子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

小学生英語

子供をネイティブに育てるために

投稿日:2012年10月31日 更新日:

英語教室での発表会、課題はステージ上で自分のことを英語で話すでした。

前回こちらでも書きましたが
英語でスピーチに挑戦

なんとか無事に発表できてホッとしています。

 

こういった壇上に立って英語で発表する機会は、あれば出来るだけ
幼いうちからやらせておくのは良いことだと感じます。

 

うちでは、3歳くらいから教室の発表会に出ていますが、
幼い頃からやっていると壇上に立つ、
というプレッシャーはあまり感じないようです。

 

これは強みになりますね。

 

中学、高校と大きくなるにつれて、
是非、物怖じしないで世界の舞台へ立ってもらいたい思いがあります。

 

日本の中で目指すのではなく、どうせなら世界を目指して欲しいです。

日本語で伝えるより、英語で伝えるほうが「いいね!」の数が多ければ、
きっと英語を使うようになるでしょう。

英語を単なる目標にしないで、その向こうに見える、
好きな事をやらせてあげたいですね。







-小学生英語

  オススメ

関連記事

no image

文部科学省が小4以下も英語必修を検討

文部科学省が小学校低学年から英語を必修にする検討を始めたそうです。

no image

学校の英語、挨拶から間違ってない?

日本では教科書だけでなく、書店で売られれいる英会話の本の最初も“How are you?”“I’m fine thank you.” ですよね。実際、普段ネイティブの会話ではあまり使われていません。

子どもと英語で日記を書く

子供と英語で日記を書く

子供が通っている英語教室で新しい課題が出されるようになりました。 それは英語で日記を書くというもの。 日記と言っても日付と、一日の中で何か印象に残ったものをPickupして書きたい一言を簡単な文にする …

no image

英語でご挨拶のちょっとした注意

日本の英語の教科書やテキスト問題などを見ているとたまに違和感を覚えるフレーズを目にすることがあります。
英語を母国語とする人たちに言わせると100年ぐらい前の英語をいまだに使っているとも言いいますよね。
新しい英語の学習指導要領ではその辺のところの修正を期待したいです。今の子供たちが大人になってグローバルな舞台に立った時恥ずかしい思いをしないように、せめてこれからの子どもたちには国際標準の英語を身につけてもらいたいです。
英語を最初に習い初めの定番フレーズは挨拶です。

英語教育

子供の英語教育についてのニュースから

現在小学校に通われているお子さんが高校、大学に行く頃になったら英語教育がどんな風になっているかを予想させるニュースです。 英語力アジアトップへと提言 文部科学省の有識者会議によると、 「今後日本はアジ …




にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