子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

英語絵本

ハリウッドスターによる英語絵本の読み聞かせ「Clark the Shark」

投稿日:

英語絵本「Clark the Shark」の読み聞かせ、今回はハリウッドスターのクリス・パインさんが朗読している動画です。

クリス・パインさんと言えば、テレビドラマ『ER緊急救命室』でデビューし、映画「スタートレック」ではジェームズ・T・カーク役としても有名な俳優さん。

うちの子供はスタートレックの大ファンということもあり、きっと最後まで飽きずに集中して聴けるだろう・・とチョイスしてみました。

読み聞かせのスピードはすこし流ちょうなところもありますが、ネイティブスピードを経験させるにはちょうど良いかと思います。文章自体はやさしく、必要に応じて先にテキストを読んでおいたり、英語字幕も入れられるので聞き取れればなんとなく意味は分かりそうです。

読み聞かせの絵本は「Clark the Shark」

学校の仲間に馴染もうとするサメのクラークのおはなしです。

サメと言えば凶暴なイメージですが、このお話の中でも’too loud’(騒がしすぎ)で ‘too wild’(粗暴すぎ)な存在として描かれています。

先生からたしなめられ、’the rule is stay cool‘(冷静でいることがルール)と教えられるサメのクラークでした。

クラークは自分なりにライミングに合わせてその場をクールに乗り切る方法を見つけます。

ruleはcool、talkingとwalking、munchとlunchといった具合に韻を踏みながらルールを思い出せるようになりました。

そんな時、学校に新しいクラスメートがやってきます。クラークは自分の身を投げ出し、新しい仲間がみんなに溶け込めるよう一緒に過ごします。

 

In all the wide blue seas, in all the wide blue world,
すべての広い青い海の中で、広い青い世界のすべてにおいて、

the top school for fish was the Theodore Roosterfish Elementary.
魚のトップ学校はセオドラルースターフィッシュ小学校でした。

And of all the fish at Theodore Roosterfish, the biggest and the strongest was Clark the Shark.
そしてセオドラルースターフィッシュ小学校のすべての魚のうち、最も大きくて最も強いのはサメのクラークでした。

 

Clark loved school, and he loved his teacher, Mrs. Inkydink.
クラークは学校が大好きで、彼の先生、インキディンク先生も大好きでした。

He loved to play upsy-downsy and spinna-ma-jig with his friends. Clark loved his life.
彼は彼の友人たちと一緒にアプジダウンジーとスピナマジグが大好きだった。 クラークは彼の人生を愛していた。

“SCHOOL IS AWESOME!” shouted Clark the Shark.
「学校はすばらしい!」サメのクラークは叫んだ。

 

“Less shouting, more reading,” said Mrs. Inkydink.
「あまり叫ぶことはなく、もっと読んでいること」とインキディンク先生は言った。

 

“LUNCHTIME IS SWEEEEET!” yelled Clark the Shark.
「ランチタイムは楽しいです!」 サメのクラークは叫んだ。

“Munch your own lunch,” said his best friend, Joey Mackerel.
「自分のランチを食べろ」彼の親友、ジョーイ・マッケレルは言った。

 

“RECESS ROCKS!” bellowed Clark the Shark.
「へこますぞ!」サメのクラークは怒った。

“You are playing too rough, Clark!” cried the other kids.
「あなたはあまりにも荒れている、クラーク!」他の子供たちは泣いた。

 

Yes, Clark loved his life with all of his sharky heart.
はい、クラークはどんなときもサメのような心で彼の人生を愛していました。

 

But he loved everything way too much.
しかし、彼は好きなようにやりすぎていた。

 

He was too loud. He was too wild.
彼はうるさすぎました。 彼は野生だった。

He was just too much shark for the other fish to handle.
彼は、他の魚が取り扱うにはあまりにサメすぎました。

 

After a while, no one would play with Clark. No one ate lunch with Clark.
しばらくすると、誰もクラークと遊ぶことはできません。 誰もクラークとランチを食べなかった。

 

No one sat with him at circle time. Even his best friend, Joey Mackerel, said,
サークル時に誰も彼と一緒に座っていなかった。 彼の親友であるジョーイ・マッケレルでさえ言った。

“Cool your jets, Clark! You’re making me crazy!”
「あなたの噴出しを冷やしてください、クラーク!
あなたは、私を悩ましています!」

 

One day, Clark asked Mrs. Inkydink, “What’s wrong with everyone?”
ある日クラークは先生に「みんなは何が問題なの?」と尋ねました。

