子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

幼児英語

初めての英語教室選び

投稿日:2012年7月17日 更新日:

 

子どもが0歳の頃から日中の子どもの世話はパパである私が担当していました。

母親ががフル出勤で、私は家でパソコンを使っての仕事のため、
なりゆきで子育て中心の生活となっていました。

1歳になる頃、北欧のおもちゃで有名な ボーネルンドのお店に
併設してある英語教室へ一緒に通うようになりました。

ここを選んだ理由は、ネイティブと日本人の先生2人が担当してくれるのと、
ボーネルで売ってるオモチャをふんだんに使ってのアクティビティが
魅力だったからです。

 

ですが、今思えばここで一番良かったことは、親同士のコミニケーションがよく、
子どもたちが仲良く打ち解けられたことかなと思います。

 

レッスンの後にはみんなでランチに行ったり、公園で遊んだり。
お母様方の中に男性が入るのも最初は抵抗がありましたが、
同じ仲間意識ですんなり受け入れてくれました。

 

子どもにとって英語の時間はお友達が集まって楽しい時間となっていたのです。

1,2歳の頃はそれが一番のように思います。

幼児期はとても気まぐれで、楽しくないと感じるとすぐにぐずりますから。

 

レッスンは1時間ほど、4〜5組みの親子が輪になって、
先生を中心に遊びながら進められました。

In Out や Open close など、実際の動作を英語で言ったり、英語で簡単なゲームや
歌をうたったりと小さな子どもにはストレスのないものです。

 

少し物足りないようにも感じましたが、
まわりのみんなが英語を使う時間と割り切っていました。

 

場所によって言葉は違うんだよ!ということを
早いうちから学ばせてあげるのが最初の目的です。

 

初めての英語教室に行くとき大切なのは、英語を習いに行くのではなく、
楽しい場所へ行くと、そこでは英語が使われているといった感じに
持っていければ、子どもにとって良いファーストステップになるように思います。

 

 







-幼児英語

  オススメ

関連記事

褒めて育てる

褒めて育てる!に大切なこと

子供が未就学のころ七田チャイルドの英語教室に通っていたのですが、その時の先生の言葉を思い出しました。 小さな目標で達成感を定期的に感じさせることが大切 しばらく忘れていました。

英語子育て

0歳~幼児からのバイリンガル英語子育て

幼児の頃の記憶でいまだに印象に残っているのが母親の話す英語です。 今で言うプチバイリンガル子育てなのかな。 英語と言っても子供に向かってですから、 「Good night」とか「Thank you」く …

no image

子供に英語の語り掛けで注意したいこと

小学生から社会人までが、今までにないくらい英語を学び始めていますね。
現在の日本では英語教育の必要性がテーマになっているようです。
まわりを海に囲まれ外国語に触れる機会の少ない日本で暮らしていると英語を身につけるのはなかなか難しいものです。幼児期のうちから英語の聞き流しを行うなどして耳に慣れさせておくことでその後の英語教育に大きな力になるように思います。
我が家でも子供が0歳の頃から英語の聞き流しを行い、英語の絵本を読み聞かせたりしていましたが、それに加えて、親の話す言葉も大切ではないかという思いで幼児のうちから英語で話しかける取り組みもしてきました。

no image

0歳から英語を楽しむ3つのコツ

いま、日本社会では英語が第2言語として定着しつつあります。 日常ではまだまだそんなことないように感じますが、企業社会では グローバル化が進み、会議、プレゼン、電話など英語が普通に話せる人と そうでない …

no image

子どもの英語教育は何歳から?

小学校の英語を正式教科にとの提言案が政府の教育再生実行会議で了承されたようですね。
現在、小学校の5,6年生で行われている英語の授業はテストや評価のない、英語に親しむといったアクティビティ色の強いものでしたが、今後、国語や算数といった他の教科のようにテストで評価される方向に向かうのでしょうか。
さらに英語授業の学年を引き下げるという話も出ているようです。
本気で取り組むのなら、いっそ私立の小学校のように1年生からでもいいような気もします。
マーケティングリサーチ会社ネオマーケティングによると、
全国の0歳から12歳に英語教育をしている親を対象に、
子供の英語教育について何才から始めるのが良いかとの問に、約75% が
「英語教育を始めるのは小学校入学前が良い」
と答えるアンケート結果が出ています。
内訳は
1位「0歳~3歳」で41.2%
2位「4歳~6歳」34.4%
3位「7歳~8歳」6.2%