子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

幼児英語

いつから英語を学ばせる?

投稿日:2011年3月8日 更新日:

0~3歳くらいまでの幼児は、本来成人より広い周波数領域の音を
聞き取ることができます。

しかも、余計なフィルターを通さずダイレクトに脳へ届きます。

しかし、日本語と英語では周波数領域に違いがあるため、日本語環境だけで育った場合、帯域が日本語に馴染んでしまい英語が聞き取りにくくなってしまうんですね。

なので、お子さんをバイリンガルに育てたいなら、
赤ちゃんのうちから英語を身近にしておくことが大切です。

 

また、聴覚を鍛えるという意味では、胎教の頃から幅広い周波数帯、例えば..

代表例としてモーツアルトなど、お腹の赤ちゃんに聴かせるというのは、後々良い状態を作るのに効果的な方法だと言われています。

 

日本語と英語の周波数

人間の聞き取れる音の周波数は20~20000Hzと言われています。

日本語の場合は、100~1800Hz位の周波数帯ですが、英語では2000~12000Hzと、かなり帯域に違いがあります。

ですから、幼児の頃から英語を聴き、周波数帯を広げて馴染んでおくことで、
英語耳を育てられるということです。

 







-幼児英語

  オススメ

関連記事

褒めて育てる

褒めて育てる!に大切なこと

子供が未就学のころ七田チャイルドの英語教室に通っていたのですが、その時の先生の言葉を思い出しました。 小さな目標で達成感を定期的に感じさせることが大切 しばらく忘れていました。

ball

幼児のうちから英語を習わせるのは早すぎる?

国語力がある程度付くようになるのは6歳頃だと言われていますが、その時期には言語習得のクリティカルポイントが過ぎてしまい

英語をいつから学ばせたら良いか

英語をいつから学ばせたら良いか

子供の英語を学習し始める時期って年々下がっているようです。 内容にもよりますが、親子で英語に取り組み始めるきっかけは幼児向け雑誌の付録であったりディズニーなどの無料お試しCDだったりしますよね。 過去 …

子供が七田の英語コースに通っていた時の取り組み

七田と言えば右脳教育でフラッシュカードを使った取り組みで有名ですが、 あんな詰め込み式を幼いうちからやっていて大丈夫なの?と思ってしまう方も多いと思います。 ですが、フラッシュカードは覚えるためではな …

no image

ステップアップのための子ども英語教室選びのヒントに

前回は、1〜2歳くらいの子ども向けの英語教室についてお話しました。今回は、子どもの英語学習をステップアップさせる教室選び。




にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

英語

英検【2017年第1回】の解答チェックと合格点について

英検の一次試験もおわり、気になるのは合格レベルの解答ができている...

子供も楽しめる英語でハロウィンの歌

ハロウィンシーズンになると、欧米の子供向けチャンネルではハロウィ...

英検3級の合格ラインと二次試験の配点

英検の合格発表が行われましたね。今回、英検3級に挑戦した...

子供と自宅学習に使ってきた英語教材

子供が生まれるとすぐに英語を意識した育児を始めました。子...

英語タッチペン・絵じてん2016年の人気ランキング

英語やイラストにタッチペンで触れると英語音声が流れるタイ...