子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

小学生英語

willの意味が持つ「強い意志と推量」について

投稿日:

中学英語でwillは「~でしょう」と習った記憶がいまだに強く残っています。

NHK高校講座の「コミュニケーション英語」を見ていてそのことにハッと気づいたのですが、willを解説する説明で一番目にあったのが、自分の意思を伝える でした。その次に「~でしょう」となる推量がきます。

 

ちょうど、昨日読んだばかりの英語絵本「A Rainbow of My Own」に、主人公である子供のつぶやきとしてこのwillがたくさん出ていたのを思い出しました。

過去記事- 英語絵本の読み聞かせ「A Rainbow of My Own」虹を見つけに行くお話し

 

willのニュアンスには、自分の意思を伝える以外にも、将来起こりうることを伝える「~でしょう」と訳される意味もあります。たぶん、昔の中学英語ではこちらが強調されていたのかもしれません。

なので、昨日の英語絵本を日本語にするときも最初「~でしょう」形にしていました。

I’ll be walking along slowly.
私は、ゆっくり歩くでしょう

実際は「私はゆっくりと歩いていきます。」の方がしっくりきます。

意志と推量がひとつのwillって、少しわかりにくいかもしれませんね。

この絵本ではそんな意志と推量を含んだwillで語られる表現がとても多く出てきます。これを踏まえて読み解くとwillの持つイメージがなんとなく理解できます。

 

例えば次の一節

and suddenly, I’ll hear a soft whirring sound like the wings of a bird. I’ll look around and see.

“ゆっくり歩いていたら、突然後ろから鳥の羽のような柔らかくブンブン飛ぶ音が聞こえてきた。辺りを見回すとそれが何かわかった。”

 

ここでわざわざI willにする意味を考えると、「聞こえるんだ」「見えたんだ」と、推量と意志を感じます。

誰も信じないかもしれないけど、確かにその時はそう感じたんだ、というようなニュアンスなのかなと思いました。

確かに、虹が音を立てて後ろから追いかけてくるなんてちょっと信じられない感じですからね。

 

willひとつのニュアンスの広がりで、少年が語る言葉の雰囲気が前に思っていたことから少し変化しました。

子供と一緒にたくさん英語の絵本を読んで、たくさん英語に触れていると、こんなふうに少しづつ英単語の持つ本来の意味が見えてきます。

辞書から日本語を見るだけではなかなかつかめないものですね。

 







-小学生英語

  オススメ

関連記事

no image

英語授業について行ける子、いけない子

現在小学校で行われている小学5,6年生による英語授業。 必修化に向けて先生の準備や指導方法など様々な問題をはらんでいる様ですが、 この先、きっと低学年にも英語の授業が広がっていくのだろうと思います。

小学校の英語教科

小学校の英語教科2020年度より週2時間・休み時間まで?

  小学校の英語の授業が2020年度から正式な教科となり週に2時間となるそうですが、各学校では時間割にも余裕がなく、休憩時間の15分を使って短時間学習を行うという案も出ているようです。 &n …

whileとduringの違い

whileとduringの違い

whileとduring同じような意味なので間違いやすいですね。 子供がwhileの意味を尋ねてきたので調べてみました。   whileもduringも 「~の間」「~している間」といった意 …

no image

熊本では小学低学年の英語学習が進んでいるようです

熊本県玉名市教委では、小学1・2年生へ、毎日、授業前や空き時間に英語教育を行う考えがあることを伝えています。

英語教育

子供の英語教育についてのニュースから

現在小学校に通われているお子さんが高校、大学に行く頃になったら英語教育がどんな風になっているかを予想させるニュースです。 英語力アジアトップへと提言 文部科学省の有識者会議によると、 「今後日本はアジ …