英語絵本「Froggy's Best Babysitter」

英語絵本「Froggy’s Best Babysitter」フロッギーのベビーシッター

英語絵本「Froggy’s Best Babysitter」の読み聞かせ動画をご紹介します。

この絵本は、ジョナサン・ロンドンによって書かれた大人気「Froggy」シリーズ絵本です。物語は、フロッギーの両親が外出するため、彼に新しいベビーシッターを残していくところから始まります。フロッギーは、妹に食事を与えたり、一人でお風呂に入ったりして助けようとしますが、フロッギーだけが台所で大混乱を引き起こし、お風呂の時間をめちゃくちゃな時間に変えてしまいます。

この「Froggy」シリーズ絵本は、子供たちが楽しめるストーリーとキャラクターを通じて、英語の単語やフレーズを自然に学ぶことができます。

例えば、この絵本には、「Froggy tries to help out by feeding his little sister and taking a bath on his own」という文があります。この文から、子供たちは「tries to help out」(助けようとする)、「feeding」(食べさせる)、「little sister」(妹)、「taking a bath」(お風呂に入る)などの英語のフレーズを学ぶことができます。

その他、「“Go to bed or mop the floor!” she said.」という文では、「Go to bed」(寝る)、「mop the floor」(床を拭く)などの英語フレーズも出てきます。

絵本を通して子供たちは、フロッギーが起こす面白い出来事に興味を持ち、英語の学習にも楽しく取り組むことができそうです。

「Froggy’s Best Babysitter」日本語訳

It was Saturday morning and Froggy was hungry.
土曜日の朝、カエルはお腹が空いていました。

He lay in bed and dreamed about French toast sprinkled with sugar-coated flies. Yum!
ベッドに横たわり、砂糖でコーティングしたフライを振りかけたフレンチトーストを夢見た。おいしそう!

Froggy! called his mother.
フロッギー! お母さんが呼びました。

“What?”
なに?

“It’s time to get up, dear! your babysitter’s coming!”
“もう起きる時間よ、あなた!ベビーシッターが来るわよ!”

 

Froggy hopped out of bed and flopped to the kitchen – flop flop flop.
フロッギーはベッドから飛び起きると、キッチンへバタバタと向かいました – バタバタバタバタ。

“But I don’t want a babysitter!” cried Froggy.
「でも、ベビーシッターはいらない!」フロッギーは叫びました。

“I want to come with you!”
“一緒に行きたいの!”

“But it’s our tenth anniversary, dear!
“でも、10歳の記念日なんだよ、君!

We’re spending one night in the city!
一晩だけ街で過ごすんだよ!

Your babysitter will take good care of you.”
ベビーシッターはあなたの面倒をよく見てくれますよ。

“But what if she’s mean?” asked Froggy.
「もし彼女が意地悪だったらどうしよう」とフロッギーは聞きました。

 

Bring-Bring! rang the doorbell.
ピンポーン!ピンポーン!とドアベルが鳴りました。

“Now meet Sandy, your new babysitter.”
さあ、新しいベビーシッターのサンディを紹介します。

“Hi Froggy! What’s up?”
「こんにちは、フロッギーちゃん!元気ですか?」

 

“How come I can’t come with you Mom?”
“どうしてママと一緒に行けないの?”

“I told you dear..” And she hugged Froggy and Pollywogilina goodbye.
“言ったでしょ…” と言って、カエルとポリーウォジリーナを抱きしめて、お別れしました。

 

WAAA! cried Polly as soon as they left.
二人が帰るやいなや、ポリーは「ワァー!」と泣いた。

Sandy picked her up and sang,
サンディは彼女を抱き上げて歌った、

“Rock a bye baby ..”
“ロック・ア・バイ・ベイビー…”

