子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

小学生英語

英語の返事に少しだけ個性を出してみる簡単な方法

投稿日:

英語の勉強をロールプレイ中心でやっていると、受け答えがどうしても単調になりがちです。子供のうちは特に型にはまらないようにしたいです。

 

息子がまだ3,4歳の頃、
週に1度ネイティブの託児英語教室に預けていました。

そこでは4時間ぐらいすべて英語で子供の面倒を見てくれます。

英語で話す以外は、多分普通の託児と同じような感じです。

歌を歌ったりゲームをしたりと楽しいアクティビティを通して自然に英語が身についていたと思います。

 

託児に預けている間、親はほとんど様子を見ていませんから、いつの間にか子供もいろいろな受け答えを英語でできるようになっていました。

 

英語託児教室

 

そんな中で、ちょっと面白いなぁと思う受け答えがあります。

What’s your favorite food?
好きな食べ物は何?

 

など「好きなモノは何?」と聞かれると、

I like bananas とかblueとかひとつ答えるのがふつうですが、

息子の場合、必ず、

I like banana, and peach and strawberry.

のように思いつくかぎり答えるんです。

 

好きなモノは?って聞かれているから全部あげて言ってるんでしょうが、
時々、考えこんでまで搾り出そうとしています。

 

たぶん、先生に「好きなモノは1つじゃないんじゃない?」みたいなことを言われたのかもしれません。

 

その後も、いろんな場面で「好きな教科は?」とか、「場所は?」とか聞かれる度に思いつく限り同じように答えています。

 

これって、ちょっとした事なんですけど、会話が広がります。
面白い子だね、ともよく言われてしまいますが、会話が弾みやすいです。

聞かれたことにポツンと答えるだけでなく、
「これとこれと、これも好き」
この方が確かに子供らしい感じがします。

 

小さいうちは英語で会話を求められる機会ってそうそうありませんから、会話の弾むとても良いきっかけになっています。

 

英語教室や学校で子供に、

Do you like ~?

って聞かれる機会は少なくないと思います。

おうちで練習する際に、ひとつだけでなく「他にもある?」って
少し促してみても良いのかなと思います。







-小学生英語

  オススメ

関連記事

no image

小学校英語の取り組み

公立小学校の5,6年生の間で現在行われている英語教育ですが、正式な教科となるようですね。
さらに予想通り低学年からの英語教科導入も検討されるそうです。
今後、外国人教師を現在の倍に増やして小中高の英語教育に力を入れるとしていますが、
既存の先生との問題もいろいろあるようで、ゆとり教育や詰め込み教育の時のようにブレないことを願うばかりです。

ただ、方向的には小学校から基礎的な英語力を身につけさせたいという方針のようなので、
現在低学年のご家庭は、学校とは別に家庭で取り組めることはどんどん進めていっておいても良いのかなと思います。

小学4年生の英語でちょっとややこしい単数・複数表現

小学4年生の英語でちょっとややこしい単数・複数表現

小学4年になる息子の英会話スクールで使っている教科書がEnglish Time3。 これはネイティブ英語圏を始め、世界中で英会話を学習する子供たちに広く使われているOXFORD出版局の教科書です。子供 …

アナと雪の女王翻訳

アナと雪の女王let it goの翻訳に挑戦

アナと雪の女王の主題歌Let It Goは耳に残りますね。 いつも子どもが口ずさみます。   耳コピなのでよくよく聞いていると時々ごまかしていますが・・   せっかく日々英語の勉強 …

エイエイGO

一般動詞に”s”を付けるときと付けないとき

前回、複数形の”s”について子供が間違いやすかった部分、体の部分を表現するときにつける三単元の”s”を取り上げました。 ちょうど、子供といつも観ているE …

no image

海外大学を目指す子供向けにベネッセがジュニアマスターズコースやるそうです

ベネッセでは4月より、海外大学を目指す中学1年生に向け「ジュニアマスタークラス」を開講するそうです。
ハーバード大やイェール大への合格実績のあるベネッセの海外大学進学塾「ルートH」の新中学生対象のジュニアマスタークラスです。




にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