子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

小学生英語

学校の英語、挨拶から間違ってない?

投稿日:2012年9月18日 更新日:

ウレぴあ総研というページに英語に関する面白い記事が載っていたのでご紹介します。

記事元 ”How are you?”は死語だった!? 外国人英語講師が教える「日本人のちょっとヘンな英語」

中学英語の教科書には、“How are you?”“I’m fine thank you.”と挨拶を交わす爽やかなキャラクターが必ず登場するもの。でも、実際はあまり使われない「死語」なんです。

日本では教科書だけでなく、書店で売られれいる英会話の本の最初も

“How are you?” “I’m fine thank you.”

ですよね。(笑)実際、普段ネイティブの会話ではあまり使われていません。

 

私も以前、英語生活を送っていたころ、よく考えてみたら “How are you?” なんて一度も使ったことがありません。

”hi”と言われたら”hi”  “What’s up?” って言われたら ”fine” とか、その場に合わせて返事をしていたように思います。

その他、

「今、何時ですか?」を意味する“What time is it now?”。こちらも初歩的な英語ですが、「Nowが付いていることによって「今すぐ知りたんだ!」と強く主張している感じがする」とジェイミーさん。“Do you have a time?”のほうが丁寧とのこと。また、「お名前は?」=“What’s your name?”は、なんと警察の尋問かのような威圧感を与えてしまうのだとか。

こうなると、ひとつ間違えると喧嘩になってしまいます。

 

ちなみに名前を聞くときは

丁寧な言い方だと“May I have your name?”かな?

そういえばそうです。

「おまえのなまえは?」 よりも、「お名前伺っても?」のほうが普通ですね。

 

英語の苦手な日本人だから..と許される範囲でしょうが、これでは深い付き合いはできないです。

 

文部科学省では、小4以下も英語必修を検討しているようですが、
本気で国際的な日本人を育てるためなら、こういう所から英会話力を学べるよう指導していって欲しいです。

 

国際社会に出ると、英語を話すのはアメリカやイギリス人だけではありません。
いろいろな地域の人も英語を使っています。 日本人の英語は特に聞き取りにくいって言われてますから、小さいうちから、どんどん会話に飛び込んでいけるような英語の勉強をさせてあげたいです。







-小学生英語

  オススメ

関連記事

アルクが「英語日記コンテスト」で子供の日記を募集中

全国の小学生を対象に英語で書かれた日記を募集しているようです。 低学年の部は1~3年生、テーマは My family「私の家族」 高学年の部は4~6年生、テーマはMy dream「将来の夢」 応募方法 …

アナと雪の女王翻訳

アナと雪の女王let it goの翻訳に挑戦

アナと雪の女王の主題歌Let It Goは耳に残りますね。 いつも子どもが口ずさみます。   耳コピなのでよくよく聞いていると時々ごまかしていますが・・   せっかく日々英語の勉強 …

子ども英会話教室

子供が英会話教室を嫌がる理由、好きな理由

子供が英会話教室に通い始めてしばらくたつと嫌がることがよくあります。 親子で通うタイプの英会話教室に通っていた時、そこで何度も嫌がる子供を目にしました。通わせている保護者からしてみるとちょっとつらいで …

no image

英語でご挨拶のちょっとした注意

日本の英語の教科書やテキスト問題などを見ているとたまに違和感を覚えるフレーズを目にすることがあります。
英語を母国語とする人たちに言わせると100年ぐらい前の英語をいまだに使っているとも言いいますよね。
新しい英語の学習指導要領ではその辺のところの修正を期待したいです。今の子供たちが大人になってグローバルな舞台に立った時恥ずかしい思いをしないように、せめてこれからの子どもたちには国際標準の英語を身につけてもらいたいです。
英語を最初に習い初めの定番フレーズは挨拶です。

no image

高校の英語授業で日本語が使われなくなる

英語教育に変化が起こりそうです。
小学校の英語授業が週1で必修化されていますが、この春より高校の英語では授業中の会話をすべて英語でおこなうことになりそうです。