子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

小学生英語

子供の通う英語教室で出された「将来の夢を語る」課題

投稿日:

子供が通っている英語教室で保護者参観が行われるのですが、その時までにやってくるよう出された子供への課題が「将来の夢を語る」こと。

英語教室のCMなどで子供が出演してインタビューに答えているようなやつですね。

医者になりたいなら、
I want to be a doctor in the future.

科学者なら、
I want to be a scientist in the future.

それから、because,..と理由まで軽く言えればバッチリです。

将来の夢

具体的に何になりたいかは決まってなくて、漠然と夢を持っているような時は..

「私には夢があります」

のような感じで話し始めれば良いですね。

そんな風に夢を語る英語を調べていたところ、面白いコラムを見つけました。

夢をビジョンに置き換えても日本語的には「展望」とか「将来の見通し」ぐらいのすこし前向きな夢のように聞こえますが、これを英語でそのまま使うとちょっとヤバくなるというお話です。

I have a vision.

冒頭で上記のような言い出しをすると..

「私はハイになって幻覚を見ました~」

と、聞こえるそうです。

シンプルにI have a dream.と、するのが無難ですね。

どうしても、はっきりとしたビジョンがあることを伝えたい時は..

I’m a visionary.

「自分は将来を描く理念を持っています」

なんだか壮大な夢を描いてるのかな?って思っちゃいますね。ビジネスシーンなどでプレゼンテーションの前フリに使うと良さそうな言葉です。







-小学生英語

  オススメ

関連記事

英語教室

子供の通う英語教室と家庭学習の様子

小学4年になる子供の通っている英会話教室では、毎回授業の前半、予め用意されたQ&Aシートから先生の質問やその受け答えをする時間があります。 Q&Aは50項目ぐらいあり、質問とその受け答 …

no image

英語でご挨拶のちょっとした注意

日本の英語の教科書やテキスト問題などを見ているとたまに違和感を覚えるフレーズを目にすることがあります。
英語を母国語とする人たちに言わせると100年ぐらい前の英語をいまだに使っているとも言いいますよね。
新しい英語の学習指導要領ではその辺のところの修正を期待したいです。今の子供たちが大人になってグローバルな舞台に立った時恥ずかしい思いをしないように、せめてこれからの子どもたちには国際標準の英語を身につけてもらいたいです。
英語を最初に習い初めの定番フレーズは挨拶です。

小学4年生の英語でちょっとややこしい単数・複数表現

小学4年生の英語でちょっとややこしい単数・複数表現

小学4年になる息子の英会話スクールで使っている教科書がEnglish Time3。 これはネイティブ英語圏を始め、世界中で英会話を学習する子供たちに広く使われているOXFORD出版局の教科書です。子供 …

no image

子どもはグローバル化についていける?

普段、日常生活で英語を使うという状況まだまだ少ない日本ですが、 ビジネスの世界ではどんどん英語が浸透しているようです。 子供たちが大人になる頃には日本の国際化は今よりもっと進んでいるでしょう。

The capricious robot

英語の読解力に慣れる小・中学生向けのショートストーリー「The capricious robot」

子供と英検3級面接試験の帰り道、ジュンク堂に立ち寄り準2級の学習本を探していた時のことです。 ずらっと本棚に並んだ英語関連書籍の中から、息子が一冊の本を取り出して読んでいました。 何を読んでるのかなと …