実践!フォニックスを取り入れた勉強法

子どもの発音が劇的に向上!楽しいフォニックスを取り入れた勉強法をご紹介

子供の発音を劇的に向上させるための、楽しいフォニックスの勉強法をご紹介します。この記事では、フォニックスとは何か、その学習の重要性、概要、そして日本の英語教育との関係についても触れていきたいと思います。さらに、フォニックス勉強法の始め方や必要な教材の選び方、家庭での環境作りについても具体的にお伝えします。

実際の勉強法として、アルファベットの音から始めて簡単な単語の発音練習・ゲームや歌を活用した方法、家族で楽しめるフォニックスアクティビティの紹介もあります。最後に、よくある質問に対する回答もまとめました。この記事を読むことで、フォニックス学習の基礎知識や勉強法、導入の仕方、実践の方法など幅広い情報が得られるでしょう。

家族でフォニックスのお勉強

フォニックスとは?基礎知識の確認

フォニックス学習は、英語の発音を音のルールやパターンに基づいて学ぶ方法です。英語のアルファベットには、特定の音を表すルールがあります。フォニックスを学ぶことで、子供は英単語や文を正確に発音することができるようになります。例えば、子供たちがピアノの鍵盤を一つひとつ覚えるように、フォニックスではアルファベット一文字一文字が持つ独自の音を学びます。

例えば「b」が「バー」と鳴り、「a」が「アー」と歌うように、これらを組み合わせて「bat(バット)」という単語が生まれることを耳から染み込ませます。 この方法を学ぶことで、お子さんは単に文字を覚えるだけではなく、その文字から生まれる音までをイメージすることができるようになります。

フォニックスの学習は、単語や文をただ覚えるのではなく、その音を「理解する」ことに重点が置かれています。子供たちがそれを無意識に理解することによって、言葉をより深く、正確に発音できるようになるのですね。

フォニックスってなに?

 

フォニックス学習の重要性

フォニックス学習は、子供が英語の音の仕組みをマスターするための最良の方法です。英語の音を正しく発音できるようになると、英語の聞こえ方や話し方も変わります。また、音と文字の対応関係を理解することで、英語の読み方や書き方も上達します。

例えば、英語の音「エイ」は、AやAIやAYなどの文字で表されます。逆に、英語の文字Aは、「エイ」や「ア」や「アー」などの音で読まれます。このように、音と文字の対応関係を学ぶことで、英語の発音やスペルを覚えることができます。

フォニックス学習を通して文字と発音の関係性に馴染んだ子供は、英語力を全面的に伸ばすことができます。フォニックス学習を楽しく続けることで、子供は英語に自信を持ち、もっと学びたいと思うようになるでしょう。

アルファベット一覧とイラスト

フォニックス学習法の概要

フォニックス学習法には、いくつかの方法がありますが、主なものは以下の流れになります。

アルファベットの音の練習

アルファベットの各文字がどんな音を出すのかを一つずつ、明確に学びます。

単語や文の読み方のルールを学ぶ

英語にはパターンがあり、「c-a-t」がカタカナで「キャット」と読むように、文字の組み合わせに一定の規則性があることを学びます。

発音の練習

正しい音がわかったら、次はそれを使って発音の練習です。この練習により、子供たちは新しい単語に出会っても、音のルールを使って自力で発音できるようになります。

日本の英語教育とフォニックス

日本の英語教育では、長い間、主に読み書き能力を中心に語彙や文法の習得に重点が置かれてきました。それにより、英語の発音やリスニングスキルの部分が影を潜めがちであり、フォニックス学習はあまり重視されていないのが実情でした。

しかし、コミュニケーション能力の重要性が世界的に高まる中、英語を母国語としない日本人にとっても、英語の正確な発音や聞き取りがますます重要視されるようになりました。 この風潮の変化を受け、近年、教育現場ではフォニックスの視点を取り入れた指導が増加しています。

