子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

幼児英語

幼児教育のメリット

投稿日:2011年3月22日 更新日:

七田教育で有名な 七田 眞先生の著書「七田家の子育て45のルール」では幼児期と小学生になってからの違いについて以下のように述べています。

幼児期は知識欲も豊富で、やる気満々ですが、小学生になると、
やる気を出させる条件が必要になってきます。
いかにやる気を出してやるかが、親の腕のみせどころでしょう。

英語教育に限らず、幼児期のうちにたくさん種を撒いて、先行体験させることが後々のかかわりに大きく繋がるようですね。

役に立たないようなことでも、子どもは楽しければ一生懸命覚えます。
電車の名前や、恐竜の名前、おなじみのTVの登場人物など、驚いて、喜んで、褒めてあげれば、あっという間に世界の国旗などもすぐに覚えてしまいます。

 

ですが、小学校に上がると幼稚園のまったりした空気と違い、夢から醒めるよう、とたんに忙しくなります。

マイペースでやっていたものがみんなと合わせなきゃならないのでかなり焦ることも多くなります。

一日学校で疲れ、宿題もだされるようになると、家で幼稚園の時のように取り組みを続ける時間も取りにくくなってしまいます。

そのためやる気も段々失せてくるわけです。

 

幼児期から小学生に上がる時って小学校から中学に上がるときの問題にも似てるかもしれません。

この時期の取り組みとしては幼児期の能力をいつまでも保ってあげることが親の出来る大切なことなのかなと思います。







-幼児英語

  オススメ

関連記事

no image

小学校にあがってもネイティブ発音でいてほしい

中学生になってから聞く先生の英語発音は典型的なジャパリッシュ(日本風英語)
片田舎でしたから余計でしょうね。
先生の後についてみんなもそのとおり発音するものだから、
せっかくネイティブ発音で覚えている子も、
いちいち発音を先生に合わせて直してしまいます。

no image

子供は同じ絵本をなんども読むのが好き

この繰り返し読むことを精読というそうですが、子供の脳は無意識に暗記することで安心感を得るのでしょうか。

no image

子供に英語は必要でないと感じさせないために

幼児期の間、通っていた七田の英語教室では毎回 授業が終わると親の取り組み方についてのお話がありました。

no image

子供に英語の語り掛けで注意したいこと

小学生から社会人までが、今までにないくらい英語を学び始めていますね。
現在の日本では英語教育の必要性がテーマになっているようです。
まわりを海に囲まれ外国語に触れる機会の少ない日本で暮らしていると英語を身につけるのはなかなか難しいものです。幼児期のうちから英語の聞き流しを行うなどして耳に慣れさせておくことでその後の英語教育に大きな力になるように思います。
我が家でも子供が0歳の頃から英語の聞き流しを行い、英語の絵本を読み聞かせたりしていましたが、それに加えて、親の話す言葉も大切ではないかという思いで幼児のうちから英語で話しかける取り組みもしてきました。

no image

幼児向けの英語教室に通わせる前に

子供が幼い頃から英語教室に通っていて その時は、子どもの後ろに親が付いているんです。 まだ、3,4歳くらいでしたから。