子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

幼児英語

アルファベットに動物デコレーションのかわいい文字スタンプ

投稿日:2016年5月10日 更新日:

アルファベットで名前を文字入れしたい時や、子供の英文字遊びにもなりそうなかわいらしいアルファベットスタンプを見つけました。

アルファベットスタンプ

アルファベットひとつひとつにいろいろな動物がデコレーションされた文字スタンプです。

文字の大きさは約17mm
文字スタンプ本体の大きさは20mm×18mm×23mm
箱サイズは100mm×128mm×23mm

アルファベット26文字に文字枠が1つ付いています。

素材はエコウッドと天然ゴム、表面だけ見れば積み木のようですね。

 

 

こちらは一回り大きめのサイズ、絵柄も少し変わっています。
文字の大きさは約20mm~23mm
文字スタンプ本体の大きさは26mm×26mm×17mm
箱のサイズは135mmx160mmx17mm

 

 

こちらは、文字フォントが中抜きじゃないバージョン。
大きさは上と同じです。
白地にペッタンが似合いそう。

 

スタンプを押すとこんな感じです。

2016-05-10_100403

 

このスタンプはすべてこちらのお店Ai Inc.オリジナルだそうです。

洗濯しても色落ちしない布用インクパッドも販売していたのでTシャツやハンカチ等にスタンプしてみたい方は一緒に購入すると良いかもしれません。ネコポス・定形外に収まれば送料無料です。







-幼児英語

  オススメ

関連記事

子供が七田の英語コースに通っていた時の取り組み

七田と言えば右脳教育でフラッシュカードを使った取り組みで有名ですが、 あんな詰め込み式を幼いうちからやっていて大丈夫なの?と思ってしまう方も多いと思います。 ですが、フラッシュカードは覚えるためではな …

no image

胎教で英語好きの赤ちゃんに

日本人の英語学習が多く変わろうとしています。
私立の小学校ではすでに1年生から英語の授業は行われていますが、公立小学校でも5,6年生で英語を習うようになり、一部の地域では前倒しで低学年から授業をスタートさせる動きになってきています。
今後おそらく公立の小学校でも低学年より英語授業を始める流れになるでしょう。
さらに高校ではこの春より授業中の会話は全て英語で行うことが決まっているそうで、大学入試においては「TOEFL(トーフル)」を入試選考に取り入れる動きがあるようです。
他の国に比べ日本に暮らしていると英語は身近ではありませんから、
こうなってくると、幼いうちから子供のそばにいる親の役目は重要になってきますね。
今後生まれてくる子供は日本語とともに英語を身につけておかないと将来大変そうです。

no image

子どもの英語教育は何歳から?

小学校の英語を正式教科にとの提言案が政府の教育再生実行会議で了承されたようですね。
現在、小学校の5,6年生で行われている英語の授業はテストや評価のない、英語に親しむといったアクティビティ色の強いものでしたが、今後、国語や算数といった他の教科のようにテストで評価される方向に向かうのでしょうか。
さらに英語授業の学年を引き下げるという話も出ているようです。
本気で取り組むのなら、いっそ私立の小学校のように1年生からでもいいような気もします。
マーケティングリサーチ会社ネオマーケティングによると、
全国の0歳から12歳に英語教育をしている親を対象に、
子供の英語教育について何才から始めるのが良いかとの問に、約75% が
「英語教育を始めるのは小学校入学前が良い」
と答えるアンケート結果が出ています。
内訳は
1位「0歳~3歳」で41.2%
2位「4歳~6歳」34.4%
3位「7歳~8歳」6.2%

幼児英語

6歳までに英語耳をつくる理由

日常生活の中でいろいろな音を聴き続けている子どもは、だいたい6年間も生きていると、必要な音と不必要な音を聞き分けるようになるといいます。 雑音が耳に入らなくなるのと同じような感じでしょうか。 普段聞き …

no image

ディズニーベビー英語歌で聴く赤ちゃんとお母さんのための音楽おやすみタイム用

幼児のうちから英語の音楽を聴かせるなら、このCDは最適な1枚でしょう。




にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