フォニックス音声ペンで発音練習

フォニックス勉強法

フォニックス勉強法について詳しく紹介します。子供が楽しく学ぶためには、年齢に合った取り組み方法や必要な教材、家庭での環境作りや協力が大切になってきます。

お子さんの年齢に合わせた取り組み

フォニックス学習は子供の年齢に合わせたアプローチが大事になってくると思います。例えば、幼児期の子供には、基本的な音やアルファベットの書き方から始めることが大切です。これは、言語を学ぶための基盤を築くのに役立ちます。

一方、小学生になると、より複雑な音や単語の読み方を学習できます。彼らは既に基本的な音を理解しているため、より高度な音声と単語に進む準備ができています。

このように、フォニックス学習は子供の成長段階に合わせて段階を踏んで進めることが重要です。それぞれの段階で適切な学習内容を提供することで、子供たちは効果的に英語の音声と文字を習得することができます。

幼児期の子供には、基本的な音やアルファベットの書き方から始めることが大切

幼児期(0-1歳)のお子さんには、聴覚の発達を促すためにフォニックスに関連した動画を活用することがおすすめされています。例えば、YouTubeで赤ちゃん向けのフォニックス動画を見ることが挙げられます。

2-3歳のお子さんには、英語を楽しんで学ぶことがなにより重要です。フォニックスを導入する際には、楽しい絵本やゲームを活用することで、子供たちが英語に興味を持ちながら学ぶことができます。さらに、フォニックスを学ぶための書籍やアプリも活用することで、子供たちを飽きさせないよう効果的に学習を進めることができます。

関連記事

フォニックスは幼児英語教室などでお馴染みの発音トレーニングですが、おうちでもYouTubeなどの動画サイトで簡単に取り組むことができます。今回はご家庭でフォニックスのリスニングを楽しく学んでみたい方向けに、おすすめのYouTubeチャン[…]

English Singsing

 

小学生のお子さんにおすすめのフォニックス学習法はいくつかあります。例えば、幼児期と同様に、楽しい絵本やゲームを活用してフォニックスを学ぶことが挙げられます。さらに、YouTubeなどの動画プラットフォームを利用して、子供たちが楽しみながらフォニックスを学ぶことができます。また、英語教室での学習や、フォニックスに特化した教材を使用することも効果的です。これらの方法を組み合わせることで、小学生のお子さんにとって効果的なフォニックス学習環境を整えることができます。
また、小学生向けなど海外ニュースサイトで本物の英語に触れさせるのもモチベーションを高める上で効果的だと思います。
関連記事

以前ご紹介したことのある、英語絵本やOxfordリーディングツリーの本を無料で視聴できるサイト「oxfordowl」にフォニックスのコーナーを見つけました。フォニックスの発音をスペル別にネイティブ音声とともに聞くことができます。ox[…]

フォニックス学習にもおすすめのサイト「oxfordowl」
フォニックスに特化した教材

必要な教材の選び方

フォニックス学習には様々な教材がありますが、その時の子供の様子に合わせて適切なものを選ぶことが重要です。例えば、絵本やフラッシュカードを用いて音の覚えを強化することができます。また、オンラインのプログラムやアプリを活用することもオススメです。遊びながら聞き流しをするならオーディオプレーヤーなどがあると便利です。大切なのは毎日気軽に取り組めることです。
幼児期におすすめのフォニックス教材には、以下のようなものがあります。

これらの教材は、幼児期の子供たちが楽しみながらフォニックスを学ぶのに役立ちます。例えば、YouTubeの動画やアプリを通じて、子供たちは視覚的な要素を取り入れながらフォニックスを学ぶことができます。また、絵本やDVDを使用することで、子供たちは自宅でフォニックスを学ぶ環境を整えることができます。

家庭での英語学習(フォニックス)の環境つくり

家庭での環境作り

家庭での環境作りでフォニックス学習をより効果的に

フォニックス学習は、英語の音と文字の対応関係を学ぶ学習法です。英語を正しく読むために欠かせない基礎となる学習であり、幼児期から始めるのが効果的だとされています。

幼児の保護者にとって、フォニックス学習はどのように進めたらよいのか、悩まれる方も多いのではないでしょうか。ここでは、家庭での環境作りのポイントをいくつかご紹介します。

