子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

英語絵本

クリスマスの英語絵本「The Christmas Selfie Contest」クリスマスの自撮りコンテスト

投稿日:

クリスマスの英語絵本「The Christmas Selfie Contest」の読み聞かせ、サンタさんの里のおもちゃ工場で働くelves(妖精たち)のお話しです。

みんなで楽しく遊びながらおもちゃを作る妖精たち。work one’s socks offは(猛烈に働く)。みんなは一丸となってプレゼントを作り続けていました。でも、一人の妖精エルフィだけは他と少し違っていたようです。彼はチームワークが苦手、一人コツコツタイプだったようです。

あるとき、自撮りコンテストのポスターを見かけたエルフィは、また一人でいろいろな被写体を求めて突っ走ろうとします。ですが、一番美しい景色は..身近にありましたね。

 

In a big, busy workshop with the shelves full of toys,
おもちゃがいっぱいの棚のある、大きくて忙しいワークショップでは、

the elves work their socks off amid lots of noise!
妖精は、たくさんの雑音の中で猛烈に働く真っ最中!。

They hammered and clattered and chattered
彼らは打って、音をたてて、しゃべりまくりました

and played and worked as a team on the toys that they’re made.
彼らが作ったおもちゃのチームとして遊びながら仕事をしました。

 

But Alfie was different to all of the rest.
しかし、アルフィは休んでいるみんなと異なっていた。

He didn’t like teamworked he liked being best!
彼はチームワークが好きではなかった、彼は、最高であるのが好きでした!

He’d boast about all of the toys he’d created,
彼は、作製したおもちゃの全てを自慢します、

then show them to everyone, shouting. “I’m great!”
そしてみんなにそれらを示し、叫びます。「私はすごい!」

 

One morning, the elves were so sick of his talk,
ある朝、エルフたちは彼の話にとてもうんざりしていた。

the Head Elf said: “Alfie, please go for a walk!”
ヘッドエルフは言った: 「アルフィー、散歩に行ってください!」

so Alfie went out to the gingerbread store, and noticed a poster he’d not seen before…
そこでアルフィーはジンジャーブレッドの店に出かけ、以前見たことのないポスターに気づいた。

 

It said: Santa is holding a Selfie Contest
それは言っていた: サンタは自撮りコンテストを開催している。

so send in your photos and he’ll pick the best.
あなたの写真を送って、彼は最高のものを選ぶでしょう。

Young Alfie was certain he’d win it with ease.
若いアルフィーは、彼がそれを簡単に勝つだろうと確信していた。

“I’ll take the best selfie – it sounds like a breeze.”
「私は最高の自撮りを取るだろう – それはそよ風のように聞こえる。」

 

He told all his friends, and they just got annoyed:
彼はすべての友人に語った、そして彼らはちょうど迷惑でした:

“There’s no time for selfies – we need to make toys!”
「自撮りのための時間がない – おもちゃを作る必要がある!」

But Alfie ignored them and all of their fears.
しかし、アルフィーは彼らと彼らの恐れをすべて無視しました。

He needed to try out some selfie ideas.
彼はセルフアイデアを試してみる必要があった。

 

He ran to the polar bears chilling outside,
彼は外で寒そうにしているホッキョクグマに駆け寄った。

“Please pose for a selfie!” he eagerly cried.
「セルフ・ポーズをしてください!」 彼は熱望して叫んだ。

 

The bears made a tower and Alfie yelled. “Cheese!” But one of the polar bears just.. had to..Sneeze. Atchoo!
クマたちは高くそびえアルフィーは叫んだ「チーズ!」しかしホッキョクグマの一匹が、ちょうど、くしゃみした。ハクション!

 

So Alfie rushed off to a whale in the sea.
それからアルフィは海の中のクジラに駆け寄った。

He said. “Will you pose for selfie with me?”
彼は言った。 「あなたは私とセルフをするためにポーズを取れますか?」

 

But as Alfie’s camera went off with a flash,
しかしアルフィのカメラはフラッシュをたいたので、

the whale spurted water on him with a splash!
クジラは、プシャーと彼の上で水を噴出させました!

