学生英語

キッザニア東京で英語スピーチコンテストの出場者募集しています

投稿日:2013年2月6日 更新日:

子供向けの職業体験型アミューズのキッザニア東京。

息子も、あるときは消防士になったり、
またある時は科学者になったり新聞記者になったりと、
行く度に職業を見つけながらキッゾが貯まるのを楽しんでいます。

そのキッザニアで「こども英語スピーチコンテスト」が行われるそうです。

うちの子供ではちょっと敷居が高いかもしれませんが、
子ども達のスピーチやパフォーマンスを観るのも刺激になって良いかもしれません。

対象は3歳から中学3年生まです。

コンテストは、
スピーチ部門とパフォーマンス部門の2つのコーナーがあり、
スピーチ部門では小学1年生~4年生が対象のグループA、
テーマは「好きな場所」(My Favorite Place)となっています。

小学5年生~中学3年生対象のグループBでは、
テーマが「私のヒーロー、ヒロイン」 (My Hero,Heroine)です。

パフォーマンス部門は3名までのグループで応募が可能で、
英語を盛り込んだアクション、歌、ダンス、朗読などの発表になります。

予選ステージは、3月4日(月)~3月6日(水)

決勝ステージは 3月17日(日) 16:00~17:30

予選は、来場のほか動画ファイルでの応募も可能だそうです。

応募期間 2月1日(金)~3月6日(水)







-小学生英語

  オススメ

関連記事

no image

親子で英語の暗唱に取り組むために行なっている方法

小学1年生になるうちの子の通っている学校の英語の授業では、 課題文を暗唱して発表するレシテーションの練習が始まりました。
以前、スーパージュニアスの発表会でスピーチを行ったことがあるので これで2度目の英語の発表になります。このような人前で話すという経験を積み重ねることはとても大切だと思っています。
英語を学ぶ目的は人前で話すことにあるからです。

中学の英語授業で習熟度別指導を検討しているそうです

中学校の英語の授業で生徒の英語習熟度に合わせてクラスをグループ分けし、 授業を行う方向へ文科省が検討を始めたというニュースです。  

子ども英会話教室

子供が英会話教室を嫌がる理由、好きな理由

子供が英会話教室に通い始めてしばらくたつと嫌がることがよくあります。 親子で通うタイプの英会話教室に通っていた時、そこで何度も嫌がる子供を目にしました。通わせている保護者からしてみるとちょっとつらいで …

英会話教室でイースターを楽しむ

子どもの通っている英会話教室ではEaster(イースター)にちなみ、タマゴをスプーンに乗せて運ぶエッグレースや隠したタマゴを探すエッグハントを行なったそうです。 デコレーションパンケーキをみんなで作っ …

whileとduringの違い

whileとduringの違い

whileとduring同じような意味なので間違いやすいですね。 子供がwhileの意味を尋ねてきたので調べてみました。   whileもduringも 「~の間」「~している間」といった意 …