子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

幼児英語

簡単な幼児英語の始め方

投稿日:2011年3月11日 更新日:

幼児と英語学習を始めるにあたって、一番大切なことは
親と子どもが負担のかからない方法で長続きさせることだと思います。

0歳から小学校に上がるくらいまでは、英語を耳に馴染ませることが大切なので、
まずはインプットを中心にした英語環境を作ってあげられればOKです。

ここでは、具体的にインプットを中心にした幼児英語の実践法をひとつご紹介します。

簡単に始められる幼児英語の実践法

赤ちゃんはリスニングの天才でも触れましたが、
一般家庭の会話を集約すると大体、一日90分くらいになると言われています。
用意するCDは90分でなくてもよいので、そこで、まずリスニング用に英語のCDを用意します。

45分であれば1日2回くらいリピートする感じでOKです。
子どもが積み木で遊んでる時や、食事の準備の合間、幼稚園の送り迎えの車内など、さりげなく耳に入るようにします。

あまり大きな音で聴かせるのは効果的でないです。
あくまでも自然な形でかけ流しておく方が脳科学的にも良いとされているそうです。

 

とにかく1日1回聴かせることが大切です。
1年、2年と続けて行くうち、英語をすんなり受け入れてくれるようになります。







-幼児英語

  オススメ

関連記事

no image

胎教で英語好きの赤ちゃんに

日本人の英語学習が多く変わろうとしています。
私立の小学校ではすでに1年生から英語の授業は行われていますが、公立小学校でも5,6年生で英語を習うようになり、一部の地域では前倒しで低学年から授業をスタートさせる動きになってきています。
今後おそらく公立の小学校でも低学年より英語授業を始める流れになるでしょう。
さらに高校ではこの春より授業中の会話は全て英語で行うことが決まっているそうで、大学入試においては「TOEFL(トーフル)」を入試選考に取り入れる動きがあるようです。
他の国に比べ日本に暮らしていると英語は身近ではありませんから、
こうなってくると、幼いうちから子供のそばにいる親の役目は重要になってきますね。
今後生まれてくる子供は日本語とともに英語を身につけておかないと将来大変そうです。

no image

英語の数字は幼児のうちから聞き慣らして

英語で数字の数え方は、one, two, three,・・・tenというように、
わりと子供が幼いうちから教えると思います。

My Best English DVDフォニックス幼児向けオススメ教材

幼児英語のおすすめDVD教材!モーツアルトのBGMで集中力もUP

幼児期の英語学習におすすめな教材をご紹介します。 モーツアルトのBGMがやさしく流れる中でかわいいキャラと一緒に英語が学べるDVDです。 ネイティブの子供向けのDVD教材なのですが、フォニックスに重点 …

子供の英語学習をきっかけに親も一緒に英会話

子供の英語学習をきっかけに親も一緒に英会話

今の子供達が大きくなって社会に出る頃を想像してみると、今以上に英語力は必須スキルになっていることでしょう。 すでにコンビニさえ免税店の看板を掲げて外国人が押し寄せるようになっています。 将来、アルバイ …

no image

赤ちゃんはリスニングの天才

幼児は、幅広い音を聞き分ける潜在力に溢れています。
これは言語獲得能力が人生のうちで最も発達している状態です。