子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

小学生英語

子どもの英語の勉強に必要なもの

投稿日:2012年9月13日 更新日:

小学1年生になる息子が英語を学ぶようになって

「これなんて読むの?」

「英語でどう言えばいい?」

と、よく質問されます。

子どもの前で辞書を引く

子どもってひとたび興味をもつと好奇心が沸き起こります。

興味や好奇心から学びはスタートしていきます。

時に時間や場所を気にせず聞いてきたりもしますが、

面倒がらず、できるだけ一つ一つていねいに説明してあげたいですね。

簡単に答えられることでも時間があれば、辞書や図鑑を引っぱりだして、
できるだけ一緒に調べてあげるとよいです。

答えを見つけたとき

「あった!」と一緒に喜んであげてください。

楽しいことはそのうち一人でもやるようになります。

 

初めての英語辞書

家では、子どもが英語を習い始めたばかりなので、英語の辞書といっても絵と単語だけのピクチャーディクショナリーを使っています。

今使っているのはこちらです。 Oxford Picture Dictionary: English/ Japanese

英単語をカテゴリーまたはabc順に引いていくと、たどり着く先は絵と単語です。

子どもは小さいうちは右脳優位と言われていますね。

脳の吸収力も抜群なので日本語をはさまず英単語とイメージを直接結び付けることができます。

おとなになって学習する英語と違い、あいだに日本語を挟まない学習法は子どもにとってはとても大切なことだと思います。

りんごを見たら⇒りんご⇒Apple よりも

りんごを見たら⇒Apple の方が断然スマートです。

右脳のイメージ力が強力な幼いうちこそ吸収するチャンスです。

後に忘れていたとしても構わないと思います。先行記憶として子供の脳には必ず残っているものです。

しばらくして、英語の勉強中また同じ単語に出会い、前に見た覚えがあると思うことが記憶をより確かなものにしてくれます。

 

自分が幼かった時を思い出しながら、やさしく接してあげたいですね。







-小学生英語

  オススメ

関連記事

アメリカの小学生が出題する国数社理のテストMAG2NEWS

アメリカの小学生向けテスト問題(国数社理)に英語でチャレンジ

アメリカの小学生が出題する国数社理のテスト問題がMAG2NEWSに掲載されていました。 このコーナーはアメリカの小学生・シャーロットちゃんが英語問題を出題する人気シリーズのようですね。 【脳トレ】米国 …

no image

子供の英語学習に必要なのは遊び

以前、小学1年になる息子が取り組んでいる英語学習について書きましたが、
ますます英語組み立てtownにハマっているようです。

電車に乗るたび、私のスマホを使っては英文の並べ替えに挑戦しています。
このアプリの対象は中学から高校生となっていますが、
児童英検や英検5級を目指しているような子供なら難しくはありません。
英文の並べ替えを行い、違っていればブルブルっと知らせてくれる仕組みです。

アルクが「英語日記コンテスト」で子供の日記を募集中

全国の小学生を対象に英語で書かれた日記を募集しているようです。 低学年の部は1~3年生、テーマは My family「私の家族」 高学年の部は4~6年生、テーマはMy dream「将来の夢」 応募方法 …

no image

文部科学省が小4以下も英語必修を検討

文部科学省が小学校低学年から英語を必修にする検討を始めたそうです。

no image

英検5級に向けて子供と使っている英語アプリ

子どもの英語の取り組みが遊び感覚からだんだん勉強っぽくなってきました。 幼児の頃は、英語の絵本を読んだりゲーム感覚のアプリで遊んだりしながら 英語を耳に馴染ませることをメインにしていました。