子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

幼児英語

6歳までに英語耳をつくる理由

投稿日:2012年6月27日 更新日:

日常生活の中でいろいろな音を聴き続けている子どもは、だいたい6年間も生きていると、必要な音と不必要な音を聞き分けるようになるといいます。

雑音が耳に入らなくなるのと同じような感じでしょうか。

普段聞き慣れていない音は脳が不必要と判断し、無意識のうちに処理しなくなるんですね。

 

これは音の壁といわれているものですが、0歳から6歳くらいまでの間、英語のCDを掛け流しておくことが、後々英語に取り組む上でとても大切になってくるのはこのためです。

この聞き流しは英語を理解させることが目的ではなく、英語を聞き取る耳を作ってあげる事が第一目標です。

 

その時、大切なのは理解を求めたり記憶をつめ込まないこと。日本語を覚えるように自然に取り組むのが理想です。

子どもが遊んでいる時などを利用してバックグラウンドで行う、英語のCDを掛け流す方法は以前にも紹介しましたが、その他、英語のニュース番組など英語が話されている環境を日常にしておくことも大切かなと思います。

 

小学校に入って英語を学び始めると、自然な言語習得ではなく「学習」になって
しまいます。

そうなる前に英語に馴染ませ、楽しめるようにしておきたいですね。







-幼児英語

  オススメ

関連記事

子供が七田の英語コースに通っていた時の取り組み

七田と言えば右脳教育でフラッシュカードを使った取り組みで有名ですが、 あんな詰め込み式を幼いうちからやっていて大丈夫なの?と思ってしまう方も多いと思います。 ですが、フラッシュカードは覚えるためではな …

no image

子供に英語は必要でないと感じさせないために

幼児期の間、通っていた七田の英語教室では毎回 授業が終わると親の取り組み方についてのお話がありました。

幼児英語

幼児英語を始めよう

小学校英語必修化 公立小学校でも英語の授業が必修化となりました。 グローバル化と言われ続けてもう長いですが、この流れは次の世代においても 同様にますます加速していくことでしょう。 小学生の頃から英語に …

ball

幼児のうちから英語を習わせるのは早すぎる?

国語力がある程度付くようになるのは6歳頃だと言われていますが、その時期には言語習得のクリティカルポイントが過ぎてしまい

no image

子どものネイティブ耳を育てる方法

子どもは自然に日本語を身につけます。家族の会話やテレビなど1日じゅう
日本語のシャワーを浴び続けているうちにいつの間にか習得していきますね。