子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

小学生英語

英会話で印象UP!聞き取れない時の返事について

投稿日:2016年9月16日 更新日:

英会話

英語で話しかけられた時、ちょっと聞き取れないことってありますよね。

そんな時、つい「何?」のつもりで

What?

と聞き返してしまうことあるかもしれません。

日本語だと軽く聞き返す感じに聞こえますが、英語だとちょっと失礼な受け答えになってしまうそうです。

やわらかくて印象の良いのはこちら

Say what?

「えっ、何と言いました?」

sayには、「ねぇ」とか「そういえば」のようなニュアンスがあるので、子供がネイティブ先生の英会話教室などに通っているなら練習しておくと良いかもしれません。

他にも

「なんと言いましたか?」

のつもりで、

What did you say?

これもよく耳にする言葉ですが、

「なんだ?」

のようにぶしつけな感じで受け取られてしまうこともあるそうです。

直訳すると、「あなたはなんて言った?」ですから思いもよらない発言をしてびっくりしたといったニュアンスでしょうか。

会話の相手は、なにか悪いこと言ったのかな..と思ってしまうかもしれませんね。

相手の言ったことが聞き取りにくかったような場合はこちらの表現が良いそうです。

Did you say something?

 

 

子供の通う教室では使わないかもしれませんが、ぶしつけな感じのするフレーズでこういうのもあります。

How much?

「いくらか?」「なんぼ?」こんな感じでしょうか。

値段を聞くフレーズとして旅行先などで気軽に使ってしまいがちですが、ていねいに聞きたいなら、How muchの後にis this.

How much is this. 「これはいくらですか?」
と言ったほうが印象もグーンと良くなりそうですね。







-小学生英語

  オススメ

関連記事

willの意味

willの意味が持つ「強い意志と推量」について

中学英語でwillは「~でしょう」と習った記憶がいまだに強く残っています。 NHK高校講座の「コミュニケーション英語」を見ていてそのことにハッと気づいたのですが、willを解説する説明で一番目にあった …

no image

海外大学を目指す子供向けにベネッセがジュニアマスターズコースやるそうです

ベネッセでは4月より、海外大学を目指す中学1年生に向け「ジュニアマスタークラス」を開講するそうです。
ハーバード大やイェール大への合格実績のあるベネッセの海外大学進学塾「ルートH」の新中学生対象のジュニアマスタークラスです。

不規則動詞まとめ

小学生向け不規則動詞をフラッシュカードで学習

小学生向けの不規則動詞をまとめてみました。 不規則動詞とは動詞の過去形でedと付けない動詞のことです。 子供と一緒にBSのミッションイングリッシュを見ていると不規則動詞の過去形が出てきていました。ちょ …

no image

英語でご挨拶のちょっとした注意

日本の英語の教科書やテキスト問題などを見ているとたまに違和感を覚えるフレーズを目にすることがあります。
英語を母国語とする人たちに言わせると100年ぐらい前の英語をいまだに使っているとも言いいますよね。
新しい英語の学習指導要領ではその辺のところの修正を期待したいです。今の子供たちが大人になってグローバルな舞台に立った時恥ずかしい思いをしないように、せめてこれからの子どもたちには国際標準の英語を身につけてもらいたいです。
英語を最初に習い初めの定番フレーズは挨拶です。

動名詞と不定詞

子供に不定詞と動名詞の違いについて質問されたら?

子供の通っている英会話スクールで現在学習中の不定詞と動名詞。お迎えの帰り道、toとingのニュアンスをいろいろ聞かれたのでちょっとおさらいです。 小学生の子供でもピン!と、くるような使い分けを調べてみ …