子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

小学生英語

英語の読解力に慣れる小・中学生向けのショートストーリー「The capricious robot」

投稿日:

子供と英検3級面接試験の帰り道、ジュンク堂に立ち寄り準2級の学習本を探していた時のことです。

ずらっと本棚に並んだ英語関連書籍の中から、息子が一冊の本を取り出して読んでいました。

何を読んでるのかなと思って近寄って見てみると、星新一の短編小説の英語版「The capricious robot」。邦題は「きまぐれロボット」SF短編集です。

星新一と言えば、 もしもこんな世界があったら…とか、こんな宇宙人がいたら…といったちょっと 風刺のこもったシュールなお話が特徴ですね。タモリさんの「世にも奇妙な物語」でも取り上げられたと思います。

私も小学生くらいの頃、 星新一や筒井康隆とか大好きで読みあさった記憶があります。

星新一のお話は短いお話の中に独特の世界観が広がっていて、オチで楽しめる作品が多く、SF好きの小学生ならきっとみんなハマると思います。

そんな星新一のショートショートの英語版ですが、1話がだいたい2ページくらいで完結します。TOEIC400レベルと書かれてありますので英検3,4級くらいで十分読める内容です。わかりにくい表現だなと思ったら、巻末に大抵の部分訳が載っていました。

英検3級レベルを超えてくると英文に慣れる必要が出てくるでしょうから、テキスト量の多いものを読みはじめる一歩としてこの本はピッタリかもしれません。一番良いのは本編部分に日本語が何もないことでしょうか。

面白いお話が多いので、まずは自分の英語力を頼りに気楽に読んでもらって、それが自信につながれば良いなと思っています。

 

 







-小学生英語

  オススメ

関連記事

小学生で英検のリスニング

英検のリスニングが絶好調になる小学生の勉強法

小学6年生になる子供の英検受験を前に最後の模擬テストを受けさせてみました。 今回受験するのは英検準2級。前回、英検3級に合格してから半年間がんばって取り組んできたラストスパートです。 模擬テストの結果 …

アルクが「英語日記コンテスト」で子供の日記を募集中

全国の小学生を対象に英語で書かれた日記を募集しているようです。 低学年の部は1~3年生、テーマは My family「私の家族」 高学年の部は4~6年生、テーマはMy dream「将来の夢」 応募方法 …

no image

小学校英語の取り組み

公立小学校の5,6年生の間で現在行われている英語教育ですが、正式な教科となるようですね。
さらに予想通り低学年からの英語教科導入も検討されるそうです。
今後、外国人教師を現在の倍に増やして小中高の英語教育に力を入れるとしていますが、
既存の先生との問題もいろいろあるようで、ゆとり教育や詰め込み教育の時のようにブレないことを願うばかりです。

ただ、方向的には小学校から基礎的な英語力を身につけさせたいという方針のようなので、
現在低学年のご家庭は、学校とは別に家庭で取り組めることはどんどん進めていっておいても良いのかなと思います。

英会話

英会話で印象UP!聞き取れない時の返事について

英語で話しかけられた時、ちょっと聞き取れないことってありますよね。 そんな時、つい「何?」のつもりで What? と聞き返してしまうことあるかもしれません。 日本語だと軽く聞き返す感じに聞こえますが、 …

英語の返事に少しだけ個性を出してみる簡単な方法

英語の勉強をロールプレイ中心でやっていると、受け答えがどうしても単調になりがちです。子供のうちは特に型にはまらないようにしたいです。   息子がまだ3,4歳の頃、 週に1度ネイティブの託児英 …