子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

小学生英語

英会話スクールで習った現在完了形「have+過去分詞」の復習を動画でおさらい

投稿日:

子供英会話スクール

英会話スクールの帰り道、子供に「どんなことしたの?」とたずねてみると、
「have+ 過去分詞」、現在完了形のローププレイを行ったようです。

現在完了は、「過去からずーっと現在までを表現するもの」ということや、過去形は「過去のある時点」を表しているという意味の違いも含めた学習だったみたいです。

 

現在完了は中学3年くらいで習ったと思うのですが、当時は日本語的な発想で聴いていたので理解しづらいものでした。

日本語にすると前後に来る副詞などによって次の4つの意味が出てきます。

  • 継続 ずっと~し続けている
  • 経験 ~したことがある
  • 完了 ~し終わった
  • 結果 ~した結果~

haveの持つ英語感が分かってくるようになったのは、いろいろな人との会話シーンの中で何度も聴いているうちにでした。

1回や2回では子供にはなかなか理解しづらいと思います。

英会話スクールから帰宅して、先日見つけた映像授業 トライイットを思い出し現在完了形の単元を探しました。

中3英語向けの現在完了形の継続と経験について解説動画が公開されています。

【中3 英語】 現在完了形の意味と使い方(継続)

【中3 英語】 現在完了形の意味と使い方(経験)

 

子供も「Tryさんだ!」とノリノリで視聴。

現在完了と過去形でどう意味が変わってくるかや、期間の表し方についても分かりやすく触れていました。

forやsinceなど後ろにつける(期間)については英会話スクールでも練習していたらしく、よい復習となりました。

 

形を変えて繰り返し同じ内容を見て行けると定着度も高まりそうですね。

現在完了形のコンテンツは他にもいろいろありそうなので、興味を惹きそうな動画をもう少し探してみようと思います。







-小学生英語

  オススメ

関連記事

自己紹介を英語で言えるようになる「キクタン」の小学生版

アルクからでている「キクタン」シリーズに小学生版が登場しています。 小学校英語の副教材「英語ノート」の中から、自分のことを英語で話せるようになるというコンセプトで英単語をセレクトしてあります。 自分の …

小学校の英語授業、就学前から学んでいる子供にとってはちょっと複雑

公立の小学校ではすでに5,6年生から英語の授業を年間35時間行っているようですが、まもなく学年を繰り下げて小学3年生から英語の授業がスタートすることになりました。 そんな流れを受けて、巷ではすでに小学 …

クリスマス発表会の英語劇

クリスマス発表会に向けて英語劇のセリフ練習

子供の通う英会話スクールでは子供たちのクリスマス発表会に向けて英語劇の練習に取り組んでいます。英語劇に使う衣装や背景などを入れた練習もあったようで、なかなか本格的な様子です。 こちらの英会話スクールで …

中学の英語授業で習熟度別指導を検討しているそうです

中学校の英語の授業で生徒の英語習熟度に合わせてクラスをグループ分けし、 授業を行う方向へ文科省が検討を始めたというニュースです。  

no image

日本を目指す外国人

子供とテレビを見ていたらパリに住む日本好きのフランス人が出ていました。 何人か日本語がペラペラのフランス人が出ていたのですが、そのうち1人が特に印象的でした。