子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

小学生英語

英会話で印象UP!聞き取れない時の返事について

投稿日:2016年9月16日 更新日:

英会話

英語で話しかけられた時、ちょっと聞き取れないことってありますよね。

そんな時、つい「何?」のつもりで

What?

と聞き返してしまうことあるかもしれません。

日本語だと軽く聞き返す感じに聞こえますが、英語だとちょっと失礼な受け答えになってしまうそうです。

やわらかくて印象の良いのはこちら

Say what?

「えっ、何と言いました?」

sayには、「ねぇ」とか「そういえば」のようなニュアンスがあるので、子供がネイティブ先生の英会話教室などに通っているなら練習しておくと良いかもしれません。

他にも

「なんと言いましたか?」

のつもりで、

What did you say?

これもよく耳にする言葉ですが、

「なんだ?」

のようにぶしつけな感じで受け取られてしまうこともあるそうです。

直訳すると、「あなたはなんて言った?」ですから思いもよらない発言をしてびっくりしたといったニュアンスでしょうか。

会話の相手は、なにか悪いこと言ったのかな..と思ってしまうかもしれませんね。

相手の言ったことが聞き取りにくかったような場合はこちらの表現が良いそうです。

Did you say something?

 

 

子供の通う教室では使わないかもしれませんが、ぶしつけな感じのするフレーズでこういうのもあります。

How much?

「いくらか?」「なんぼ?」こんな感じでしょうか。

値段を聞くフレーズとして旅行先などで気軽に使ってしまいがちですが、ていねいに聞きたいなら、How muchの後にis this.

How much is this. 「これはいくらですか?」
と言ったほうが印象もグーンと良くなりそうですね。







-小学生英語

  オススメ

関連記事

英会話

英会話教室に通う割合が最も多いのは小学2年生-Benesse調査

Benesseが幼児から大学生までを持つ保護者を対象に語学に関するアンケートを行なっています。

no image

幼児英語から小学校英語へ

子供がまだ幼い頃というのは英語に触れさせることが主な目的だったりするものです

no image

日本を目指す外国人

子供とテレビを見ていたらパリに住む日本好きのフランス人が出ていました。 何人か日本語がペラペラのフランス人が出ていたのですが、そのうち1人が特に印象的でした。

no image

子供の発表会の前は親も大変!英語でスピーチに挑戦

発表会では、自己紹介や好きなことなど英語で作文したものを発表します。自分のことについて話すのですけど、要は丸暗記です。

no image

親子で実践する英語教育のヒント

小学校による英語授業開始を受け、英語教育改革はどんどん進んでいるようです。
東洋経済オンラインでは「英語教育2.0 日本の教育をこう変えよ!」
の中で、「わが子を英語ができるように育てるには」というタイトルで
家庭で実践する英語教育のヒントについて特集しています。