子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

小学生英語

学校の英語、挨拶から間違ってない?

投稿日:2012年9月18日 更新日:

ウレぴあ総研というページに英語に関する面白い記事が載っていたのでご紹介します。

記事元 ”How are you?”は死語だった!? 外国人英語講師が教える「日本人のちょっとヘンな英語」

中学英語の教科書には、“How are you?”“I’m fine thank you.”と挨拶を交わす爽やかなキャラクターが必ず登場するもの。でも、実際はあまり使われない「死語」なんです。

日本では教科書だけでなく、書店で売られれいる英会話の本の最初も

“How are you?” “I’m fine thank you.”

ですよね。(笑)実際、普段ネイティブの会話ではあまり使われていません。

 

私も以前、英語生活を送っていたころ、よく考えてみたら “How are you?” なんて一度も使ったことがありません。

”hi”と言われたら”hi”  “What’s up?” って言われたら ”fine” とか、その場に合わせて返事をしていたように思います。

その他、

「今、何時ですか?」を意味する“What time is it now?”。こちらも初歩的な英語ですが、「Nowが付いていることによって「今すぐ知りたんだ!」と強く主張している感じがする」とジェイミーさん。“Do you have a time?”のほうが丁寧とのこと。また、「お名前は?」=“What’s your name?”は、なんと警察の尋問かのような威圧感を与えてしまうのだとか。

こうなると、ひとつ間違えると喧嘩になってしまいます。

 

ちなみに名前を聞くときは

丁寧な言い方だと“May I have your name?”かな?

そういえばそうです。

「おまえのなまえは?」 よりも、「お名前伺っても?」のほうが普通ですね。

 

英語の苦手な日本人だから..と許される範囲でしょうが、これでは深い付き合いはできないです。

 

文部科学省では、小4以下も英語必修を検討しているようですが、
本気で国際的な日本人を育てるためなら、こういう所から英会話力を学べるよう指導していって欲しいです。

 

国際社会に出ると、英語を話すのはアメリカやイギリス人だけではありません。
いろいろな地域の人も英語を使っています。 日本人の英語は特に聞き取りにくいって言われてますから、小さいうちから、どんどん会話に飛び込んでいけるような英語の勉強をさせてあげたいです。







-小学生英語

  オススメ

関連記事

小学生の子供に過去形と過去分詞の説明

小学生の子供に過去形と過去分詞の説明

小学4年になる息子に「過去形と過去分詞ってどう違うの?」 と訪ねられました。 日記などの文章を書き上げている際、英語辞書で調べていると過去形と過去分詞の記載があり疑問に思ったようです。

no image

英語授業について行ける子、いけない子

現在小学校で行われている小学5,6年生による英語授業。 必修化に向けて先生の準備や指導方法など様々な問題をはらんでいる様ですが、 この先、きっと低学年にも英語の授業が広がっていくのだろうと思います。

小学校の英語授業、就学前から学んでいる子供にとってはちょっと複雑

公立の小学校ではすでに5,6年生から英語の授業を年間35時間行っているようですが、まもなく学年を繰り下げて小学3年生から英語の授業がスタートすることになりました。 そんな流れを受けて、巷ではすでに小学 …

ちびまる子ちゃんの英語教室

ちびまる子ちゃんの小学生英語でおさらい

北海道に引っ越してきて、転校してきた小学校での初の夏休みです。 北海道の夏休みは本州より短く始業式は8月19日なんだそうです。そのぶん冬休みが長いということですが、そう考えるとあっという間に5年生です …

英語教育

子供の英語教育についてのニュースから

現在小学校に通われているお子さんが高校、大学に行く頃になったら英語教育がどんな風になっているかを予想させるニュースです。 英語力アジアトップへと提言 文部科学省の有識者会議によると、 「今後日本はアジ …