子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

小学生英語

小学4年生の英語でちょっとややこしい単数・複数表現

投稿日:2015年6月13日 更新日:

小学4年になる息子の英会話スクールで使っている教科書がEnglish Time3。

これはネイティブ英語圏を始め、世界中で英会話を学習する子供たちに広く使われているOXFORD出版局の教科書です。子供向けオンライン英会話スクールの推奨テキストとしてもよく見かけます。

1ユニットは「会話」「単語」「発音」「フォニックス」のページがあり、息子の通うスクールでは1カ月(4レッスン)で1つのユニットを終えるようなスピードで学習しています。

たまに理解がすすまないと4週で収まらないこともあるようですが、今回もみんなが間違いをおかしやすい部分あったようです。

 

会話は病院でのシーン
「○○の☆☆が痛い」

○○には私、あなた、彼、彼女、それ(動物)と、
あなたたち、彼ら、私たち が入ります。

☆☆には目や耳、足や手など身体の各パーツです。

身体の部分には複数のものもあり、一部なのか全部なのかは複数・単数形で表わすことができます。両手が痛い場合などはhand(s)と複数形のsをつけるのですが、複数あるものでも(s)の付かない foot→feet tooth→teeth などの例外もあります。

hurts

痛いところが主語に来る場合、
My foot hurts.
となります。

両足が痛い場合はfootを複数のfeetですが、1文中に複数形を2つ重ねないルールによりこうなります。
My feet hurt.

ここでは子供たちが何度もロールプレイでつまづいたようです。足だけでなく、耳や手、おなか、人物などいろいろ変えて何度も練習です。

Your foot hurts.→Your feet hurt.
His/Hre foot hurts. →His/Hre feet hurt.
It foot hurts.→It feet hurt.

また、片足でも複数人いる場合はこうなります。
Their feet hurt.
Our feet hurt.
Your feet hurt.

まぁ、実際本気で痛いとき、英語で・・両足だから・・えっとfoot..hurtでsつけるのかな?
なんて、のんびり考える余裕はないかもしれませんが、将来学習する文法の基礎としては良いお勉強です。







-小学生英語

  オススメ

関連記事

no image

英語でご挨拶のちょっとした注意

日本の英語の教科書やテキスト問題などを見ているとたまに違和感を覚えるフレーズを目にすることがあります。
英語を母国語とする人たちに言わせると100年ぐらい前の英語をいまだに使っているとも言いいますよね。
新しい英語の学習指導要領ではその辺のところの修正を期待したいです。今の子供たちが大人になってグローバルな舞台に立った時恥ずかしい思いをしないように、せめてこれからの子どもたちには国際標準の英語を身につけてもらいたいです。
英語を最初に習い初めの定番フレーズは挨拶です。

英語で赤ちゃんの名前

英語で動物の子供の名前

英語で動物の子供のことを呼ぶ時、 呼び名があることをご存じですか? 日本語でも例えば、 「子猫ちゃん」とか「わんちゃん」 とかって呼びますよね。 英語にもそれぞれの動物の赤ちゃんには呼び名があります。 …

小学生の英検勉強法

小学生の英検勉強法

小学校低学年のうちは、まず楽しみながら英語に触れるのが良いです。英語の絵本を一緒に眺めながら読んで聞かせてあげたり、海外の子供向けの動画を一緒に見てみるのも子供にとっては楽しいものです。単語をその都度 …

come and go

英会話「いま行くよ!」は「今くるよ!」I’m coming soonでOK

「いま行くよ!」と「今くるよ!」は漫才師のお話ではなくてcomeとgoの使い分けについてです。最近の子どもたちは今いくよ・くるよさんのこときっと知らないでしょうね。 子供の通う英会話スクールで、今日は …

fewとlittleの使い方

a few, a littleの使い方とaを付けないと意味が変わるお話し

  英会話スクールの帰り道、今日習ったことを聞いてみるとfewとlittleの使い方についてでした。 fewとlittleはどちらも「少し~」と訳せるのですが(何が)少しなのかで使い分けます …