子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

英語絵本

英語絵本「Grumpy Monkey」不機嫌そうなおさるさん

投稿日:

英語絵本「Grumpy Monkey」の読み聞かせです。Grumpyとは、不機嫌とか気難しそうに見えるという意味。絵本の表紙に描かれているおさるのジムは、本当に不機嫌そうですね。

当の本人はそうでもないと思っているのに、会うものみんなから不機嫌そうに見えると言われ本当に不機嫌になってしまいます。そんな中、おさるさんは本当に不機嫌そうにしているゴリラのノーマンに再開します。

 

One wonderful day Jim Panzee woke to discover that nothing was right.
ある素晴らしい日、ジム・パンジーは正しいものは何もないということに目覚めた。

The sun was too bright, the sky was too blue, and the bananas were too sweet.
太陽は明るすぎ、空は青すぎ、バナナは甘すぎました。

 

Jim was confused.
ジムは混乱していた。

“What’s going on?”
“どうしたの?”

 

“Maybe your groupy,” suggested Norman from next door.
「たぶんあなたは不機嫌」隣のドアからノーマンは提案した。

“I’m not grumpy!” Jim insisted.
「私は、不機嫌ではありません!」と、ジムは主張しました。

On his walk he met Marabou.
散歩の途中彼はマラブーに会った。

“Jim’s grumpy,” Norman told Marabou.
「ジムは不機嫌」とノーマンはマラブーに語った。

“Why are you grumpy, Jim?” asked Marabou.
「不機嫌なのはなぜですか、ジム」 マラブーは尋ねた。

“It’s such a wonderful day.”
「とても素晴らしい日です。」

“Grumpy! Me? I’m not grumpy,” said Jim.
「気難しい!私?不機嫌じゃない」とジムは言った。

 

“But look at how you’re standing” Marabou said.
「しかし、あなたが立っている様子を見てください」とマラブーは言った。

“It’s true,” said Norman. “You’re all hunched.”
「本当だ」とノーマンは言った。 「あなたは、全く背中を丸めています。」

So Jim loosened up.
それでジムはほぐれた。

 

Then he ran into Lemur. “Jeme’s grumpy.” Norman told Lemur.
それから彼はキツネザルに走った。 「ジェームズは不機嫌だ。」 ノーマンはキツネザルに語った。

“Why are you grumpy, Jim?” asked Lamar.
「不機嫌なのはなぜですか、ジム」 ラマーに尋ねた。

“It’s such a wonderful day.”
「とても素晴らしい日です。」

“Grumpy! Me? I’m not grumpy,” said Jim.
「気難しい!私?不機嫌じゃない」とジムは言った。

 

“Your eyebrows look grumpy.” said Lemur.
「あなたの眉は不機嫌そうに見える。」 キツネザルは言った。

“It’s true,” said Norman.
「本当だ」とノーマンは言った。

They’re all bunched up.”
それらはまったくよっています。」

So Jim raced his brow.
そこで、ジムは眉をひそめました。

 

Then he tripped over Snake.
それから彼は蛇につまずいた。

“Oh no,” said Norman.
「あらまぁ、」ノーマンは言った。

That’s the last thing you need when you’re feeling so grumpy.”
それはあなたがとても不機嫌に感じているときにおこる最も好ましくないことだ。」

“Grumpy! Me? I’m not grumpy,” said Jim.
「気難しい!私?不機嫌じゃない」とジムは言った。

“Then why that frown?” said Snake.
「じゃあ、なぜ眉をひそめるの?」 スネークは言った。

 

“I think it’s because he tripped over you,”
「彼があなたにつまずいたからだと思う」

Norman whispered to Snake.
ノーマンはスネークにささやいた。

So Jim did on a smile.
それでジムは笑顔になった。

 

Finally, Jim looked happy.
最後に、ジムは幸せそうに見えた。

But he didn’t feel happy inside.
しかし、彼は内側に幸せを感じませんでした。

 

Everyone wanted Jim to enjoy this wonderful day.
誰もがジムにこの素晴らしい一日を楽しんでほしいと思った。

“You should sing with us!” said the birds.
「私たちと一緒に歌うべきです!」 鳥が言った。

Jim didn’t feel like singing.
ジムは歌う気がしませんでした。

 

“You should swing with us!” said the monkeys.
「私たちと一緒にスイングする必要があります!」 猿は言った。

Jim didn’t feel like swinging.
ジムは揺れたくなかった。

“You should roll with us!” said the peacocks.
「私たちと一緒に転がるべきです!」 孔雀が言った。

Jim didn’t feel like strolling.
ジムは転がる気がしませんでした。

 

“You should lie in the grass!”
「草の中に横たわるべきだ!」

“You should stomp you feet!”
「足を踏みつける必要があります!」

“You should take a bath!”
「お風呂に入るべきだ!