“I think she’s hungry,” said Froggy.
“お腹が空いたんだろう “とフロッギーが言った。

 

and he climbed a stool and – splash! splash! sizzle! mash! –
そして、彼はスツールに登り、-スプラッシュ!スプラッシュ!シズル!マシュ!-

he made polly mashed French toast.
ポリー・マッシュ・フレンチ・トーストを作りました。

“What a mess!” cried Sandy.
「なんてことだ!」とサンディは叫びました。

 

but Froggy ate two pieces – all sprinkled with sugar- coated flies – munch crunch munch…
でも、フロッギーは、2個食べてしまいました……全部、砂糖でコーティングされたハエを振りかけて……ムシャムシャムシャ

then flopped to his room to get dressed – flop flop flop.
そして、服を着るために自分の部屋に飛び込みました。

 

“Rats! said Sandy, when he came back.
“ネズミ!”と帰ってきたサンディが言った。

“My cell phone is dead!”
“携帯が壊れちゃった!”

“Do you have a boyfriend?” asked Froggy.
“ボーイフレンドはいるの?”とフロッギーに聞かれた。

“None of your beeswax!”
“あなたの蜜蝋はありません!”

Froggy handed her a phone…
かえるは彼女に携帯電話を手渡した・・・。

 

and snuck into his parents’ room and listened in on their phone.
そして、両親の部屋に忍び込み、携帯電話を盗聴した。

“Hi, Danny!” said Sandy.
“ハイ、ダニー!”とサンディが言った。

Froggy giggled, and sang, “Sandy and Danny, sitting in a tree KISSING!
カエルは笑いながら、「サンディとダニー、木の上に座ってキスしてる」と歌った!

 

“Get off the phone, now!” streamed Sandy.
サンディが「電話を切れ、今すぐだ!」と叫んだ。

“Oops! said Froggy, laughing like mad.
「おっと!」とかえるは大笑いしました。

 

That afternoon, they leapfrogged all the way to the market – flop flop flop.
その日の午後、二人は市場までずっと跳び跳ねて行きました-跳び跳ねて。

But when they got home, Froggy dropped the bags of groceries – splop!
しかし、家に帰ると、フロッギーは食料品の入った袋を落としてしまいました!

 

So for dinner, they had frozen pizza with leftover fly sauce -munch crunch munch.
そこで夕食は、冷凍ピザにフライソースの残りをかけて、ムシャムシャと食べました。

“Mom lets us have three desserts!” set Froggy.
「ママはデザートを3つも食べさせてくれるんだ!」とフロッギーが言い出しました。

“You can’t have three,” Said Sandy.
サンディは「3つも食べられないわよ」と言った。

“But you can have a triple banana split with chocolate fly sauce !”
「でも、バナナスプリットチョコレートフライソースのトリプルバナナは食べれるよ!」。

“Num-num!”squealed Polly.
「むむむ!」とポリーが叫んだ。

 

FRROOGGYY!
フロッギー!

called Sandy, after dessert.
デザートの後、サンディが呼んだ。

“Wha-a-a-t?”
なになに?

“Art Time!”
“アートタイム!”

Froggy plopped down in front of the TV and said, ” Mom always lots and lots of TV!”
フロッギーはテレビの前に座り込んで、”ママはいつもテレビをたくさん見ているんだよ “と言った。

 

“You can’t watch TV,” said sandy.
“テレビは見れないよ “とサンディが言った。

“But you can make something with clay!”
「でも、粘土で何かを作ることはできるんだ!」。

“Yippie!” said Froggy. And while he made a dinosaur, Polly made blobs.
” イッピー! ” とフロッギーは言った。そして、彼が恐竜を作る間、ポリーは塊を作りました。

She threw some… and ate some… then stuffed one down her diaper.
彼女は少し投げて…少し食べて…そして1つをオムツの中に詰め込みました。

Froggy rolled over laughing and smooshed his dinosaur all across the carpet.
フロッギーは笑いながら転がり、カーペットの上で恐竜をつぶしてしまった。

 

Froggy!
フロッギー!

yelled Sandy.
とサンディは叫んだ。

“Wha-a-a-t?”
なになに?

“bath time!”
“バスタイム!”

“But I don’t want to take a bath!”
“でも、お風呂に入りたくない!”

