子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、おすすめ教材などのご紹介。英語絵本の読み聞かせ動画を紹介しながら日本語の翻訳文なども掲載。

英語絵本

クリスマスシーズンにおすすめな英語絵本の読み聞かせ「Home Alone 2 Lost in New York」

投稿日:

クリスマスシーズンになるとよく見かける映画といえばホーム・アローン・シリーズ。その第2作目にあたる英語絵本「Home Alone 2 Lost in New York」の読み聞かせ動画です。

少し文章量の多い絵本ですが、映画でおなじみのストーリーで、難易度もあまり高くなかったので物語を英文で読みこなす第一歩としてもちょうどいい絵本です。

Home Alone 2 Lost in New York日本語対訳

“Twas three nights before Christmas, and the McCallister family was getting ready for their vacation to Florida.
「クリスマスの3日前の夜、マッカリスター一家はフロリダでの休暇の準備をしていた。

Everyone except for Kevin, who didn’t want to go.
行きたくなかったケヴィンを除く全員が。

“Why do we have to go to Florida for Christmas?” Kevin asked.
“なんでクリスマスにフロリダに行かなきゃいけないの?” と ケビンが聞いた。

“They have palm trees instead of Christmas trees there!”
“あそこにはクリスマスツリーの代わりにヤシの木があるんだ!”

“I wish I could go on my own vacation alone!” Kevin showted.
「自分の休暇に一人で行けたらいいのに!」 ケビンは叫んだ。

“I’d have the best time of my life!” But nobody listened.
「人生で最高の時間を過ごしたい!」 しかし、誰も耳を傾けませんでした。

 

They went to the airport the next day. It was crowded and noisy.
翌日、二人は空港に行った。そこは混雑していて騒がしかった。

Kevin needed to blow his nose, so he borrowed his dad’s bag and stopped to look for a tissue.
ケビンは鼻をかみたかったので、お父さんのカバンを借りて、ティッシュを探すのに立ち寄った。

His family rushed on ahead.
家族は先を急いだ。

“Wait up!” Kevin yelled, and ran after them.
“待てよ!” ケビンはそう叫んで、二人を追いかけました。

He thought he could see his dad’s coat in the crowd.
人ごみの中にお父さんのコートが見えたような気がした。

He finally caught up to his dad.
ようやくお父さんに追いついた。

..and boarded the plane at the very last minute.
…そして、ギリギリで飛行機に乗り込みました。

 

when the plane finally landed, Kevin looked out the window.
飛行機がようやく着陸したとき、ケビンは窓の外を見た。

He saw very tall buildings and lots of snow, it didn’t look like florida at all.
フロリダとは思えないような高い建物とたくさんの雪が見えました。

When Kevin got off the plane, his family was nowhere to be seen!
ケビンが飛行機を降りた時、家族の姿はどこにもなかった!

Where am I?
ここはどこ?

New York city.
ニューヨークよ

yikes! I did it again!
きゃー またやっちゃった!

At first Kevin was scared, but then he realized this was his chance to do whatever he wanted on vacation.
最初は怖いと思っていたケビンですが、これは休暇で好きなことができるチャンスだと気づきました。

He discovered that New York City was a magical place to Celebrate Christmas.
彼はニューヨークがクリスマスを祝う魔法のような場所であることを発見しました。

He rode around in a yellow cab.
彼はイエローキャブ(タクシー)に乗り込みました。

He saw the Statue of Liberty.
自由の女神を見た。

He went to the top of the tallest building,
一番高いビルの最上階に登り

and he walked through Central Park.
セントラルパークを歩きました。

 

There was a wallet in his dad’s bag, so Kevin checked into the fanciest hotel in the city.
お父さんのカバンの中に財布が入っていたので、ケビンはその街で一番おしゃれなホテルにチェックインしました。

There was no one to tell him what to do, so Kevin watched lots of TV and ate lots of food from room service.
誰も教えてくれないので、ケビンはテレビをたくさん見て、ルームサービスでたくさんご飯を食べました。

The next day was Christmas Eve.
翌日はクリスマス・イブである。

Kevin took a limousine to the biggest toy store in New York.
ケビンはリムジンでニューヨークで一番大きなおもちゃ屋に行った。

 

He met the store’s owner, Mr duncan who told Kevin that all of the money the store earned on Christmas Eve would be donated to a children’s hospital.
彼は店のオーナーであるダンカン氏に会い、クリスマスイブに店が稼いだお金をすべて子どもの病院に寄付することをケビンに告げました。

