子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

幼児英語

子供が英語嫌いにならないために

投稿日:2012年11月29日 更新日:

student

 

「幼児のうちから英語を学ばせなくても・・」

「英語より日本語の方が先では?」

 

といった考えを持っている人も多いと思います。
やり方次第では、たしかにそうなります。

無理やりやってしまうと、子供も拒否反応をおこしてしまいます。

こんな時は注意

好き!になってもらわなくてもいいのですが、
嫌い!
になってしまうと、後々厄介です。

 

英語のCDを嫌がる、勝手に消してしまう

英語絵本のCDを掛け流しているとたまにあるのですが、これは、音量が大きくなっているか、子供に聞くように仕向けていると起こりがちです。
せっかくかけているのだからと、意識的に聞かせようとしていると逆効果になってしまいます。

子どもの遊び時間、BGMにうっすらとかけておくだけでも、
かなりの効果があると言われています。

子供は、一つ一つの単語を聞いているわけではなく、英語の持つ流れや、イントネーション、パターンなどを無意識に掴みとっています。

これが、後に効いてくるんです!

 

英語の絵本を読みたがらない

「こっち来て座りなさい」

と言って、無理やり英語の絵本を聞かせてしまうと
当然、こどもって嫌がります。 強制はマズイです。

こどもが飽きてきたら、

「一人で読んでるから聞かなくていいよ」

と一人で読んでいたらいいと思います。

CDのかけ流しのように。

 

子供は必ず聞き耳を立ててるものです。

どんどん、新しい絵本を読んでいるうち、きっと子供も興味を示す絵本に出会うはず。

 

まとめ

英語が日常にさりげなく溢れていることが理想です。
親は、こどもが嫌いにならないよう根気よくサポートすることが大切です。

絵本の中に楽しい物語を見つけられるようになるといいですね。







-幼児英語

  オススメ

関連記事

no image

子供に英語の語り掛けで注意したいこと

小学生から社会人までが、今までにないくらい英語を学び始めていますね。
現在の日本では英語教育の必要性がテーマになっているようです。
まわりを海に囲まれ外国語に触れる機会の少ない日本で暮らしていると英語を身につけるのはなかなか難しいものです。幼児期のうちから英語の聞き流しを行うなどして耳に慣れさせておくことでその後の英語教育に大きな力になるように思います。
我が家でも子供が0歳の頃から英語の聞き流しを行い、英語の絵本を読み聞かせたりしていましたが、それに加えて、親の話す言葉も大切ではないかという思いで幼児のうちから英語で話しかける取り組みもしてきました。

no image

子どもの英語教育は何歳から?

小学校の英語を正式教科にとの提言案が政府の教育再生実行会議で了承されたようですね。
現在、小学校の5,6年生で行われている英語の授業はテストや評価のない、英語に親しむといったアクティビティ色の強いものでしたが、今後、国語や算数といった他の教科のようにテストで評価される方向に向かうのでしょうか。
さらに英語授業の学年を引き下げるという話も出ているようです。
本気で取り組むのなら、いっそ私立の小学校のように1年生からでもいいような気もします。
マーケティングリサーチ会社ネオマーケティングによると、
全国の0歳から12歳に英語教育をしている親を対象に、
子供の英語教育について何才から始めるのが良いかとの問に、約75% が
「英語教育を始めるのは小学校入学前が良い」
と答えるアンケート結果が出ています。
内訳は
1位「0歳~3歳」で41.2%
2位「4歳~6歳」34.4%
3位「7歳~8歳」6.2%

英語リスニングCD

英語リスニングCDの聞き流し効果

子供が幼稚園に入る前くらいから、家ではできるだけ普段から英語リスニングに取り組んでいます。うちで遊んでいるときは音は絞り気味にしてBGMのようにかけ流しています。 通っていた七田チャイルドの先生からは …

幼児英語の聞き流し

幼児のうちから英語の聞き流しは効果を実感します

幼いうちから英語を習い続けていると子供には「なんで?」がないんです。 幼児期は言葉を聞いて処理する能力が一生のうちで最も活動的な時だからです。 そこには中高で習うような文法やルールの解説は必要ありませ …

英語子育て

0歳~幼児からのバイリンガル英語子育て

幼児の頃の記憶でいまだに印象に残っているのが母親の話す英語です。 今で言うプチバイリンガル子育てなのかな。 英語と言っても子供に向かってですから、 「Good night」とか「Thank you」く …