親子で一緒に学ぶ時間を作ろう

親子で一緒に学ぶことで、子どものモチベーションを高めることができます。また、親が子どもの学習をサポートすることで、学習効果も高まります。

具体的には、毎日決まった時間に、子どもと一緒にフォニックス学習をすることです。例えば、朝起きてすぐや、寝る前に10分程度、一緒にフォニックスの音や単語を練習しましょう。

また、子どもが好きな絵本やカードを使って学習するのもおすすめです。子どもが楽しく学べると、学習意欲も高まります。

フォニックス関連の教材やグッズを用意する

フォニックス学習には、さまざまな教材やグッズが市販されています。子どもの興味や年齢に合わせて、適切な教材やグッズを選びましょう。

例えば、絵本やカード、ゲームなど、子どもが楽しめる教材やグッズを選ぶと、学習が楽しくなります。

また、教材やグッズを使って、子どもが自分で学習できるようにもしましょう。自分で学ぶことで、子どもの自主性や学習意欲が育まれます。

子供が一人遊びをしているようなとき、聞き流せるような教材を用意してあげるのも良いと思います。
オーディオプレイヤー

子どものペースに合わせて学習する

フォニックス学習は、子どものペースに合わせて学習することが大切です。無理に進めようとすると、子どもが嫌いになってしまう可能性があります。

子どもがわからないことがあれば、丁寧に教えましょう。また、子どもが飽きないように、さまざまな方法で学習を進めるのもおすすめです。

例えば、子どもが好きな歌やリズムに合わせて、フォニックスの音や単語を覚えるのも効果的です。

フォニックス学習の成果を褒める

子どもがフォニックス学習で成果を上げたら、しっかりと褒めてあげましょう。他の勉強でもそうですが褒めることで、子どもの自信につながり、学習意欲を高めることができます。

例えば、子どもが新しい音を覚えたら、「よくできたね!」「すごいね!」などと声をかけてあげるとよいです。

また、達成シールのようなものを用意して、目標を達成したら子どもと一緒にお祝いをするのもおすすめです。お祝いすることで、子どもの達成感をさらに高めることができます。

これらのポイントを参考に、子どもが楽しく、効果的にフォニックス学習ができるように、家庭での環境作りを整えてあげましょう。

実践!フォニックスを取り入れた勉強法

実践!フォニックスを取り入れた勉強法

アルファベットの音から始めよう

フォニックスの勉強は、アルファベットのそれぞれの文字が持つ固有の音からスタートします。この工程は組み立て式に文字の音を認識し、それらを組み合わせることで単語を形成する能力を養うため、非常に重要です。 例を挙げると、「A」は「エイ」とも「ア」とも発音され、言葉の位置によって変わります。

この音の違いを理解させるために、具体的な例として、「Apple(アップル)」は「ア」の音を、「Ape(エイプ)」は「エイ」の音を使って、初めのアルファベット「A」の音を区別する練習をさせます。
英語の「A」の音には様々な読み方があります。これは英語の発音の中でも、特に複雑な部分の一つです。以下に一覧を示します。

  1. 「エイ」の音:

    • 長い母音であり、多くの単語の強勢音節に現れます。
    • 例:ace (エース), late (レイト), table (テーブル)
  2. 「ア」の音:

    • 短い母音で、通常は強勢のない音節や、強勢音節でも特定の単語に現れます。
    • 例:cat (キャット), apple (アップル), hat (ハット)
  3. 「アー」の音:

    • 「ar」と綴られた際に多く見られる音です。
    • 例:car (カー), far (ファー), park (パーク)
  4. 「オ」の音:

    • 「all」と綴られる単語などで見られる音です。
    • 例:ball (ボール), call (コール)
  5. 「エə」の音(シュワ):

    • 不定冠詞「a」や、強勢のない音節でよく見られます。
    • 例:about (アバウト), sofa (ソファー)
  6. 「エア」の音:

