子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

小学生英語

小学生向け英語の暗唱におすすめな1冊

投稿日:2014年7月3日 更新日:

小学3年生になる子供とずっと行なってきた英語の取り組みの中で、一番効果が高いと感じたのは暗唱です。

発音だけでなく、英文の流れやリズムが身につくからです。

その他、集中力も高まります。

 

CDで聞き流しをおこなうところから始めるのですが、これは遊びながらでも他の勉強をしながらでも構いません。

できるだけ邪魔にならないよう少しボリュームは低めにしています。

 

リスニングの段階では覚えさせることはしません。

無意識に落としこむような感じです。

韻とかリズムが掴められればベストですね。

 

できれば親子が一緒にいるときに聞くのが良いです。

後で読み聞かせを行うとき、よりネイティブに近い発音で読み聞かせられますから。

 

子供向けに作られた英語の暗唱用テキスト

幼児のうちは英語絵本のシリーズを次々と暗唱していったのですが、小学生になってちょうど良い感じのテキスト教材を探していました。

こちらの本、英語で自己表現するのにも役立ちそうです。

陰山英男&藤井弘之の 反復練習 英語暗唱ノート

「百ます計算」の陰山英男先生と、その直弟子である藤井弘之先生が土堂小学校で実践してきた中から作られた暗唱教材が本になっています。

内容

自己表現のためのスピーチ編では掲載されている単語の絵カードがつくれる型紙が収録され、自己紹介、好きなもの、できること、友だちの紹介など、124の基本例文で表現練習が行えるようになっています。

スピーチ編CDでは、通常の朗読の他に、スピーチ例文をラップ音楽に乗せてリズミカルに練習できるようになっています。

名言編では、英語を話す人なら知っておきたい名言ばかり35編収録。

ケネディ大統領やキング牧師の演説の一節など、どれも小学生が取り組みやすい内容です。

トーマス・ジェファーソン「独立宣言」など、暗唱できたらすごいですね!







-小学生英語

  オススメ

関連記事

no image

子供の発表会の前は親も大変!英語でスピーチに挑戦

発表会では、自己紹介や好きなことなど英語で作文したものを発表します。自分のことについて話すのですけど、要は丸暗記です。

no image

小学校英語の取り組み

公立小学校の5,6年生の間で現在行われている英語教育ですが、正式な教科となるようですね。
さらに予想通り低学年からの英語教科導入も検討されるそうです。
今後、外国人教師を現在の倍に増やして小中高の英語教育に力を入れるとしていますが、
既存の先生との問題もいろいろあるようで、ゆとり教育や詰め込み教育の時のようにブレないことを願うばかりです。

ただ、方向的には小学校から基礎的な英語力を身につけさせたいという方針のようなので、
現在低学年のご家庭は、学校とは別に家庭で取り組めることはどんどん進めていっておいても良いのかなと思います。

アナと雪の女王翻訳

アナと雪の女王let it goの翻訳に挑戦

アナと雪の女王の主題歌Let It Goは耳に残りますね。 いつも子どもが口ずさみます。   耳コピなのでよくよく聞いていると時々ごまかしていますが・・   せっかく日々英語の勉強 …

no image

小2の英語の宿題は数字のカウントと12ヶ月

小学校に上がってから2度めの夏休みが始まりました。 1年間学校生活をおくって2度めになるとだいぶ慣れているようです。

no image

親子で英語の暗唱に取り組むために行なっている方法

小学1年生になるうちの子の通っている学校の英語の授業では、 課題文を暗唱して発表するレシテーションの練習が始まりました。
以前、スーパージュニアスの発表会でスピーチを行ったことがあるので これで2度目の英語の発表になります。このような人前で話すという経験を積み重ねることはとても大切だと思っています。
英語を学ぶ目的は人前で話すことにあるからです。