And make a splash!”
そしてスプラッシュを作ってください!」

“You should hug someone!”
「誰かを抱きしめるべきだ!」

“You should laugh!”
「笑うべきだ!」

“You should take a nap!”
「昼寝してください!」

 

“You should eat old meat!”
「古い肉を食べるべきだ!」

“Or some honey!”
「またはハニー!」

“You should jump up and down!”
「上下にジャンプする必要があります!」

“You should sit in the sun!”
「あなたは太陽の下で座るべきです!」

“You should dance!”
「踊るべきだ!」

 

But Jim didn’t feel like doing any of that.
しかし、ジムはそのようなことをする気がしませんでした。

“Why are you grumpy, Jim?” asked the others.
「不機嫌なのはなぜですか、ジム」 他の人に尋ねた。

“It’s such a wonderful day.”
「とても素晴らしい日です。」

 

I’m not grumpy!
私は不機嫌ではありません!

shouted Jim as he beat his chest.
彼は胸を打つとジムに叫んだ。

And he stormed off.
そして彼は荒々しく出てった。

 

Jim felt sorry. A little sorry for shouting at everyone but mostly sorry for himself.
ジムは、気の毒に思いました。
誰にでも怒鳴ることを少し残念に思うが、大部分は自分を哀れむ。

“I guess I am grumpy.” Jim said.
「私は不機嫌だと思います。」 ジムは言った。

And just as he was starting to feel really sad.
そしてちょうど彼が本当に悲しく感じ始めていたように。

 

..he came upon Norman. Norman was slumped.
..彼はノーマンに出会いました。 ノーマンは落ち込んでいました。

His eyebrows were bunched up, and he was frowning.
彼の眉は束ねられ、眉をひそめていました。

“What’s the matter? Are you grumpy?” asked Jim.
「問題は何ですか?あなたは不機嫌ですか?」 ジムは尋ねた。

 

“No I danced with Porcupine,” said Norman.
「いいえ、ヤマアラシと踊った」とノーマンは言った。

 

“Are you okay?” asked Jim.
“大丈夫ですか?” ジムは尋ねた。

“It hurts, but I’ll probably feel better soon enough.” said Norman.
「痛いが、おそらくすぐに気分が良くなるだろう。」 ノーマンは言った。

“Are you still grumpy?”
「あなたはまだ不機嫌ですか?」

“Yes,” said Jim. “But I’ll probably feel better soon enough, too. For now, I need to be grumpy.”
「はい」ジムは言った。 「しかし、もうすぐ気分が良くなるでしょう。今のところ、不機嫌になる必要があります。

 

“It’s a wonderful day to be grumpy.” said Norman.
「不機嫌になるには素晴らしい日です。」 ノーマンは言った。

Jim agreed.
ジムは同意しました。

And he already felt a little bit better.
そして彼はすでに少し気分が良くなった。







-英語絵本

  オススメ

関連記事

英語絵本「Leonardo the Terrible Monster」

英語絵本「Leonardo the Terrible Monster」泣きたくなる時はあるね

英語絵本「Leonardo the Terrible Monster」の読み聞かせです。作者はピギーとジェラルドでお馴染みのコルデコット受賞作家モー・ウィリアムさん。 今回のお話は、怖がらせることに自 …

小学生向け英語絵本「Just Me and My Babysitter」

小学生向け英語絵本「Just Me and My Babysitter」

小学生向けにとっても読みやすい英語絵本「Just Me and My Babysitter」の読み聞かせです。 アメリカの子育てではベビーシッターがよく利用されるようですが、リトルクリッターたちのおう …

幼児向け英語絵本「Who has these feet」

幼児向け英語絵本「Who has these feet」この足はどの動物かな?

幼児向け英語絵本「Who has these feet」の読み聞かせです。 いろいろな動物たちの足が登場する絵本です。この足を持っているのは誰?の問いかけと共に、足の持ち主や彼らの足がどうしてそうなっ …

英語絵本「The doorbell rang」

英語絵本「The doorbell rang」おやつタイムに鳴るドアベル

英語絵本「The doorbell rang」の読み聞かせです。おやつタイムにお母さんの作ったクッキーは、おばあちゃんの作るおいしいクッキーのような仕上がり。たっぷりの量を二人で分け合おうとした瞬間、 …

英語絵本「Alphabet Trucks」

英語絵本「Alphabet Trucks」AからZまでいろいろな種類のトラック

英語絵本「Alphabet Trucks」の読み聞かせです。AからZまでいろいろな種類のトラックが登場します。 荷物を持ち上げるものや、つかみ上げるもの、いろいろなものを運搬したりお掃除したりするトラ …