Mrs. Inkydink patted his fin.
インキディンク先生は、彼のひれを軽く叩きました。

 

“Clark, sometimes you play too hard, you munch too hard, and —gosh— you even help too hard.”
「クラーク、時にはあまりにも激しく遊ぶ、あまりにも激しく食べる、そして、ああ、あまりにも激しく助ける。

 

“But life is SO exciting!” said Clark.
「しかし、人生はとても刺激的です!」クラークは言った。

 

“There’s a time and a place for everything,” said Mrs. Inkydink.
「すべてには時間と場所があります」とインキディンク先生は述べた。

“And sometimes the rule is stay cool.”
「時にルールは冷静さを保ちます。」

 

At recess, Clark tried to stay cool, but he pushed the swing with too much zing!
リラックスしたところで、クラークは冷静さを保ちようとしたが、スイングをあまりにも激しく押し込んだ。

 

“Sorry,” said Clark. “I forgot.”
「ごめん」とクラーク。「忘れていた」

“Yikes!” cried Joey Mackerel.
「げっ!」と、サバのジョーイは叫びました。

 

At lunch, Clark tried to stay cool, but everything smelled so good that he munched a bunch of lunches.
昼食の時、クラークは冷静でいようとしましたが、すべてがとても匂いがいいので、ランチをたくさん食べました。

 

“Sorry,” said Clark. “I forgot.” “We’re STARVING!” said his friends.
「ごめん」とクラーク。「忘れていた」
「私たちは餓死する!」と彼の友達たちは言った。

 

In class, Clark tried to stay cool, but a good book got him all shook up.
クラスでは、クラークは冷静さを保とうとしましたが、良い本で彼は震えてしまいました。

“Now, Clark!” said Mrs. Inkydink. “This isn’t the time or the place. Tell me, what’s the rule?”
「今、クラーク!」インキンリンク先生は言った。 「これは時間や場所ではありません。 教えて、ルールは何ですか?」

 

“Stay cool,” said Clark. “Hey, that rhymes!” he cried.
「落ち着くこと」とクラーク。「ねえ、それは韻を踏む!」彼は叫んだ。

 

Then Clark got a big idea in his sharky head.
その後、クラークは彼のシャーキーヘッドで大きなアイデアを得た。

Maybe if I make a rhyme, I’ll remember every time! he thought.
もし私が韻を踏むと、いつでも覚えています! 彼は思った。

 

The next day, he put his plan to work.
翌日、彼は計画を働かせました。

 

In class, when lessons got exciting, Clark wanted to bounce up out of his seat.
クラスでは、レッスンが盛り上がったとき、クラークは彼の座席から飛び跳ねたくなりました。

Instead, he told himself: “When teacher’s talking, don’t go walking.”
代わりに、彼は自分自身に言った: “先生が話しているとき、歩いて行かないでください。

 

And what do you know? It worked!
あなたは何かわかりましたか? 出来た!

 

“Attaboy, Clark!” said Mrs. Inkydink. Clark smiled. “Lessons are fun!”
「うまいわ、クラーク!」 インキンリンク先生は言った。 クラークは微笑んだ。 “レッスンは楽しいです!”

 

At lunch, everything smelled sooo yummy.
昼食時には、すべてがおいしそうな匂いでした。

When Clark wanted to eat and eat and never stop, he told himself: “Only munch your own lunch.”
クラークが食べて食べたいと思って止まらないとき、彼は自分自身に言った。「自分のランチを食べるだけだ」

 

And it worked again! “Way to go, Clark!” said his friends.
そして、それは再び働きました!「いいぞ、クラーク!」彼の友達は言った。

Clark grinned. “Lunch is fun.”
クラークは笑った。 「ランチは楽しいです。」

 

At playtime, Clark told himself: “Easy does it, that’s the way.
遊びの時、クラークは自分自身にこう言った。「ゆっくりやれ!それがやり方だ。

“Then my friends will let me play.”
「そして、私の友人たちが私を遊ばせてくれるだろう」

And playtime was fun. Once more, Clark loved his life.
そして、遊び時間はとっても楽しく、再び、クラークは彼の人生が好きになりました。

 

But then a shadow fell across the playground—
しかし、その後、影が遊び場を横切って落ちました。

a ginormous shadow with tentacles galore.
触手がいっぱいの巨大な影。

 

“It’s a new kid, and he looks scary!” cried Joey Mackerel. “Swim for your lives!”
「それは新しい子供だし、彼は恐ろしく見える!」とサバのジョーイは叫んだ。 “あなたの命のために泳いでください!”