Kevin gave him his whole allowance.
ケビンは自分の小遣いを全額寄付しました。

He thought the kids in the hospital needed it more than he did.
病院の子どもたちは、自分よりもお金を必要としていると思ったからです。

To thank Kevin, Mr Duncan gave him a pair of special ornaments.
お礼に、ダンカンさんはケビンに特別なオーナメントをプレゼントしました。

Turtledoves are a symbol of friendship.
キジバトは友情のシンボルです。

One dove you should keep, and the other you should give to a true friend.
一羽は飼い、もう一羽は真の友に贈るべし。

 

Kevin left the store and looked at his map for directions.
ケヴィンは店を出て、地図を見て道を確認した。

He wanted to visit the biggest Christmas tree in the city.
街で一番大きなクリスマスツリーを見に行こうと思っていたのだ。

Then, someone tapped him on the shoulder.
その時、誰かが彼の肩を叩いた。

Kevin turned around… and screamed!
ふり向いたケビンは大声をあげました。

It was Harry and Marv, the burglars who tried to rob his house last Christmas Eve, when he was home alone.
それはハリーとマーブだったのです。ハリーとマーブは、去年のクリスマスイブにケビンが一人で家にいたときに、強盗に入られようとしたのです。

 

Tonight we’re going to rob that toy store!
今夜はあのおもちゃ屋を襲うんだ!

And this time, we’re not going to let you stop us!
そして今度こそ、誰にも止めさせないぞ!

Kevin ran away as fast as he could.
ケビンは全速力で逃げました。

He ran all the way across Central Park.
セントラルパークを横切って走った

He ran so fast that he tripped, and his foot get caught between two rocks.
あまりの速さにつまずき、足を岩に挟まれた。

 

A woman approached. She was covered in birds.
一人の女性が近づいてきた。彼女は鳥に覆われていた。

Kevin was scared at first, but then she pulled his foot free of the rocks.
ケビンは最初怖がっていましたが、彼女が彼の足を岩から引き離しました。

The bird lady told Kevin that she lived in the park and that the pigeons were her only friends.
鳥女はケビンに、自分は公園に住んでいて、ハトが唯一の友達だと言った。

She was spending Christmas without her family, just like Kevin.
彼女もケビンと同じように、家族不在のクリスマスを過ごしていたのだ。

Kevin thanked her for helping him and promised that he would come back to visit her.
ケビンは助けてくれたことに感謝し、また会いに行くと約束した。

 

But first Kevin had to stop the burglars from robbing the toy store.
しかし、その前にケビンは、おもちゃ屋を襲おうとする強盗を止めなければならなかった。

At an abandoned house nearby, he made a plan.
近くの廃屋で、彼はある計画を立てた。

Kevin poured goo on the floor,
ケビンは床にベトベトを流した。

and tied paint cans to ropes,
ペンキの缶をロープで縛り

and lined up bags of flour.
小麦粉の袋を並べました。

He stretched a trip wire across the basement,
地下に仕掛け線を張り巡らせた。

and scattered tools in the hallway,
廊下に道具を散乱させ

and painted the stairs with grease.
階段にグリースを塗った。

 

Kevin went back to the toy store.
ケビンはおもちゃ屋に戻りました。

Harry and Marv were already there, stuffing money into a bag.
ハリーとマーヴはすでにそこで、お金を袋に詰め込んでいました。

Hey, follow me, or I’ll call the cops!
おい、ついてこないと警察を呼ぶぞ!

The burglars chase Kevin to the abandoned house.
空き巣はケビンを追って廃屋へ。

 

then they stumble into all of Kevin’s traps. yuck!
そして、ケビンのトラップに引っかかる。

yow wahhh! whoa!
わー ひゃー わー!

 

Marv and Harry tripped on the tools in the hallway…
マーヴとハリーは廊下の工具につまずき…

..and slipped down the stairs that were painted with grease.
油で塗れた階段を滑り落ちた。

But as Kevin snuck away, the burglar spotted him.
しかし、ケビンがこっそり逃げ出すと、空き巣に見つかってしまった。

They chased after him and dragged him back to Central Park.
二人は彼を追いかけ、セントラルパークに引きずり戻しました。

Suddenly, the bird lady appeared and threw birdseed all over Harry and Marv, who were covered in goo.
突然、鳥女が現れ、ベトベトになったハリーとマーヴに鳥の種を投げつけました。

Run, Kevin!
逃げろ、ケビン!