    • 特定の単語で見られる音で、「air」や「are」などで発音されます。
    • 例:care (ケア), bear (ベア), parent (ペアレント)
  7. 「アイ」の音:

    • 「ai」と綴られる単語や、特定の単語で見られます。
    • 例:rain (レイン), main (メイン)

この他にも方言やアクセントによって異なる発音が存在する場合もあるため、フォニックスの学習では地域やアクセントの違いにも注意を払う必要があります。また、単語によって同じ「a」であっても異なる音になるため、実際の単語を例に取りながら多様な「a」の音に触れていくことが大切です。

簡単な単語で発音練習

アルファベットの音に慣れたら、次に簡単な単語を使って発音の練習をします。「cat」「hat」「bat」といった同じ「-at」という韻を踏む単語を羅列し、共通する韻の発音をマスターすることで、言葉のパターンを認識しやすくなります。

このような単語を練習するときには、子供たちが実際に物と関連付けながら学べるようにすることが効果的です。例えば「cat」という単語には猫の絵を、また「hat」には帽子の絵を使い、それぞれの単語が示す具体的な物と音を関連づけることによって、より記憶に残しやすくします。また、これらの単語を使って実際に物語を作ってみたり、単語に合わせて手遊びや身体を動かす動作を取り入れたりすることで、発音練習が一層楽しく、かつ実践的なものになります。

フォニックス学習においては、音の識別から単語の発音まで、子供たちが関連性を理解しやすいよう、視覚的な素材や身体活動を取り入れた具体的な例を用いて、生活の中で自然な形で言葉に親しむ機会を増やすことが大切です。これにより、英語の基本となるフォニックスの理解が深まり、より自然な言語習得につながっていくでしょう。

フォニックスの勉強法

ゲームを利用した勉強法

子どもの学びには、遊びを通じて自然と興味を持たせることが大切です。フォニックスの練習においてもゲームを取り入れることで、勉強している感じもなく学習効果を高めることができます。

例えば、「フォニックス釣りゲーム」は実際の釣り遊びを模して、魚の形をした紙にアルファベットや音節を書き、それを釣り上げるゲームです。子どもが釣り上げた魚に書かれた文字から始まる単語を言ってみるというアクティビティは、文字と単語の関連づけを自然に促します。

また、「単語パズルレース」では、時間内にアルファベットタイルを使ってできるだけ多くの単語を作るという練習を行います。これにより、子どもはスペルと単語の形成に必要な音の組み合わせを迅速に学習することになります。 これらのゲームは、学習という枠を超えて、協力や競争を楽しむ要素を含んでおり、子どもたちは遊びの中で発音やスペングのルールを無理なく身につけることが可能です。

ゲームを利用した学習法として、子どもたちがフォニックスを学ぶ際に楽しみながら行えるいくつかの具体例を紹介します。

サウンドマッチングゲーム

このゲームでは、様々な文字や写真をカードに印刷します。例えば、「s」の音がする単語として「sun」(太陽)、 「snake」(ヘビ)、そして「s」のカードを用意します。これらのカードをテーブルの上に伏せて広げ、子どもが「s」のカードを選んだら、一致する「sun」や「snake」のカードを見つけるゲームです。聞いた音に対応する単語を視覚的に関連付けることで、発音と語彙の両方を強化できます。

アルファベットボードゲーム

アルファベットが記されたボードゲームを作ります。サイコロを転がして、子どもが進むマス目に応じた文字があれば、その文字で始まる単語を声に出して言います。例えば「B」のマス目に止まったら、「ball」や「bat」などと言います。このゲームはアルファベットの認識と同時に発音を合わせて学びます。

音節ジャンプ

子どもにアルファベットのマットを用意し、それぞれのマットに異なる音節を書き入れます(例:「ba」「be」「bi」「bo」「bu」)。指導者が特定の音節を呼び出すと、子どもは対応する音節が書かれたマットに向かってジャンプします。この身体を使ったアクティビティは、音節に対する反応を速くし、音と動きの関連付けで単語を覚えるのに役立ちます。