“Take a bath or clean the carpet!” she said.
“お風呂に入るか、カーペットを掃除するか!”と言われました。

So Froggy took a bath with Polly, splash splash splash.
フロッギーはポリーと一緒にお風呂に入りました。パシャパシャパシャ。

He made a suds wig for Polly and a suds beard for himself.
彼はポリーのために泡のかつらを作り、自分のために泡のひげを作りました。

Froggy! called Sandy.
「フロッギー!」サンディが呼びました。

“What? bedtime!”
「何?寝る時間だ!」

“But I don’t want to go to bed! Mom always lets us stay up till midnight!”
「でも、寝たくない!ママはいつも私たちが真夜中まで起きていてもいいって言ってる!」

“Go to bed or mop the floor!” she said.
「寝るか、床を拭くかだ!」彼女は言いました。

 

So Froggy went to bed. But sandy had to read ten books before he fell asleep – zzzzz.
それでフロッギーは寝ました。でもサンディは10冊の本を読んでから眠りにつきました – zzzzz。

 

Then she stayed up past midnight cleaning the house.
そして彼女は真夜中を過ぎて家の掃除をしました。

And in the morning she woke up to – “WAAA! Froggy!”
朝、彼女は「ワァ!フロッギー!」と目覚めました。

“She’s hungry!” said Froggy.
彼女はお腹が空いてる!」フロッギーが言いました。

“I’ll make french toast!”
「フレンチトーストを作ろう!」

“Er, thanks,Froggy,” said sandy, “but I’ll make it you go play.”
「え、ありがとう、フロッギー」とサンディが言いました。「でも私が作るから遊んでて。」

 

It had rained all night, so Froggy went outside and jumped in the mud -slup slup slup.
一晩中雨が降っていたので、フロッギーは外に出て泥の中に飛び込みました – スルスルスル。

When he saw the taxi, he flopped back inside – flop flop flop – and yelled, “They’re coming!”
タクシーを見たとき、彼は中に戻って飛び跳ねました – フロップフロップフロップ – そして叫びました、「彼らが来る!」

 

“No!” howled Sandy. “You tracked mud all over the carpet!”
「ダメ!」サンディが吠えました。「あなたはカーペットの上に泥を踏み込んだわ!」

“Oops!” cried Froggy, looking more red in the face than green.
「おっと!」フロッギーが叫びました。顔が緑色より赤く見えました。

 

But then like superfrog, he swooped up the red carpet (kept for special guests)
しかし、スーパーフロッグのように、彼は赤いカーペット(特別な客用に保管されている)を掴み上げ、

and flung it out – Floop! – and covered his muddy footprints.
それを外に投げ出し – フループ! – そして彼の泥だらけの足跡を覆い隠しました。

 

And when mom and dad came in, he’s sang,
そして、ママとパパが入ってきたとき、彼は歌いました、

“Happy Anniversary!”
「ハッピーアニバーサリー!」

“Wow!” said mom.
「わあ!」ママが言いました。

“The house looks great!”
「家がすごくキレイだわ!」

“Yes,” said dad.
「そうだね」とパパが言いました。

“this is the best anniversary we’ve ever had!”
「これが今までで一番良い結婚記念日だよ!」

 

“And Sandy’s the best babysitter ever!” said Froggy.
「そしてサンディは最高のベビーシッターだ!」フロッギーが言いました。

“Wonderful!” said Mom.
「素晴らしい!」ママが言いました。

“I hope you can babysit again, real soon!”
「またすぐにベビーシッターしてくれると嬉しいわ!」

 

“Um,” said sandy, waving good-bye.「ええ」とサンディがさよならを振りながら言いました。

“Thanks but I think I’m moving to Australia – real soon.”
「ありがとう、でも私はオーストラリアに引っ越すつもりです – すぐに。」

ディズニー英語システム

0才から4才のお子さまをお持ちの方(マタニティ含む)に「ディズニーの英語システム」無料サンプルをプレゼント中!「見る、聴く、遊ぶ」で家族一緒に楽しめるプログラムです。

「ディズニーの英語システム」無料サンプルプレゼント!