子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

小学生英語

小学生の子供に過去形と過去分詞の説明

投稿日:2015年4月12日 更新日:

小学4年になる息子に「過去形と過去分詞ってどう違うの?」
と訪ねられました。

日記などの文章を書き上げている際、英語辞書で調べていると過去形と過去分詞の記載があり疑問に思ったようです。

Past tense participle

 

過去分子は形容詞的な使い方で・・と小学生の子供に説明してもいまいちピンとこないでしょう。中学のころ習った記憶では、文法でよく出てくる過去分詞の使い方として形容詞的用法の他に<主語 + have + 過去分詞>など「~をし終えた所」といった表現もありました。

現在 過去形 過去分詞
see     saw      seen
give    gave     given
eat     ate       eaten
write   wrote    written
go      went     gone
do      did        done

小学生くらいの話す言葉といったら、日本語でもシンプルなものです。過去分詞を使った過去完了など日常で使うこともあまりないかもしれません。普段日本語でも使わないのに英語で理解などちょっと難しいかもしれませんね。

過去分詞の使い方

<be動詞+過去分詞>

「~された」とか「~される」のような形容詞的な使い方です。

A fish was eaten. 魚が食べられていた

それを見ていたのなら、

I saw a fish eaten. 魚が食べられているのを見た

となります。

<have+過去分詞>

「ずっと~し続けている」「~したことがある」「~し終えたところ」「~した結果」のような継続を表す意味や経験、完了、結果を表す表現です。厳密にはもっと細かく文法法則があるのかもしれませんが、小学生にわかるように簡単な例文を考えてみました。

She has lived in Hokkaido for two years.
彼女は2年前から北海道に住んでいます

I have been to Hokkaido once.
私は一度北海道へ行ったことがある

He has gone to Hokkaido.
彼はもう北海道へ行ってしまった

小学生が書く日記やジャーナルなどの文章だと、これくらいは使いそうですね。
うちの子供の読んでいる英語絵本などはネイティブの未就学レベルのものですから、まだ受身的な表現はあまり出てきません。次のレベルにステップアップしていく前に、こういう言い方もあるよ、とちよっとふれるよい機会になりました。







-小学生英語

  オススメ

関連記事

no image

親子で英語の暗唱に取り組むために行なっている方法

小学1年生になるうちの子の通っている学校の英語の授業では、 課題文を暗唱して発表するレシテーションの練習が始まりました。
以前、スーパージュニアスの発表会でスピーチを行ったことがあるので これで2度目の英語の発表になります。このような人前で話すという経験を積み重ねることはとても大切だと思っています。
英語を学ぶ目的は人前で話すことにあるからです。

no image

子供をネイティブに育てるために

壇上に立って発表する機会があれば、幼いうちからやっておくのは良いことだと感じます。

no image

高校の英語授業で日本語が使われなくなる

英語教育に変化が起こりそうです。
小学校の英語授業が週1で必修化されていますが、この春より高校の英語では授業中の会話をすべて英語でおこなうことになりそうです。

no image

小学校英語の取り組み

公立小学校の5,6年生の間で現在行われている英語教育ですが、正式な教科となるようですね。
さらに予想通り低学年からの英語教科導入も検討されるそうです。
今後、外国人教師を現在の倍に増やして小中高の英語教育に力を入れるとしていますが、
既存の先生との問題もいろいろあるようで、ゆとり教育や詰め込み教育の時のようにブレないことを願うばかりです。

ただ、方向的には小学校から基礎的な英語力を身につけさせたいという方針のようなので、
現在低学年のご家庭は、学校とは別に家庭で取り組めることはどんどん進めていっておいても良いのかなと思います。

子どもと英語で日記を書く

子供と英語で日記を書く

子供が通っている英語教室で新しい課題が出されるようになりました。 それは英語で日記を書くというもの。 日記と言っても日付と、一日の中で何か印象に残ったものをPickupして書きたい一言を簡単な文にする …