子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

小学生英語

英会話スクールで習った現在完了形「have+過去分詞」の復習を動画でおさらい

投稿日:

子供英会話スクール

英会話スクールの帰り道、子供に「どんなことしたの?」とたずねてみると、
「have+ 過去分詞」、現在完了形のローププレイを行ったようです。

現在完了は、「過去からずーっと現在までを表現するもの」ということや、過去形は「過去のある時点」を表しているという意味の違いも含めた学習だったみたいです。

 

現在完了は中学3年くらいで習ったと思うのですが、当時は日本語的な発想で聴いていたので理解しづらいものでした。

日本語にすると前後に来る副詞などによって次の4つの意味が出てきます。

  • 継続 ずっと~し続けている
  • 経験 ~したことがある
  • 完了 ~し終わった
  • 結果 ~した結果~

haveの持つ英語感が分かってくるようになったのは、いろいろな人との会話シーンの中で何度も聴いているうちにでした。

1回や2回では子供にはなかなか理解しづらいと思います。

英会話スクールから帰宅して、先日見つけた映像授業 トライイットを思い出し現在完了形の単元を探しました。

中3英語向けの現在完了形の継続と経験について解説動画が公開されています。

【中3 英語】 現在完了形の意味と使い方(継続)

【中3 英語】 現在完了形の意味と使い方(経験)

 

子供も「Tryさんだ!」とノリノリで視聴。

現在完了と過去形でどう意味が変わってくるかや、期間の表し方についても分かりやすく触れていました。

forやsinceなど後ろにつける(期間)については英会話スクールでも練習していたらしく、よい復習となりました。

 

形を変えて繰り返し同じ内容を見て行けると定着度も高まりそうですね。

現在完了形のコンテンツは他にもいろいろありそうなので、興味を惹きそうな動画をもう少し探してみようと思います。







-小学生英語

  オススメ

関連記事

広島カープに「S」が付かない理由

広島カープに「S」が付かない理由を「新・情報7daysニュースキャスター」でたけしさんが解説していました

プロ野球セ・リーグでは広島カープの優勝が決まりましたが、残るパ・リーグの優勝はおそらくソフトバンクかファイターズ、どちらか気になるところです。 そんなプロ野球から英語に関する話題、昨日の「新・情報7d …

no image

親子で英語の暗唱に取り組むために行なっている方法

小学1年生になるうちの子の通っている学校の英語の授業では、 課題文を暗唱して発表するレシテーションの練習が始まりました。
以前、スーパージュニアスの発表会でスピーチを行ったことがあるので これで2度目の英語の発表になります。このような人前で話すという経験を積み重ねることはとても大切だと思っています。
英語を学ぶ目的は人前で話すことにあるからです。

whileとduringの違い

whileとduringの違い

whileとduring同じような意味なので間違いやすいですね。 子供がwhileの意味を尋ねてきたので調べてみました。   whileもduringも 「~の間」「~している間」といった意 …

エイエイGO

一般動詞に”s”を付けるときと付けないとき

前回、複数形の”s”について子供が間違いやすかった部分、体の部分を表現するときにつける三単元の”s”を取り上げました。 ちょうど、子供といつも観ているE …

中学の英語授業で習熟度別指導を検討しているそうです

中学校の英語の授業で生徒の英語習熟度に合わせてクラスをグループ分けし、 授業を行う方向へ文科省が検討を始めたというニュースです。