Corduroy

英語絵本の読み聞かせ「Corduroy」世界中で愛されたベストセラー

英語絵本「Corduroy」のご紹介です。世界中で翻訳され、世代を超えて愛されている作品で映画化もされています。ここでは、この作品の簡単なあらすじや文中に出てくる日常の英語表現、さらにおすすめの読み聞かせ動画のご紹介や日本語訳を掲載しています。

あらすじ

「コーデュロイ」は、小さな緑色のオーバーオールを着たクマのぬいぐるみが主人公の心温まる物語です。

デパートで友達を待っていますが、彼のオーバーオールのボタンが一つなく、誰も彼を家に持ち帰ろうとしません。ある夜、コーデュロイは自分のボタンを探しに冒険に出ますが、本当に求めていたのは、愛と友情でした。この絵本は、どんな自分も愛される価値があるというメッセージを子供たちに伝えます。 見どころとしては、コーデュロイの冒険が子供たちの想像力を刺激し、また友情と愛情の大切さを教えてくれる点です。絵もとても暖かく、読む人の心に寄り添う作品になっています。

英語フレーズの解説

次に、英語学習者に役立つフレーズをいくつか選んでみました。

“looked high and low”(あちこち探す)
原文: Corduroy looked high and low for his missing button.
日本語訳: コーデュロイはなくしたボタンをあちこち探しました。

この表現は、物がなくなった時に、あらゆる場所を徹底的に探す様子を表します。日常会話でもよく使われる表現です。

“with all his might”(力いっぱい)
原文: He tried to pull the button off with all his might.
日本語訳: 彼は力いっぱいでボタンを引っ張ろうとしました。

このフレーズは、何かをする際に全力を尽くす様子を示す言い回しです。日常的にも、力の限り頑張る時に用いることができます。

「コーデュロイ」は、英語の学習はもちろん、心温まるストーリーを通じて大切な価値を子供たちに伝えるのに最適な絵本です。親子で一緒に読み進めることで、英語のフレーズを自然に学ぶことができるでしょう。

created by Rinker

読み聞かせ動画のご紹介

日本語訳

Corduroy is a bear who once lived in the toy department of a big store.
コーデュロイは、かつて大きな店のおもちゃ売り場に住んでいたクマだ。

Day after day he waited with all the other animals and dolls for someone to come along and take him home.
毎日毎日、彼は他の動物や人形たちと一緒に、誰かが家に連れて帰ってくれるのを待っていた。

The store was always filled with shoppers buying all sorts of things,
店内はいつも買い物客でいっぱいだった、

but no one ever seemed to want a small bear in green overalls.
しかし、緑色のオーバーオールを着た小さなクマを欲しがる人はいなかった。

Then one morning a little girl stopped and looked straight into Corduroy’s bright eyes.
ある朝、一人の少女が立ち止まり、コーデュロイの輝く目をまっすぐに見つめた。

“Oh mommy,” she said, “look! There’s the very bear I’ve always wanted.”
「ママ、見て!私がずっと欲しかったクマがいるの」。

“Not today, dear,” Her mother sighed. “I’ve spent too much already. Besides, he doesn’t look new.
「お母さんはため息をついた。「今日はダメよ。それに、新品には見えないわ。

He’s lost the button to one of his shoulder straps.”
肩紐のボタンが取れちゃってるのよ」。

Corduroy watched them sadly as they walked away.
コーデュロイは、彼らが立ち去るのを悲しそうに見送った。

“I didn’t know I’d lost a button,” he said to himself.
「ボタンをなくしたなんて知らなかったよ。

“Tonight I’ll go and see if I can find it.”
「今夜、探してみよう。

Late that evening, when all the shoppers had gone and the doors were shut and locked, Corduroy climbed carefully down from his shelf.
その日の夜遅く、買い物客がすべていなくなり、ドアが閉まって鍵がかかると、コーデュロイは慎重に棚から降りた。

and began searching everywhere on the floor for his lost button.
そして、失くしたボタンを探すため、床のあちこちを探し始めた。

Suddenly he felt the floor moving under him!
突然、彼は床が動くのを感じた!

Quite by accident, he had stepped onto an escalator and up he went!
まったく偶然に、彼はエスカレーターに足を踏み入れたのだ!

“Could this be a mountain?” he wondered.
「これは山だろうか?」彼は不思議に思いました。

“I think I’ve always wanted to climb a mountain.”
「ずっと山に登ってみたかったんだ。」

He stepped off the escalator as it reached the next floor, and there before his eyes was a most amazing sight.
次の階に到着するエスカレーターを降りると、目の前には驚くべき光景が広がっていました。

tables and chairs and lamps and sofas, and rows and rows of beds.
テーブルと椅子、ランプとソファ、そして何列にも並んだベッド。

“This must be a palace!” Corduroy gasped. “I guess I have always wanted to live in a palace.”
「ここは宮殿に違いない!」 コーデュロイは息を呑んだ。 「私はずっと宮殿に住みたいと思っていたんです。」

He wandered around admiring the furniture.
彼は家具を眺めながら歩き回った。

“This must be a bed,” he said. “I’ve always wanted to sleep in a bed.”
「これはベッドに違いない」と彼は言った。 「私はいつもベッドで寝たいと思っていました。」

