子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

小学生英語

キッザニア東京で英語スピーチコンテストの出場者募集しています

投稿日:2013年2月6日 更新日:

子供向けの職業体験型アミューズのキッザニア東京。

息子も、あるときは消防士になったり、
またある時は科学者になったり新聞記者になったりと、
行く度に職業を見つけながらキッゾが貯まるのを楽しんでいます。

そのキッザニアで「こども英語スピーチコンテスト」が行われるそうです。

うちの子供ではちょっと敷居が高いかもしれませんが、
子ども達のスピーチやパフォーマンスを観るのも刺激になって良いかもしれません。

対象は3歳から中学3年生まです。

コンテストは、
スピーチ部門とパフォーマンス部門の2つのコーナーがあり、
スピーチ部門では小学1年生~4年生が対象のグループA、
テーマは「好きな場所」(My Favorite Place)となっています。

小学5年生~中学3年生対象のグループBでは、
テーマが「私のヒーロー、ヒロイン」 (My Hero,Heroine)です。

パフォーマンス部門は3名までのグループで応募が可能で、
英語を盛り込んだアクション、歌、ダンス、朗読などの発表になります。

予選ステージは、3月4日(月)~3月6日(水)

決勝ステージは 3月17日(日) 16:00~17:30

予選は、来場のほか動画ファイルでの応募も可能だそうです。

応募期間 2月1日(金)~3月6日(水)







-小学生英語

  オススメ

関連記事

no image

小学校英語の取り組み

公立小学校の5,6年生の間で現在行われている英語教育ですが、正式な教科となるようですね。
さらに予想通り低学年からの英語教科導入も検討されるそうです。
今後、外国人教師を現在の倍に増やして小中高の英語教育に力を入れるとしていますが、
既存の先生との問題もいろいろあるようで、ゆとり教育や詰め込み教育の時のようにブレないことを願うばかりです。

ただ、方向的には小学校から基礎的な英語力を身につけさせたいという方針のようなので、
現在低学年のご家庭は、学校とは別に家庭で取り組めることはどんどん進めていっておいても良いのかなと思います。

英会話

英会話教室に通う割合が最も多いのは小学2年生-Benesse調査

Benesseが幼児から大学生までを持つ保護者を対象に語学に関するアンケートを行なっています。

子供向け英語の暗唱用

小学生向け英語の暗唱におすすめな1冊

小学3年生になる子供とずっと行なってきた英語の取り組みの中で、一番効果が高いと感じたのは暗唱です。 発音だけでなく、英文の流れやリズムが身につくからです。 その他、集中力も高まります。   …

自己紹介を英語で言えるようになる「キクタン」の小学生版

アルクからでている「キクタン」シリーズに小学生版が登場しています。 小学校英語の副教材「英語ノート」の中から、自分のことを英語で話せるようになるというコンセプトで英単語をセレクトしてあります。 自分の …

no image

子どもはグローバル化についていける?

普段、日常生活で英語を使うという状況まだまだ少ない日本ですが、 ビジネスの世界ではどんどん英語が浸透しているようです。 子供たちが大人になる頃には日本の国際化は今よりもっと進んでいるでしょう。