子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

小学生英語

英会話で印象UP!聞き取れない時の返事について

投稿日:2016年9月16日 更新日:

英会話

英語で話しかけられた時、ちょっと聞き取れないことってありますよね。

そんな時、つい「何?」のつもりで

What?

と聞き返してしまうことあるかもしれません。

日本語だと軽く聞き返す感じに聞こえますが、英語だとちょっと失礼な受け答えになってしまうそうです。

やわらかくて印象の良いのはこちら

Say what?

「えっ、何と言いました?」

sayには、「ねぇ」とか「そういえば」のようなニュアンスがあるので、子供がネイティブ先生の英会話教室などに通っているなら練習しておくと良いかもしれません。

他にも

「なんと言いましたか?」

のつもりで、

What did you say?

これもよく耳にする言葉ですが、

「なんだ?」

のようにぶしつけな感じで受け取られてしまうこともあるそうです。

直訳すると、「あなたはなんて言った?」ですから思いもよらない発言をしてびっくりしたといったニュアンスでしょうか。

会話の相手は、なにか悪いこと言ったのかな..と思ってしまうかもしれませんね。

相手の言ったことが聞き取りにくかったような場合はこちらの表現が良いそうです。

Did you say something?

 

 

子供の通う教室では使わないかもしれませんが、ぶしつけな感じのするフレーズでこういうのもあります。

How much?

「いくらか?」「なんぼ?」こんな感じでしょうか。

値段を聞くフレーズとして旅行先などで気軽に使ってしまいがちですが、ていねいに聞きたいなら、How muchの後にis this.

How much is this. 「これはいくらですか?」
と言ったほうが印象もグーンと良くなりそうですね。







-小学生英語

  オススメ

関連記事

no image

英語授業について行ける子、いけない子

現在小学校で行われている小学5,6年生による英語授業。 必修化に向けて先生の準備や指導方法など様々な問題をはらんでいる様ですが、 この先、きっと低学年にも英語の授業が広がっていくのだろうと思います。

子供の英語教室

近所で人気になっている子供向けの英語教室があったので新年度に向けて新たに教室を変更することにしました。 以前に比べてだいぶ近くなったこともあり、通塾が楽になります。

no image

キッザニア東京で英語スピーチコンテストの出場者募集しています

子供向けの職業体験型アミューズのキッザニア東京。
息子も、あるときは消防士になったり、
またある時は科学者になったり新聞記者になったりと、
行く度に職業を見つけながらキッゾが貯まるのを楽しんでいます。
そのキッザニアで「こども英語スピーチコンテスト」が行われるそうです。
うちの子供ではちょっと敷居が高いかもしれませんが、
子ども達のスピーチやパフォーマンスを観るのも刺激になって良いかもしれません。
対象は3歳から中学3年生まです。

小学校で習った四字熟語を英語で言えますか?

小学生は一石二鳥かも『小学校で習った四字熟語を英語で言えますか?』

小学校から持ち帰ってくるテストで四字熟語の問題を見かけることがあります。5~6年生くらいになると難しいものも出てきて大変そうです。 四字熟語の勉強って、ずーっとやっていると漢字の繰り返しでけっこう疲れ …

no image

大阪の小学校では小1から英語授業導入のようです

いよいよ公立の小学校でも、小学1年生から英語の授業が始まるようですね。