The pigeon swarmed Harry and Marv and pecked at them until the police arrived.
鳩はハリーとマーヴに群がり、警察が来るまで彼らをつつきました。

It was almost midnight, which meant that it was almost Christmas.
もうすぐ真夜中、つまりもうすぐクリスマスだ。

Kevin went to look at the biggest Christmas tree in New York city.
ケビンはニューヨークで一番大きなクリスマスツリーを見に行きました。

He missed his family. It turned out that going on vacation alone wasn’t much fun after all.
彼は家族に会いたくなった。結局、一人で旅行に行ってもあまり楽しくないことがわかった。

 

Aand then he heard a familiar voice.
その時、彼は聞き覚えのある声を聞きました。

Kevin turned around.. and there was his mom!
ケビンが振り向くと、そこにはお母さんがいました。

She knew Kevin better than anyone, so she remembered how much he loved Christmas trees.
お母さんはケビンのことを誰よりも知っていて、ケビンがクリスマスツリーが大好きなことも覚えていました。

She knew exactly where to find him.
そして、ケビンの居場所を知っていたのです。

 

Kevin’s whole family was waiting back at the hotel.
ホテルには、ケビンの家族全員が待っていた。

“I missed you all so much,” Kevin said.
“みんなに会いたかったよ “とケビンは言った。

 

On Christmas morning a giant pile of presents sat under the tree. They were all from Mr. Duncan, who left a note thanking Kevin for saving his toy store.
クリスマスの朝、ツリーの下には巨大なプレゼントの山があった。それらはすべてダンカンさんからのもので、ダンカンさんはケビンがおもちゃ屋を救ってくれたことに感謝するメモを残していました。

But as his brothers and sisters opened their gifts, Kevin quietly slipped away.
しかし、弟や妹たちがプレゼントを開けると、ケビンはそっとその場を離れました。

There was someone he wanted to see.
ケビンには会いたい人がいたのです。

 

Kevin hadn’t forgotten the bird lady who helped him so much.
ケビンは、お世話になった鳥のおばさんのことを忘れてはいませんでした。

He gave her the other turtledove ornament, which meant they would be friends forever.
そして、もう一つのキジバトの置物を贈った。それは、二人が永遠の友になることを意味していた。

Merry Christmas, Kevin
メリー・クリスマス、ケビン

Merry Christmas.
メリー・クリスマス

All was peaceful… until his dad yelled so loudly that Kevin could hear him from the park.
平和な日々が続いていた… ケビンが公園から聞こえるほど大きな声で父親が叫ぶまで。

Kevin!
ケビン!

You spent 967 dollars on room servic!?
ルームサービスで967ドルも使ったのか!?







-英語絵本
-

  オススメ

関連記事

Pete the Cat Five Little Pumpkins

ハロウィーン英語絵本『Pete the Cat Five Little Pumpkins』

ハロウィーンシーズンの読み聞かせにぴったりな英語絵本『Pete the Cat Five Little Pumpkins』の読み聞かせ動画です。 アメリカの子供たちに大人気の絵本シリーズ『Pete t …

英語絵本「All Are Welcome」

英語絵本「All Are Welcome」誰でも歓迎されます

英語絵本「All Are Welcome」の読み聞かせです。ニューヨーク・タイムズ紙のベストセラー絵本にセレクトされた作品です。   世界中から様々な人種の集まるアメリカ、その中でも学校には …

エリック・カール英語絵本「The Very Quiet Cricket」

エリック・カール英語絵本「The Very Quiet Cricket」のアニメ動画

エリック・カールの英語絵本「「The Very Quiet Cricket」をアニメで楽しめる動画です。 日本語絵本では「だんまりこおろぎ」というタイトルになっていました。 繰り返しのある語り口と見て …

英語絵本「Little Blue Truck Leads the Way」

英語絵本「Little Blue Truck Leads the Way」都会にやってきた小さな青いトラック

英語絵本「Little Blue Truck Leads the Way」の読み聞かせです。Leads the Wayは先導するという意味。 都会に初めてやってきた小さな青いトラック、周りは高い建物や …

英語絵本「A Color of his Own」

英語絵本「A Color of his Own」カラフルに変化するカメレオンの自分の色探し

英語絵本の読み聞かせ、今回の絵本はLeo Lionni著「A Color of his Own」です。 英語を習い始めのお子さんへおススメの絵本として英検jrのHPにも紹介されていました。小学生の教科 …