フォニックス・ビンゴ

ビンゴカード上に、さまざまなフォニックスの音節や文字を配置します。カードをランダムに引き、その音の音節や文字がカードにあればそれをカバーします。「BINGO」という単語を完成させるために必要な音節や文字が揃った子どもが勝者です。このゲームは特にグループセッティングで効果的で、聞き取り能力と単語の識別能力を高めます。

これらのゲームは家庭だけでなく、学校の教室でも使用でき、フォニックスの基本から単語の形成、スペリングの練習まで、子どもたちが遊び心を持って学ぶことを助けます。フォニックスの練習は楽しい活動を通じて、毎日のルーチンにしていけば、子どもたちはスムーズに言葉の世界に触れていくことができるでしょう。

歌やリズムで覚える方法

「子供 英語 リトミック シンプル」

音楽とリズムは記憶に残りやすいため、フォニックスを学ぶ上で非常に効果的なツールになります。歌に合わせてアルファベットの発音を学ぶ「アルファベットソング」は、多くの人が幼少期に接した経験があるでしょう。それを一歩進めて、「フォニックスソング」では特定の発音に焦点を当てた歌を取り入れます。例えば、「A」の音を覚えるための歌では、「Ants on my arm, they’re causing alarm. They’re awfully calm」のように、特定の音を繰り返すリリックス(歌詞)を楽しく歌います。

さらに、リズムをたたいたり、身体を動かしながら単語を言う「クラップ&タップ」練習も効果的です。例えば、手拍子をしながら「cat」、足踏みをしながら「bat」といったリズムで単語を練習します。この方法はリズム感とともに発音を身体に記憶させ、聴覚と運動の両方を使うため、学習の強化に繋がります。

このように、歌やリズムを取り入れることで、フォニックス学習はより楽しく、そして効果的なものになるのです。親子で繰り返し歌ったり、リズムを取りながら遊ぶことは、単なる暗記作業ではなく、言語と音楽の楽しさを共有する素敵な時間となります。

関連記事

Eテレの子供向け英語番組「エイエイGO!」の第5回で放送されていた「音のかたまりを数えよ!」子供と一緒にとても興味深く視聴しました。発音のコツが音のかたまりとしてわかりやすく解説されていました。日本語と英語では単語のリズムに[…]

Phonics Alphabet ABC Song

毎日の習慣化

フォニックスを学ぶ上で最も大切なのは、子供たちの日常に学習を織り交ぜ、習慣化させることです。他の勉強でもそうですが毎日の小さな積み重ねが大事です。

読み聞かせの時間を設ける

読み聞かせは、言葉のリズムや響きを自然に耳にするための有効な方法です。絵本を使った読み聞かせは、フォニックスにおける発音と単語の視覚的な関連付けを強化します。たとえば、愛らしい動物が登場する絵本を選び、動物の名前に含まれる特定の音(例えば「s」で始まる「snake」や「sheep」など)を強調しながら読み上げることで、子供は自然とその音に敏感になります。

読み聞かせの際には、ポイントとなる音を子供が発音しやすいよう、ゆっくりと明確に言葉を発声することが重要です。そして、読む過程で子供がその音を真似しやすいように、彼らにも声に出してみる機会を与えます。こうすることで、子供は楽しく遊び感覚で言葉に親しみ、自然とフォニックスのスキルを身につけていくことができるでしょう。

