子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

小学生英語

子供の通う英語教室で出された「将来の夢を語る」課題

投稿日:

子供が通っている英語教室で保護者参観が行われるのですが、その時までにやってくるよう出された子供への課題が「将来の夢を語る」こと。

英語教室のCMなどで子供が出演してインタビューに答えているようなやつですね。

医者になりたいなら、
I want to be a doctor in the future.

科学者なら、
I want to be a scientist in the future.

それから、because,..と理由まで軽く言えればバッチリです。

将来の夢

具体的に何になりたいかは決まってなくて、漠然と夢を持っているような時は..

「私には夢があります」

のような感じで話し始めれば良いですね。

そんな風に夢を語る英語を調べていたところ、面白いコラムを見つけました。

夢をビジョンに置き換えても日本語的には「展望」とか「将来の見通し」ぐらいのすこし前向きな夢のように聞こえますが、これを英語でそのまま使うとちょっとヤバくなるというお話です。

I have a vision.

冒頭で上記のような言い出しをすると..

「私はハイになって幻覚を見ました~」

と、聞こえるそうです。

シンプルにI have a dream.と、するのが無難ですね。

どうしても、はっきりとしたビジョンがあることを伝えたい時は..

I’m a visionary.

「自分は将来を描く理念を持っています」

なんだか壮大な夢を描いてるのかな?って思っちゃいますね。ビジネスシーンなどでプレゼンテーションの前フリに使うと良さそうな言葉です。







-小学生英語

  オススメ

関連記事

fewとlittleの使い方

a few, a littleの使い方とaを付けないと意味が変わるお話し

  英会話スクールの帰り道、今日習ったことを聞いてみるとfewとlittleの使い方についてでした。 fewとlittleはどちらも「少し~」と訳せるのですが(何が)少しなのかで使い分けます …

no image

親子で英語の暗唱に取り組むために行なっている方法

小学1年生になるうちの子の通っている学校の英語の授業では、 課題文を暗唱して発表するレシテーションの練習が始まりました。
以前、スーパージュニアスの発表会でスピーチを行ったことがあるので これで2度目の英語の発表になります。このような人前で話すという経験を積み重ねることはとても大切だと思っています。
英語を学ぶ目的は人前で話すことにあるからです。

whileとduringの違い

whileとduringの違い

whileとduring同じような意味なので間違いやすいですね。 子供がwhileの意味を尋ねてきたので調べてみました。   whileもduringも 「~の間」「~している間」といった意 …

no image

海外大学を目指す子供向けにベネッセがジュニアマスターズコースやるそうです

ベネッセでは4月より、海外大学を目指す中学1年生に向け「ジュニアマスタークラス」を開講するそうです。
ハーバード大やイェール大への合格実績のあるベネッセの海外大学進学塾「ルートH」の新中学生対象のジュニアマスタークラスです。

比較級のまとめ

英検4級に出てくる比較級・最上級をまとめておさらい

英会話スクールに1月から通うことになった息子。 英検の団体申し込みにも滑り込みセーフ。教室で行われるほうが子供にとっては気が楽です。 春には受験するはずだった英検4級テストは、引っ越しと重なってしまい …