子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

小学生英語

一般動詞に”s”を付けるときと付けないとき

投稿日:

前回、複数形の”s”について子供が間違いやすかった部分、体の部分を表現するときにつける三単元の”s”を取り上げました。
ちょうど、子供といつも観ているEテレの「エイエイGO!」でもタイムリーなことに三単元の”s”をとりあげていました。

第10回 <お助けマンdoesを忘れるな>
番組ではどうしてsがつけられるのかdoesを使って詳しく解説していました。三単現の”s”とは主語が「三人称」「単数」「現在」の時にだけ一般動詞に”s”がつく法則のことです。

孤独な第3者の後ろからは、隠れるのがヘタなお助けマンがはみ出している…このちょっと不思議な光景をいつもイメージすることが、英語ではとても重要です!

 

つまり、

He plays tennis. のplays の後ろにはdoの複数形のdoesが隠れているイメージです。

まぁ、なんとなく子供でも呑み込めたようです。

“s”のつく動詞は他にもいろいろあるので中学程度で習う基本的なものを探してみました。

believes <信じる>, collects <集める>, eats <食べる>, enjoys <楽しむ>,helps <助ける>, hopes <望む>, keeps <保つ>, knows <知っている>, learns <学ぶ>,likes <好む>, lives <住む>, loves <愛する>, makes <作る>, needs <必要とする>,plays <遊ぶ>, practices <練習する>, reads <読む>, says <言う>, sees <見る>,sings <歌う>, sleeps <寝る>, speaks <話す>, understands <理解する>, uses <使う>,visits <訪れる>, wants <欲しい>, wears <着る>, works <働く>, writes <書く>
NHK高校講座 ベーシック英語 第7回 sの秘密を探れ! より

 

ベーシック英語 第7回を見ると上の動詞一覧の他に三単元の”s”についてわかりやすく解説がまとめられています。

英検や中学英語のテストなどでは必ずと言ってよいほど出題される部分です。また、つい見落としてしまいがちな部分でもあります。時々子供と一緒にチェックしておいた方がよいかもしれませんね。







-小学生英語

  オススメ

関連記事

no image

学校の英語、挨拶から間違ってない?

日本では教科書だけでなく、書店で売られれいる英会話の本の最初も“How are you?”“I’m fine thank you.” ですよね。実際、普段ネイティブの会話ではあまり使われていません。

エイエイGO!

エイエイGO! wh語の仲間 「howプラス」の疑問文

エイエイGO!今月のテーマは、wh語の疑問文が取り上げられています。 今週、第19回は「“howプラス”を使いこなせ!」でした。 「調子はどう?」みたいに状態をたずねる表現ですね。 新人隊員のとしきさ …

no image

小学1年でうちの子供がやっている英語学習

小学1年生になるうちの子供の学校では、今、英語の授業で自己紹介の暗唱に取り組んでいます。
名前や、年などのほか、自己紹介での定型文や、自分についてなどが発表できるよう少しづつ練習しているようです。

学校でこういうことやってくれると本当に楽です。

家でやっている英語の取り組みは、
とにかくあの手この手で英語に触れさせるというやり方です。

三単現のs

三単現の“s”を付け忘れる子供

三単現のsと言えば、英語の授業で習ったのを覚えています。 ちょうど子供の通う英語教室で今習っているみたいです。 英語の先生によると、みんなここの言い変え練習でつまずいてしまっているとか・・。「重要なの …

子ども英会話教室

子供が英会話教室を嫌がる理由、好きな理由

子供が英会話教室に通い始めてしばらくたつと嫌がることがよくあります。 親子で通うタイプの英会話教室に通っていた時、そこで何度も嫌がる子供を目にしました。通わせている保護者からしてみるとちょっとつらいで …