 

Then as it grew darker, two owls fluttered past.
その後、暗くなるにつれて、2匹のフクロウがひらひらと通り過ぎました。

“Will you take a selfie with me?” Alfie asked.
「私と自撮りしませんか?」アルフィは尋ねた。

The group had a hoot, but it still wouldn’t do…
群れは笑っていましたが、しかしまだやりません

the sky was too dark…
空はあまりにも暗かった…

and the selfies were too!
そして自撮りにもあまりにも(暗かった)

 

Poor Alfie run back to the workshop in tears.
かわいそうなアルフィは涙の中ワークショップに戻ります。

“I thought I would win, but I’m out of ideas!”
「勝つと思ったけど、アイデアがない!」

Forget about selfies.” the other elves said.
「自撮りのことを忘れていた」 他のエルフたちは言った。

“Let’s finish these toys with some teamwork instead!”
「代わりにチームワークでこれらのおもちゃを完成させましょう!」

 

The elves got to work and at last Alfie saw…
エルフたちは仕事を始めて、ついにアルフィーは見た…

when they worked as a team, they could do so much more.
彼らがチームとして働いていたとき、彼らはずっと多くをすることができました。

They sanded and painted with painstaking care.
彼らは念入りに紙やすりで磨いて、それで絵を描きました。

and soon there were colourful toys everywhere!
そして、すぐに、カラフルなおもちゃは至る所にありました!

 

“The workshop shop looked magical!”
「ワークショップは魔法に見えた!」

young Alfie said.
若いアルフィは言った。

And then an idea popped into his head…
そして、彼の頭の中にアイデアが浮かんだ..

Let’s pose for a selfie!” he said with a grin.
自撮りをしよう! “彼は笑顔で言った。

“With all of us in it, this selfie could win!”
「私たち全員がこの自撮りで勝つことができます!」

 

He sent off the selfie into his surprise, he got to reply saying:
彼は驚ながら自撮りを送った、彼の受け取った返事にはこうあった:

You’ve won, first prize!
あなたは一等賞を獲得しました!

your prize is a sleigh ride with Santa himself.
あなたの賞はサンタとその乗り物への乗車です。

Congrats on your selfie –
あなたの自撮りメンバーおめでとう、

you’re one lucky elf.
あなたは幸運なエルフです。

 

Young Alfie was thrilled, and he knew what to do.
若いアルフィーは興奮して、何をすべきかを知っていました。

He showed all his friends and said, “You should come too!”
彼はすべての友人に見せて言った。「あなたちも来るべきです」

 

When Santa arrived in his beautiful sleigh, the elves clambered in then they went on their way.
サンタが彼の美しいそりで着いたとき、エルフ達はその中によじ登りき、それから彼らとともに行った。

And the Santa’s reindeer soared into the skies,
そして、サンタのトナカイは、空に昇りました、

young Alfie was glad they had all shared his prize!
若いアルフィは、彼ら全員が彼の賞を共有したことがうれしかったです!







-英語絵本

  オススメ

関連記事

英語絵本「Watch Me Throw The Ball」

英語絵本「Watch Me Throw The Ball」どこまで遠くにボールを投げられるかな?

英語絵本、ピギーとジェラルドのシリーズから「Watch Me Throw The Ball」の読み聞かせです。こちらの絵本はシリーズ初期の作品ですね。今回も日常英会話のリスニングにぴったりな内容でした …

ドラえもんのはじめてのえいかいわ

音がとびだす!ドラえもんのはじめてのえいかいわ

小学館のサウンド・ブック、 押すと英語でお話するドラえもんのしかけ絵本です。

英語絵本「Clifford's First Autumn」

英語絵本「Clifford’s First Autumn」初めての秋を楽しむ子犬のクリフォード

英語で書かれた絵本の読みはじめとして評価の高い子犬のクリフォードシリーズ絵本から「Clifford’s First Autumn」です。 短めの文に区切られているので、英文慣れしていない子 …

フォニックス絵本「Ted's Shed」

フォニックス絵本「Ted’s Shed」お気に入りの赤い小屋をDIYするよ!何を作るのかな?

フォニックス英語絵本「Ted’s Shed」の読み聞かせです。 フォニックス発音 ed, aw,ceなど繰り返しの韻で軽快な文章を楽しめるお話です。 赤い色の大好きなテッドは道具箱を取り出 …

What a Bad Dream

小学生におすすめな英語絵本リトル・クリッターシリーズから「What a Bad Dream」

小学生の英語リーディングやリスニングにちょうどよい英語絵本シリーズ、リトル・クリッター「What a Bad Dream」の読み聞かせです。 ここでのWhatは「なんて」とか「なんと」のような口語的な …