子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

小学生英語

三単現の“s”を付け忘れる子供

投稿日:

三単現のsと言えば、英語の授業で習ったのを覚えています。
ちょうど子供の通う英語教室で今習っているみたいです。

英語の先生によると、みんなここの言い変え練習でつまずいてしまっているとか・・。「重要なのでしっかり身につけましょう」と言われました。

教科書のアクティビティの中で、動詞を変えてロールプレーしているみたいですが、彼とか彼女、第3者の時の動詞にsを付け忘れてしまうのですね。
今までは、モノ(名詞)が複数の時に“s”と覚えていたからちょっとややこしくなってきたようです。

 

例)
When do you exercise?

When does he exercises?

 

三単現の“s”の法則

一般動詞の文の主語が三人称単数になる時、動詞には“s”や“es”を付ける。
use→uses
exercise→exercises
listen→listens
clean→chines

語尾が“s”“o”“sh”“ch”“x”の時が“es”
go→goes
do→does
watch→watches
wash→washes

その他、
子音+“y”の時にはyを“i”に変えて“es”
語尾がfまたはfeの時は“v”に変えて“es”
不規則に変化するhave → hasなどもあります。

 

名詞の複数形に“s”や“es”を付けるのは何となく分かるのですが、どうして三人称の動詞に“s”や“es”が付くのでしょう?気になったのでググってみました。

 

そもそも古い英語では、かなり多彩な語尾変化を起こしていたようです。
英語とよく似た語源を持つドイツ語の場合その語尾変化が今も残っていて、英語のLoveではliebe(原形)→liebst(二人称)→liebt(he,she,it)→lieben(we)→lieben(they)とそれぞれに発音が変化しています。他のヨーロッパの言語でも同じように複雑な変化をします。
英語の場合、時代とともにその変化が簡素化され、その名残が“s”や“es”として残っているという話です。多くの人に話されていくうちにそうなったんでしょうね。

辞書でいろいろな英単語を調べていると、sやesが付いていたり、語尾変化されたものが出ていたりどちらでも良いようなものもよく見かけます。場所や時とともに多少は変化するってことでしょうか。

三単現のsは会話の中ではさほど重要だとは思いませんが、やはりsが抜けていると、日本語でたとえるなら「遊んでいました」「あそんでました」のような雰囲気になってしまうんでしょう。

英検でもよく出てきそうな問題なのでしっかり子供とロールプレイを繰り返して慣れておいたほうが良いかもしれません。







-小学生英語
-

  オススメ

関連記事

no image

英語でご挨拶のちょっとした注意

日本の英語の教科書やテキスト問題などを見ているとたまに違和感を覚えるフレーズを目にすることがあります。
英語を母国語とする人たちに言わせると100年ぐらい前の英語をいまだに使っているとも言いいますよね。
新しい英語の学習指導要領ではその辺のところの修正を期待したいです。今の子供たちが大人になってグローバルな舞台に立った時恥ずかしい思いをしないように、せめてこれからの子どもたちには国際標準の英語を身につけてもらいたいです。
英語を最初に習い初めの定番フレーズは挨拶です。

no image

文部科学省が小4以下も英語必修を検討

文部科学省が小学校低学年から英語を必修にする検討を始めたそうです。

no image

小学1年でうちの子供がやっている英語学習

小学1年生になるうちの子供の学校では、今、英語の授業で自己紹介の暗唱に取り組んでいます。
名前や、年などのほか、自己紹介での定型文や、自分についてなどが発表できるよう少しづつ練習しているようです。

学校でこういうことやってくれると本当に楽です。

家でやっている英語の取り組みは、
とにかくあの手この手で英語に触れさせるというやり方です。

教室と机

英検と中学受験

ほんの10年ほど前までは英語教育が入試にかかわるほど重要になってくるとは思ってもいませんでした。 親の私が以前、海外生活で英語に苦労していたこともあって、生まれてくる子供には英語で苦労することのないよ …

no image

子どもはグローバル化についていける?

普段、日常生活で英語を使うという状況まだまだ少ない日本ですが、 ビジネスの世界ではどんどん英語が浸透しているようです。 子供たちが大人になる頃には日本の国際化は今よりもっと進んでいるでしょう。