And up he crawled onto a large thick mattress.
そして彼は大きく分厚いマットレスの上に這い上がった。

All at once he saw something small and round.
突然、彼は小さくて丸い何かを見つけました。

“Why, here’s my button!” he cried.
「ほら、ここに私のボタンがあるのよ!」 彼は叫んだ。

And he tried to pick it up. But like all the other buttons on the mattress, it was tied down tight.
そして彼はそれを拾おうとした。 しかし、マットレスの他のすべてのボタンと同様に、それはしっかりと固定されていました。

He yanked and pulled with both paws until pop!
彼は両足でポンと音がするまで引っ張ったりました。

Off came the button – and off the mattress Corduroy toppled,
ボタンが外れ、マットレスからコーデュロイが倒れ、

bang into a tall floor lamp.
高いフロアランプにぶつかる。

Over it fell with a crash!
その上でバタンと落ちた!

Corduroy didn’t know it, but there was someone else awake in the store.
コーデュロイは知りませんでしたが、店内にはもう一人起きている人がいました。

The night watchman was going his rounds on the floor above.
上の階では夜警が見回りをしていた。

When he heard the crash, he came dashing down the escalator.
衝突音を聞くと、彼はエスカレーターをダッシュで降りてきた。

“Now who in the world did that!” he exclaimed. “Somebody must be hiding around here!”
「一体誰がそんなことをしたんだ!」 彼は叫んだ。 「誰かがこの辺に隠れているに違いない!」

He flashed his light under and over sofas and beds until he came to the biggest bed of all.
彼はソファやベッドの下や上でライトを点滅させ、ついには一番大きなベッドにたどり着きました。

And there he saw two fuzzy brown ears sticking up from under the cover.
そしてそこで彼は、カバーの下から突き出ている2つの毛羽立った茶色の耳を見つけました。

“Hello,” he said. “How did you get upstairs?”
「こんにちは」と彼は言いました。 「どうやって二階に上がったんですか?」

The watchman tucked Corduroy under his arm and carried him down the escalator
監視員はコーデュロイを脇の下に押し込み、エスカレーターまで運んでいきました

and set him on the shelf in the toy department with the other animals and dolls.
そして彼を他の動物や人形と一緒におもちゃ売り場の棚に並べました。

Corduroy was just waking up when the first customers came into the store in the morning.
朝、最初の客が店に入ってきたとき、コーデュロイはちょうど目覚めたところだった。

And there, looking at him with a wide, warm smile, was the same little girl he’d seen only the day before.
そしてそこには、満面の温かな笑顔で彼を見つめている、昨日会ったばかりの同じ小さな女の子がいました。

“I’m Lisa,” she said, “and you’re going to be my very own bear.
「私はリサです」と彼女は言いました、「そしてあなたは私だけのクマになるのです。

Last night I counted what I’ve saved in my piggy bank and my mother said I could bring you home.”
昨夜、貯金箱に貯めたお金を数えたら、母があなたを家に連れて帰ってもいいよと言った。」

“Shall I put him in a box for you?” the sales lady asked.
「箱に入れてあげましょうか?」 店員の女性が尋ねた。

“Oh no, thank you,” Lisa answered.
「ああ、いえ、ありがとう」とリサは答えた。

And she carried Corduroy home in her arms.
そして彼女はコーデュロイを腕に抱えて家に持ち帰りました。

She ran all the way up four flights of stairs into her family’s apartment and straight to her own room.
彼女は家族の住むアパートまで階段を4階まで駆け上がり、自分の部屋に直行した。

Corduroy bkinked. There was a chair and a chest of drawers, and alongside a girl-size bed stood a little bed just the right size for him.
コーデュロイは曲がりました。 椅子とタンスがあり、女の子サイズのベッドの横に、彼にちょうどいい大きさの小さなベッドが置かれていました。

The room was small, nothing like that enormous palace in the department store.
部屋は狭く、デパートの巨大な宮殿のようなものではありませんでした。

“This must be home,” he said. “I know I’ve always wanted a home.”
「ここが家に違いない」と彼は言った。 「私はいつも家が欲しかったと知っています。」

Lisa sat down with Corduroy on her lap and began to sew a button on his overalls.
リサはコーデュロイを膝に乗せて座り、オーバーオールのボタンを縫い始めました。

“I like you the way you are,” she said, “but you’ll be more comfortable with your shoulder strap fastened.”
「そのままのあなたが好きです。でも、肩紐を締めたほうが快適ですよ。」と彼女は言いました。

“You must be a friend,” said Corduroy.
「君は友達だね」とコーデュロイは言った。

“I’ve always wanted a friend.”
「私はいつも友達が欲しかった。」

“Me too,” said Lisa, and gave him a big hug.
「私もだよ」リサはそう言って彼を強く抱きしめた。



0才から4才のお子さまをお持ちの方(マタニティ含む)に「ディズニーの英語システム」無料サンプル配布中です。「見る、聴く、遊ぶ」で家族一緒に楽しめるプログラムです。

「ディズニー英語システム」無料サンプルプレゼント!