子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

幼児英語

初めての英語教室選び

投稿日:2012年7月17日 更新日:

 

子どもが0歳の頃から日中の子どもの世話はパパである私が担当していました。

母親ががフル出勤で、私は家でパソコンを使っての仕事のため、
なりゆきで子育て中心の生活となっていました。

1歳になる頃、北欧のおもちゃで有名な ボーネルンドのお店に
併設してある英語教室へ一緒に通うようになりました。

ここを選んだ理由は、ネイティブと日本人の先生2人が担当してくれるのと、
ボーネルで売ってるオモチャをふんだんに使ってのアクティビティが
魅力だったからです。

 

ですが、今思えばここで一番良かったことは、親同士のコミニケーションがよく、
子どもたちが仲良く打ち解けられたことかなと思います。

 

レッスンの後にはみんなでランチに行ったり、公園で遊んだり。
お母様方の中に男性が入るのも最初は抵抗がありましたが、
同じ仲間意識ですんなり受け入れてくれました。

 

子どもにとって英語の時間はお友達が集まって楽しい時間となっていたのです。

1,2歳の頃はそれが一番のように思います。

幼児期はとても気まぐれで、楽しくないと感じるとすぐにぐずりますから。

 

レッスンは1時間ほど、4〜5組みの親子が輪になって、
先生を中心に遊びながら進められました。

In Out や Open close など、実際の動作を英語で言ったり、英語で簡単なゲームや
歌をうたったりと小さな子どもにはストレスのないものです。

 

少し物足りないようにも感じましたが、
まわりのみんなが英語を使う時間と割り切っていました。

 

場所によって言葉は違うんだよ!ということを
早いうちから学ばせてあげるのが最初の目的です。

 

初めての英語教室に行くとき大切なのは、英語を習いに行くのではなく、
楽しい場所へ行くと、そこでは英語が使われているといった感じに
持っていければ、子どもにとって良いファーストステップになるように思います。

 

 







-幼児英語

  オススメ

関連記事

no image

子供に英語は必要でないと感じさせないために

幼児期の間、通っていた七田の英語教室では毎回 授業が終わると親の取り組み方についてのお話がありました。

no image

幼児期の英語への取り組み

我が家では子供が年少の頃、七田のリトルバイリンガルに通わせていました。
幼いうちから英語にふれさせたいと言う思いはあったものの
親として効率的な取り組み方がよく分からなかったからです。

子供の英単語

子供のうちから英語を書く習慣をつけておいた方がよいってお話

子供が幼児の頃から、プレ学習として七田の英語コースに通っていました。 未就学のうちは親も後ろについていて子供の学習を見守る形です。 授業中どんなことをやっているか一目瞭然なので家庭での取り組みもそれに …

幼児英語

6歳までに英語耳をつくる理由

日常生活の中でいろいろな音を聴き続けている子どもは、だいたい6年間も生きていると、必要な音と不必要な音を聞き分けるようになるといいます。 雑音が耳に入らなくなるのと同じような感じでしょうか。 普段聞き …

子供が七田の英語コースに通っていた時の取り組み

七田と言えば右脳教育でフラッシュカードを使った取り組みで有名ですが、 あんな詰め込み式を幼いうちからやっていて大丈夫なの?と思ってしまう方も多いと思います。 ですが、フラッシュカードは覚えるためではな …