子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

幼児英語

6歳までに英語耳をつくる理由

投稿日:2012年6月27日 更新日:

日常生活の中でいろいろな音を聴き続けている子どもは、だいたい6年間も生きていると、必要な音と不必要な音を聞き分けるようになるといいます。

雑音が耳に入らなくなるのと同じような感じでしょうか。

普段聞き慣れていない音は脳が不必要と判断し、無意識のうちに処理しなくなるんですね。

 

これは音の壁といわれているものですが、0歳から6歳くらいまでの間、英語のCDを掛け流しておくことが、後々英語に取り組む上でとても大切になってくるのはこのためです。

この聞き流しは英語を理解させることが目的ではなく、英語を聞き取る耳を作ってあげる事が第一目標です。

 

その時、大切なのは理解を求めたり記憶をつめ込まないこと。日本語を覚えるように自然に取り組むのが理想です。

子どもが遊んでいる時などを利用してバックグラウンドで行う、英語のCDを掛け流す方法は以前にも紹介しましたが、その他、英語のニュース番組など英語が話されている環境を日常にしておくことも大切かなと思います。

 

小学校に入って英語を学び始めると、自然な言語習得ではなく「学習」になって
しまいます。

そうなる前に英語に馴染ませ、楽しめるようにしておきたいですね。







-幼児英語

  オススメ

関連記事

no image

スーパープレゼンテーションで「必見!赤ちゃんの脳は外国語をどう学ぶ?」が放映されます

お子さんを英語の得意な子にしたい親は必見のTEDです。 赤ちゃんがどのように最初の言語を習得していくかを研究している科学者パトリシア・クール博士のプレゼンです。 どうしたら「R」「L」の発音を聞き分け …

嫌がる子供

子供が英語教室を嫌がる時 幼児期からの習い事をスムーズに進めるコツ

子供が2~3歳の幼児期から英語を学ばせるご家庭が増えてきているようですね。幼児向けに英語の早期教育をおこなう教室も以前に比べて増えて来ています。 子供が大きくなる頃には日本国内ではオリンピックも開催さ …

褒めて育てる

褒めて育てる!に大切なこと

子供が未就学のころ七田チャイルドの英語教室に通っていたのですが、その時の先生の言葉を思い出しました。 小さな目標で達成感を定期的に感じさせることが大切 しばらく忘れていました。

no image

幼児向けの英語教室に通わせる前に

子供が幼い頃から英語教室に通っていて その時は、子どもの後ろに親が付いているんです。 まだ、3,4歳くらいでしたから。

子供絵本英語

子どもの成長とともに英語の学習方法を変える

子どもにとっては英語の時間、何を言っているのかさっぱりなことも多いと思います。適当な受け答えしか出来ないことになっては意味が無いです。




にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