子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

幼児英語

子供が英語嫌いにならないために

投稿日:2012年11月29日 更新日:

student

 

「幼児のうちから英語を学ばせなくても・・」

「英語より日本語の方が先では?」

 

といった考えを持っている人も多いと思います。
やり方次第では、たしかにそうなります。

無理やりやってしまうと、子供も拒否反応をおこしてしまいます。

こんな時は注意

好き!になってもらわなくてもいいのですが、
嫌い!
になってしまうと、後々厄介です。

 

英語のCDを嫌がる、勝手に消してしまう

英語絵本のCDを掛け流しているとたまにあるのですが、これは、音量が大きくなっているか、子供に聞くように仕向けていると起こりがちです。
せっかくかけているのだからと、意識的に聞かせようとしていると逆効果になってしまいます。

子どもの遊び時間、BGMにうっすらとかけておくだけでも、
かなりの効果があると言われています。

子供は、一つ一つの単語を聞いているわけではなく、英語の持つ流れや、イントネーション、パターンなどを無意識に掴みとっています。

これが、後に効いてくるんです!

 

英語の絵本を読みたがらない

「こっち来て座りなさい」

と言って、無理やり英語の絵本を聞かせてしまうと
当然、こどもって嫌がります。 強制はマズイです。

こどもが飽きてきたら、

「一人で読んでるから聞かなくていいよ」

と一人で読んでいたらいいと思います。

CDのかけ流しのように。

 

子供は必ず聞き耳を立ててるものです。

どんどん、新しい絵本を読んでいるうち、きっと子供も興味を示す絵本に出会うはず。

 

まとめ

英語が日常にさりげなく溢れていることが理想です。
親は、こどもが嫌いにならないよう根気よくサポートすることが大切です。

絵本の中に楽しい物語を見つけられるようになるといいですね。







-幼児英語

  オススメ

関連記事

子供の英単語

子供のうちから英語を書く習慣をつけておいた方がよいってお話

子供が幼児の頃から、プレ学習として七田の英語コースに通っていました。 未就学のうちは親も後ろについていて子供の学習を見守る形です。 授業中どんなことをやっているか一目瞭然なので家庭での取り組みもそれに …

no image

ステップアップのための子ども英語教室選びのヒントに

前回は、1〜2歳くらいの子ども向けの英語教室についてお話しました。今回は、子どもの英語学習をステップアップさせる教室選び。

no image

小学校にあがってもネイティブ発音でいてほしい

中学生になってから聞く先生の英語発音は典型的なジャパリッシュ(日本風英語)
片田舎でしたから余計でしょうね。
先生の後についてみんなもそのとおり発音するものだから、
せっかくネイティブ発音で覚えている子も、
いちいち発音を先生に合わせて直してしまいます。

no image

胎教で英語好きの赤ちゃんに

日本人の英語学習が多く変わろうとしています。
私立の小学校ではすでに1年生から英語の授業は行われていますが、公立小学校でも5,6年生で英語を習うようになり、一部の地域では前倒しで低学年から授業をスタートさせる動きになってきています。
今後おそらく公立の小学校でも低学年より英語授業を始める流れになるでしょう。
さらに高校ではこの春より授業中の会話は全て英語で行うことが決まっているそうで、大学入試においては「TOEFL(トーフル)」を入試選考に取り入れる動きがあるようです。
他の国に比べ日本に暮らしていると英語は身近ではありませんから、
こうなってくると、幼いうちから子供のそばにいる親の役目は重要になってきますね。
今後生まれてくる子供は日本語とともに英語を身につけておかないと将来大変そうです。

幼児英語

6歳までに英語耳をつくる理由

日常生活の中でいろいろな音を聴き続けている子どもは、だいたい6年間も生きていると、必要な音と不必要な音を聞き分けるようになるといいます。 雑音が耳に入らなくなるのと同じような感じでしょうか。 普段聞き …