幼児英語

6歳までに英語耳をつくる理由

日常生活の中でいろいろな音を聴き続けている子どもは、だいたい6年間も生きていると、必要な音と不必要な音を聞き分けるようになるといいます。

雑音が耳に入らなくなるのと同じような感じでしょうか。

普段聞き慣れていない音は脳が不必要と判断し、無意識のうちに処理しなくなるんですね。

 

これは音の壁といわれているものですが、0歳から6歳くらいまでの間、英語のCDを掛け流しておくことが、後々英語に取り組む上でとても大切になってくるのはこのためです。

この聞き流しは英語を理解させることが目的ではなく、英語を聞き取る耳を作ってあげる事が第一目標です。

 

その時、大切なのは理解を求めたり記憶をつめ込まないこと。日本語を覚えるように自然に取り組むのが理想です。

子どもが遊んでいる時などを利用してバックグラウンドで行う、英語のCDを掛け流す方法は以前にも紹介しましたが、その他、英語のニュース番組など英語が話されている環境を日常にしておくことも大切かなと思います。

 

小学校に入って英語を学び始めると、自然な言語習得ではなく「学習」になって
しまいます。

そうなる前に英語に馴染ませ、楽しめるようにしておきたいですね。

ディズニー英語システム

0才から4才のお子さまをお持ちの方(マタニティ含む)に「ディズニーの英語システム」無料サンプルをプレゼント中!「見る、聴く、遊ぶ」で家族一緒に楽しめるプログラムです。

「ディズニーの英語システム」無料サンプルプレゼント!