子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

小学生英語

英会話で「面白い」はinterestingとfunのどっち?

投稿日:

funとintersting

英会話で「面白い!」って相づちを打ちたい時ってありますよね。

英語に表すと下の2通りの言い方があります。

It’s intersting.
It’s fun.

これ、微妙に面白さが違ってきます。

ただ単に楽しくて「面白い」場合はfun.

(もっと詳しく聞いてみたい)、とか(もっと知りたい)というような気持ちの時はintersting。

日本人にはinterstingを多用する傾向があるようですが、ちょっと学者チックになってしまうそうです。

パーティなどの席でDid you enjoy?と聞かれ、It was interstingと答えると、相手には、「楽しんだというよりは、ちょっと考えさせられるな~」
と聞こえてしまうそうですから注意したいですね。

楽しんだ時に返す言葉としては、

I had a good time.
I had a great time.

楽しく感じて「面白い!」と日本語で言うような時、英会話ではfunやenjoyなども使います。

It’s fun.は少し子供っぽくなる表現で、「童心に戻ったように楽しんだ」ときにぴったりです。
I enjoy. はどんな場面でも使える便利な表現、「良かった」的な使い方ができます。
すごく良かった時は、I really enjoyed it.になります。

 







-小学生英語

  オススメ

関連記事

ちびまる子ちゃんの英語教室

ちびまる子ちゃんの小学生英語でおさらい

北海道に引っ越してきて、転校してきた小学校での初の夏休みです。 北海道の夏休みは本州より短く始業式は8月19日なんだそうです。そのぶん冬休みが長いということですが、そう考えるとあっという間に5年生です …

no image

英検5級に向けて子供と使っている英語アプリ

子どもの英語の取り組みが遊び感覚からだんだん勉強っぽくなってきました。 幼児の頃は、英語の絵本を読んだりゲーム感覚のアプリで遊んだりしながら 英語を耳に馴染ませることをメインにしていました。

no image

子供の発表会の前は親も大変!英語でスピーチに挑戦

発表会では、自己紹介や好きなことなど英語で作文したものを発表します。自分のことについて話すのですけど、要は丸暗記です。

no image

英語でご挨拶のちょっとした注意

日本の英語の教科書やテキスト問題などを見ているとたまに違和感を覚えるフレーズを目にすることがあります。
英語を母国語とする人たちに言わせると100年ぐらい前の英語をいまだに使っているとも言いいますよね。
新しい英語の学習指導要領ではその辺のところの修正を期待したいです。今の子供たちが大人になってグローバルな舞台に立った時恥ずかしい思いをしないように、せめてこれからの子どもたちには国際標準の英語を身につけてもらいたいです。
英語を最初に習い初めの定番フレーズは挨拶です。

no image

英語授業について行ける子、いけない子

現在小学校で行われている小学5,6年生による英語授業。 必修化に向けて先生の準備や指導方法など様々な問題をはらんでいる様ですが、 この先、きっと低学年にも英語の授業が広がっていくのだろうと思います。