「聞く・話す・読む・書く」の練習

「聞く・話す・読む・書く」という基本的な言語スキルをフォニックス学習に組み込むことで、子供たちは総合的な言語能力を身につけていきます。

「聞く・話す・読む・書く」という基本的な言語スキルをフォニックス学習に組み込む

  1. 聞く: 子供がフォニックスの音を正確に聞き取る訓練をします。例えば、異なる文字が持つ音を区別できるよう、何回も繰り返し聞かせる「フォニックスの聞き分けクイズ」を取り入れることができます。
  2. 話す: 子供に特定の音や単語を声に出して発声させ、発音を練習させます。これは、例えば「b」の音をたくさん含むフレーズを繰り返し言わせることによって行えます。「Big brown bear is bouncing balls」といった発音練習を通じて、楽しい舌トレーニングが可能です。
  3. 読む: フォニックスに基づいた単純な本や文章を読ませることで、子供は自分自身で読む力を養います。音に焦点を当てた短い物語や「cat」「hat」「sat」といったリストを読むことで、彼らは新しい単語を学び、そのスペルと音を結びつけることができます。
  4. 書く: 子供が習った文字や音を自分で書くことにより、文字と音の関連を強化します。例えば、アルファベットの各文字をトレーシングペーパーや砂の上に書かせることで始めることができ、次第に、その文字を使って単語を自ら書くよう促進します。

これらの「聞く・話す・読む・書く」の練習は、子供がフォニックスの知識を実際の言語使用に応用するための重要なステップです。日々の活動にこれらを組み込むことで、フォニックスは子供たちの言語運用能力を形作る基礎となります。

子供が楽しむフォニックスゲームとアクティビティ

子供達が学ぶ際、ゲームやアクティビティを通じて楽しみながら能力を伸ばすことができます。特にフォニックスは、遊び感覚で取り組むことで自然と音と文字の結び付きを理解しやすくなるため、ゲームやアクティビティは非常に有効です。

オンラインアプリを活用しよう

最近では、フォニックスを学ぶためのさまざまなオンラインアプリが開発されています。これらアプリは、スマホやタブレットなどのデジタルデバイスを通じて、いつでもどこでもアクセス可能です。

例えば、「Endless Alphabet」は、楽しいキャラクターを使って子供たちにアルファベットの各文字と単語を教えます。このアプリは、画面上にバラバラになった単語の文字が現れ、子供たちがドラッグして正しい順序に並べるというゲームです。これは単語を形成するプロセスを、パズルのような楽しい挑戦に変えます。

 

Endless Reader

Endless Reader

Originator Inc.無料posted withアプリーチ

 手作り教材で学ぶ楽しさ

子供の創造力を刺激し、自分だけのオリジナル教材を作ることも、学びを深める素晴らしい方法です。

フォニックス学習で使用できるオリジナル教材の例について、以下のリンク先から幾つかのアイデアを見つけることができます。

Twinklのフォニックスのゲーム教材一覧
こちらでは、カードゲームやビンゴなど、遊び感覚でしっかり学べるフォニックスのゲームが紹介されています。
Happy ValleyのRoutines, Games and Activities Bank
この資料には、家庭や教室で活用できるルーティーンやゲームが紹介されており、フォニックス学習に活用できるかもしれません。

家族みんなで参加するアクティビティ

子供達がフォニックスを学ぶ上で、家族のサポートは欠かせないでしょう。一緒にやっていると勉強している感じがしないですからね。

ゲームを利用した練習法でもご紹介しましたが家族全員でできるアクティビティとしては、「フォニックスビンゴ」があります。ビンゴカードには、通常の数字の代わりにアルファベットの音が書かれており、親が音を出すたびに、子供達はその音に合った文字をカード上で探してマークしていきます。

また、単純な「スペリングリレー」を設けることも有効です。「apple」という単語が出された際に、家族それぞれが次々と正しい文字を紙に書いていき、どれだけスムーズに言葉を形成できるかを競います。これにより、子供は自分だけではなく、家族と協力し合いながら学ぶ楽しさを知ることができます。

いずれのゲームやアクティビティも、学習の「楽しさ」を重視し、遊びの中に自然と学びが溶け込むような設計にすることがポイントです。子供が遊びながら学べる環境を提供することで、フォニックスのスキルは大きく向上していくでしょう。

