子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

小学生英語

英語の読解力に慣れる小・中学生向けのショートストーリー「The capricious robot」

投稿日:

子供と英検3級面接試験の帰り道、ジュンク堂に立ち寄り準2級の学習本を探していた時のことです。

ずらっと本棚に並んだ英語関連書籍の中から、息子が一冊の本を取り出して読んでいました。

何を読んでるのかなと思って近寄って見てみると、星新一の短編小説の英語版「The capricious robot」。邦題は「きまぐれロボット」SF短編集です。

星新一と言えば、 もしもこんな世界があったら…とか、こんな宇宙人がいたら…といったちょっと 風刺のこもったシュールなお話が特徴ですね。タモリさんの「世にも奇妙な物語」でも取り上げられたと思います。

私も小学生くらいの頃、 星新一や筒井康隆とか大好きで読みあさった記憶があります。

星新一のお話は短いお話の中に独特の世界観が広がっていて、オチで楽しめる作品が多く、SF好きの小学生ならきっとみんなハマると思います。

そんな星新一のショートショートの英語版ですが、1話がだいたい2ページくらいで完結します。TOEIC400レベルと書かれてありますので英検3,4級くらいで十分読める内容です。わかりにくい表現だなと思ったら、巻末に大抵の部分訳が載っていました。

英検3級レベルを超えてくると英文に慣れる必要が出てくるでしょうから、テキスト量の多いものを読みはじめる一歩としてこの本はピッタリかもしれません。一番良いのは本編部分に日本語が何もないことでしょうか。

面白いお話が多いので、まずは自分の英語力を頼りに気楽に読んでもらって、それが自信につながれば良いなと思っています。

 

 







-小学生英語

  オススメ

関連記事

no image

親子で英語の暗唱に取り組むために行なっている方法

小学1年生になるうちの子の通っている学校の英語の授業では、 課題文を暗唱して発表するレシテーションの練習が始まりました。
以前、スーパージュニアスの発表会でスピーチを行ったことがあるので これで2度目の英語の発表になります。このような人前で話すという経験を積み重ねることはとても大切だと思っています。
英語を学ぶ目的は人前で話すことにあるからです。

子供向け英語の暗唱用

小学生向け英語の暗唱におすすめな1冊

小学3年生になる子供とずっと行なってきた英語の取り組みの中で、一番効果が高いと感じたのは暗唱です。 発音だけでなく、英文の流れやリズムが身につくからです。 その他、集中力も高まります。   …

fewとlittleの使い方

a few, a littleの使い方とaを付けないと意味が変わるお話し

  英会話スクールの帰り道、今日習ったことを聞いてみるとfewとlittleの使い方についてでした。 fewとlittleはどちらも「少し~」と訳せるのですが(何が)少しなのかで使い分けます …

no image

キッザニア東京で英語スピーチコンテストの出場者募集しています

子供向けの職業体験型アミューズのキッザニア東京。
息子も、あるときは消防士になったり、
またある時は科学者になったり新聞記者になったりと、
行く度に職業を見つけながらキッゾが貯まるのを楽しんでいます。
そのキッザニアで「こども英語スピーチコンテスト」が行われるそうです。
うちの子供ではちょっと敷居が高いかもしれませんが、
子ども達のスピーチやパフォーマンスを観るのも刺激になって良いかもしれません。
対象は3歳から中学3年生まです。

no image

子供をネイティブに育てるために

壇上に立って発表する機会があれば、幼いうちからやっておくのは良いことだと感じます。