子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

幼児英語

幼児教育のメリット

投稿日:2011年3月22日 更新日:

七田教育で有名な 七田 眞先生の著書「七田家の子育て45のルール」では幼児期と小学生になってからの違いについて以下のように述べています。

幼児期は知識欲も豊富で、やる気満々ですが、小学生になると、
やる気を出させる条件が必要になってきます。
いかにやる気を出してやるかが、親の腕のみせどころでしょう。

英語教育に限らず、幼児期のうちにたくさん種を撒いて、先行体験させることが後々のかかわりに大きく繋がるようですね。

役に立たないようなことでも、子どもは楽しければ一生懸命覚えます。
電車の名前や、恐竜の名前、おなじみのTVの登場人物など、驚いて、喜んで、褒めてあげれば、あっという間に世界の国旗などもすぐに覚えてしまいます。

 

ですが、小学校に上がると幼稚園のまったりした空気と違い、夢から醒めるよう、とたんに忙しくなります。

マイペースでやっていたものがみんなと合わせなきゃならないのでかなり焦ることも多くなります。

一日学校で疲れ、宿題もだされるようになると、家で幼稚園の時のように取り組みを続ける時間も取りにくくなってしまいます。

そのためやる気も段々失せてくるわけです。

 

幼児期から小学生に上がる時って小学校から中学に上がるときの問題にも似てるかもしれません。

この時期の取り組みとしては幼児期の能力をいつまでも保ってあげることが親の出来る大切なことなのかなと思います。







-幼児英語

  オススメ

関連記事

no image

子供に英語は必要でないと感じさせないために

幼児期の間、通っていた七田の英語教室では毎回 授業が終わると親の取り組み方についてのお話がありました。

no image

スーパープレゼンテーションで「必見!赤ちゃんの脳は外国語をどう学ぶ?」が放映されます

お子さんを英語の得意な子にしたい親は必見のTEDです。 赤ちゃんがどのように最初の言語を習得していくかを研究している科学者パトリシア・クール博士のプレゼンです。 どうしたら「R」「L」の発音を聞き分け …

no image

子どもの英語教育は何歳から?

小学校の英語を正式教科にとの提言案が政府の教育再生実行会議で了承されたようですね。
現在、小学校の5,6年生で行われている英語の授業はテストや評価のない、英語に親しむといったアクティビティ色の強いものでしたが、今後、国語や算数といった他の教科のようにテストで評価される方向に向かうのでしょうか。
さらに英語授業の学年を引き下げるという話も出ているようです。
本気で取り組むのなら、いっそ私立の小学校のように1年生からでもいいような気もします。
マーケティングリサーチ会社ネオマーケティングによると、
全国の0歳から12歳に英語教育をしている親を対象に、
子供の英語教育について何才から始めるのが良いかとの問に、約75% が
「英語教育を始めるのは小学校入学前が良い」
と答えるアンケート結果が出ています。
内訳は
1位「0歳~3歳」で41.2%
2位「4歳~6歳」34.4%
3位「7歳~8歳」6.2%

子供絵本英語

子どもの成長とともに英語の学習方法を変える

子どもにとっては英語の時間、何を言っているのかさっぱりなことも多いと思います。適当な受け答えしか出来ないことになっては意味が無いです。

no image

スピードリーディング 子供と英語の速読を始める

子供が通っている英語教室で英語速読スピードリーディングの教材を頂きました。テキストにはCDが付いていて、音声でそれぞれ標準、4倍速、3倍速、2倍速と再生されます。




にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