その他にも家族みんなで楽しめるフォニックスアクティビティをご紹介します。
家族一緒にフォニックスを楽しむ

アルファベットトレジャーハント

子供達にとって探検や発見は、常に興奮する活動です。このゲームでは、子供達が家の中や外でアルファベットの手がかりを「探し出す」ことになります。例えば、「A」の音で始まるものを見つける、といった簡単な手がかりを与え、紙に「Apple」と書かれた写真やオブジェクトを見つけさせるというものです。

フォニックス「音」隠し

部屋の中にいくつかのオブジェクトを隠し、それぞれ特定の音に関連付けます。「s」の音で始まるオブジェクト(例えば、「Sock」や「Sun」の写真)を隠し、子供たちにその音に関連するオブジェクトを探させます。見つけるとそれに関連する単語を発音してみせるという方法で、言葉とそのスペリングの関連を理解させます。

フォニックスカラオケ

音楽と一緒に単語のスペリングを学ぶことで、リズムに合わせ子供たちはより早く学習します。簡単な歌やチャントを使い、そこに登場する単語のスペリングをビートに合わせて練習します。ある一定のリズムでアルファベットの音を繰り返す歌を子供たちと一緒に歌うことで、記憶に残りやすくなります。

これらのアクティビティは、子供達にフォニックスの原理を楽しく体験させながら、身につけさせることが目的です。子供達の好奇心を刺激し、学ぶ喜びをより一層高めてくれます。

フォニックス学習のよくある質問とその答え

フォニックス学習はいつから始めるべき?

フォニックス学習は、早ければ早いほど良いとされています。一般的には、3歳~4歳頃から始めるのがおすすめです。この時期は、子どもの脳が最も発達している時期で、新しいことを吸収する力が強いためです。また、まだ文字に慣れていないため、フォニックスのルールを覚えやすいというメリットもあります。

もちろん、子どもの興味や理解度に合わせて、早めに始めても遅めに始めても問題ありません。まずは、子どもが英語に興味を持って、楽しく学べるかどうかを大切にしましょう。

フォニックス学習に最適な時間帯は?

フォニックス学習に最適な時間帯は、子どもの集中力が高い時間帯です。一般的には、午前中や午後の早い時間帯がおすすめです。また、食事や就寝前は避けたほうが良いでしょう。

もし、子どもがなかなか集中できない場合は、短い時間で繰り返し学習するのも効果的です。例えば、1日3回、1回10分程度の学習を続けると、自然とフォニックスのルールを身につけやすくなります。

学習が思うように進まない時の対処法

フォニックス学習が思うように進まないときは、以下のことに気をつけてみましょう。

  • 子どもの理解度に合わせた教材や学習方法を選ぶ
  • 無理に詰め込みすぎない
  • 子どもの興味や関心を引き出す

たとえば、’s’ の音を習得しているなら、「さかな(sakana)」と「さる(saru)」の写真を見せて、「sss」という音がするものを探させるなどのゲームを取り入れると、飽きずに練習に取り組むことができます。上記の答えが必ずしも全ての子どもに当てはまるわけではありませんが、親子でコミュニケーションを取りながら試行錯誤することが、最終的には大きな進歩につながるでしょう。

フォニックス勉強法のまとめ

フォニックス学習は、英語学習の「土台」を築く重要な学習です。土台がしっかりしていれば、英語学習の「建物」をより高いレベルで構築することができます。フォニックスのルールを身につけることで、知らない単語でも、音を聞けば正しく読むことができるようになります。

フォニックス学習を早いうちからしっかりと身につけておくことで、以下のようなメリットがあります。

  • 英語の読み書きが早くなる
  • 英語の理解度が向上する
  • 英語学習のモチベーションが高まる

フォニックス学習は、子どもの将来の英語学習の成功に大きく影響する学習です。ぜひ、子どもと一緒に楽しみながら学習を進めていきましょう。

ディズニー英語システム

0才から4才のお子さまをお持ちの方(マタニティ含む)に「ディズニーの英語システム」無料サンプルをプレゼント中!「見る、聴く、遊ぶ」で家族一緒に楽しめるプログラムです。

「ディズニーの英語システム」無料サンプルプレゼント!