子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

幼児英語

子どものネイティブ耳を育てる方法

投稿日:2012年5月31日 更新日:

Speaker

子どもは自然に日本語を身につけます。家族の会話やテレビなど1日じゅう
日本語のシャワーを浴び続けているうちにいつの間にか習得していきます。

0歳から6歳くらいまでの脳は爆発的な吸収力だと言われています。

この時期、英語環境を整えておくことで、将来お子さんのネイティブ耳を育てることが出来ます。

英語をかけ流す

1日90分は英語のCDを聞き流す環境を作ることがこの時期とても有効です。

詳しい内容は以前書きましたが、
それ以外にも子どもと見るテレビ番組など音声が英語の番組もやはり外せません。

Eテレなどでお馴染みの幼児向けの英語番組いくつかありますが、
それ以外にも、子どもでも楽しめる英語番組はいろいろあります。

副音声が英語の番組など探せばいろいろ見つかりそうですね。

そういうものを録画しておき、合間にちょっと観る習慣をつけるのも効果的です。
幼少期は、自然に毎日耳に入ってくる状態にしておくことがネイティブ耳を作る上で欠かせません。

わからなくても聞き流しておくだけでいいのですが、できるだけお子さんが飽きないコンテンツを探してあげることが大事ですね。







-幼児英語

  オススメ

関連記事

赤ちゃんと7+BILINGUAL

7+BILINGUALを赤ちゃんのうちから聞かせたらどうなる?

7+BILINGUAL(セブンプラスバイリンガル)を購入しメール登録すると七田メールマガジンが届きます。そこに幼児期の認知学習能力について興味深い内容が書かれていました。 子供が七田チャイルドアカデミ …

no image

胎教で英語好きの赤ちゃんに

日本人の英語学習が多く変わろうとしています。
私立の小学校ではすでに1年生から英語の授業は行われていますが、公立小学校でも5,6年生で英語を習うようになり、一部の地域では前倒しで低学年から授業をスタートさせる動きになってきています。
今後おそらく公立の小学校でも低学年より英語授業を始める流れになるでしょう。
さらに高校ではこの春より授業中の会話は全て英語で行うことが決まっているそうで、大学入試においては「TOEFL(トーフル)」を入試選考に取り入れる動きがあるようです。
他の国に比べ日本に暮らしていると英語は身近ではありませんから、
こうなってくると、幼いうちから子供のそばにいる親の役目は重要になってきますね。
今後生まれてくる子供は日本語とともに英語を身につけておかないと将来大変そうです。

no image

幼児向けの英語教室に通わせる前に

子供が幼い頃から英語教室に通っていて その時は、子どもの後ろに親が付いているんです。 まだ、3,4歳くらいでしたから。

no image

スーパープレゼンテーションで「必見!赤ちゃんの脳は外国語をどう学ぶ?」が放映されます

お子さんを英語の得意な子にしたい親は必見のTEDです。 赤ちゃんがどのように最初の言語を習得していくかを研究している科学者パトリシア・クール博士のプレゼンです。 どうしたら「R」「L」の発音を聞き分け …

no image

子供に英語は必要でないと感じさせないために

幼児期の間、通っていた七田の英語教室では毎回 授業が終わると親の取り組み方についてのお話がありました。