子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

小学生英語

英語の返事に少しだけ個性を出してみる簡単な方法

投稿日:

英語の勉強をロールプレイ中心でやっていると、受け答えがどうしても単調になりがちです。子供のうちは特に型にはまらないようにしたいです。

 

息子がまだ3,4歳の頃、
週に1度ネイティブの託児英語教室に預けていました。

そこでは4時間ぐらいすべて英語で子供の面倒を見てくれます。

英語で話す以外は、多分普通の託児と同じような感じです。

歌を歌ったりゲームをしたりと楽しいアクティビティを通して自然に英語が身についていたと思います。

 

託児に預けている間、親はほとんど様子を見ていませんから、いつの間にか子供もいろいろな受け答えを英語でできるようになっていました。

 

英語託児教室

 

そんな中で、ちょっと面白いなぁと思う受け答えがあります。

What’s your favorite food?
好きな食べ物は何?

 

など「好きなモノは何?」と聞かれると、

I like bananas とかblueとかひとつ答えるのがふつうですが、

息子の場合、必ず、

I like banana, and peach and strawberry.

のように思いつくかぎり答えるんです。

 

好きなモノは?って聞かれているから全部あげて言ってるんでしょうが、
時々、考えこんでまで搾り出そうとしています。

 

たぶん、先生に「好きなモノは1つじゃないんじゃない?」みたいなことを言われたのかもしれません。

 

その後も、いろんな場面で「好きな教科は?」とか、「場所は?」とか聞かれる度に思いつく限り同じように答えています。

 

これって、ちょっとした事なんですけど、会話が広がります。
面白い子だね、ともよく言われてしまいますが、会話が弾みやすいです。

聞かれたことにポツンと答えるだけでなく、
「これとこれと、これも好き」
この方が確かに子供らしい感じがします。

 

小さいうちは英語で会話を求められる機会ってそうそうありませんから、会話の弾むとても良いきっかけになっています。

 

英語教室や学校で子供に、

Do you like ~?

って聞かれる機会は少なくないと思います。

おうちで練習する際に、ひとつだけでなく「他にもある?」って
少し促してみても良いのかなと思います。







-小学生英語

  オススメ

関連記事

no image

小2の英語の宿題は数字のカウントと12ヶ月

小学校に上がってから2度めの夏休みが始まりました。 1年間学校生活をおくって2度めになるとだいぶ慣れているようです。

no image

子どもに英語を楽しく取り組ませるために大切なこと

英語の義務教育化を進めようとしている国の教育再生実行本部の提言に対して、 小学校から英語義務教育化すれば英語嫌いの子供増やすだけではないかという意見もささやかれているようです。

no image

英検5級に向けて子供と使っている英語アプリ

子どもの英語の取り組みが遊び感覚からだんだん勉強っぽくなってきました。 幼児の頃は、英語の絵本を読んだりゲーム感覚のアプリで遊んだりしながら 英語を耳に馴染ませることをメインにしていました。

no image

子供をネイティブに育てるために

壇上に立って発表する機会があれば、幼いうちからやっておくのは良いことだと感じます。

子供向け英語の暗唱用

小学生向け英語の暗唱におすすめな1冊

小学3年生になる子供とずっと行なってきた英語の取り組みの中で、一番効果が高いと感じたのは暗唱です。 発音だけでなく、英文の流れやリズムが身につくからです。 その他、集中力も高まります。   …