 

The squid squashed the slide, and it snapped off the swings.
イカは滑り台を押しつぶしました、そして、それはブランコを折りました。

“Oops. My bad,” said the new kid.
「おっとっと。悪いことしちゃった」新しい子供は言った。

 

“Wait,” said Clark. “He just wants to play. Let’s find a way!”
「まてよ」とクラーク。「彼はただ遊びたいだけ。一緒に方法を見つけようぜ!」

 

And he swam at the new kid with all his might.
そして、彼は力いっぱい新しい子供と泳ぎました。

Clark played harder than he ever had before— upsy-downsy and spinna-ma-jig.
クラークは以前やったスピナ・マジグのときよりもずっと疲れていた。

Why, he even made up a new game: tail-whump-a-lumpus!
なぜなら、彼は新しいゲームを作り上げた:テール・バンブー・ランカス!

 

“Wow, that was fun,” said the new kid breathlessly, and he settled down.
新しい友達は息をのむように「うわー、楽しいよ」と言って、彼は落ち着いた。

 

“If you want to come to school, you’ve got to stay cool,” said Clark.
「あなたが学校に来たいなら、あなたは落ち着いていなければなりません」とクラークは言いました。

“That’s right, Clark,” said Mrs. Inkydink.
「そのとおり」と先生。

“And thanks for taking care of our new classmate, Sid the Squid.”
「新しい同級生イカのシッドの世話をしてくれてありがとう。」

“Hooray for Clark the Shark!” everyone cheered.
「バンザーイ!サメのクラーク!」みんなは喝采した。

 

That night Clark’s mother asked, “What did you learn at school, dear?”
「あなたは、学校で何を学びましたか?」と、その夜クラークの母は尋ねました。

 

“There’s a time and a place for everything,” Clark said.
「すべてには時間と場所があります」とクラークは言った。

“Sometimes you stay cool.”
「ときに落ち着いて」

“But sometimes a shark’s gotta do what a shark’s gotta do.”
「しかし、時にはサメは、サメのやることをしなければならない。」







-英語絵本

  オススメ

関連記事

英語絵本「Wolfie the bunny 」

英語絵本「Wolfie the bunny 」ウサギの家族に育てられたオオカミのおはなし

英語絵本「Wolfie the bunny 」の読み聞かせです。大抵のお話の中に出てくるオオカミと言えば、悪知恵を働かせて弱いものを襲うイメージですが、この絵本に出てくるオオカミはちょっと違っていまし …

小学生におすすめな英語絵本「Just Grandma and Me」

小学生におすすめな英語絵本「Just Grandma and Me」おばあちゃんと海水浴へお出かけ

小学生におすすめな英語絵本シリーズ、リトル・クリッターから「Just Grandma and Me」おばあちゃんと海水浴へお出かけするおはなし。 子供目線の絵日記みたいな語り口が、ちょうどユニークな英 …

The Dragon Tree

英語絵本の読み聞かせOxford Reading Treeから「The Dragon Tree」

英語絵本の読み聞かせ動画、イギリスの小学生にはお馴染みOxford Reading Tree:Level 5から「The Dragon Tree」のお話です。 前回の「Pirate Adventure …

幼児向け英語絵本The Moon and the Cap

幼児向け英語絵本の読み聞かせ「The Moon and the Cap」

世界中の言語で絵本のオーディオブックを公開しているBookBox.Comより、英語絵本「The Moon and the Cap」の読み聞かせ動画です。 英語を学び始めの幼児(2~4歳)向けに構成され …

英語絵本「My New Friend Is So Fun」

英語絵本「My New Friend Is So Fun」一緒にいて楽しいだけが親友じゃないよね

英語絵本の読み聞かせ、ピギーとジェラルドのシリーズ絵本から「My New Friend Is So Fun」です。 ゾウのジェラルドは子豚のピギーと大の仲良し。でも、ピギーがどこにいるのか見当たりませ …




にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

フォニックスの発音をyoutubeで学習できる子供向け動画まとめ
フォニックスの発音をyoutubeで学習できる子供向け動画まとめ

フォニックスの基本がわかるABCソングのご紹介です。 AB...

子供と自宅学習に使ってきた英語教材
子供と自宅学習に使ってきた英語教材

子供が生まれるとすぐに英語を意識した育児を始めました。 子...

小学生が使う英和辞典おすすめを先輩ママに聞いてみました
小学生が使う英和辞典おすすめを先輩ママに聞いてみました

子供が小学生になるまで英語辞典はOxford Picture D...

英検3級~5級の対策本売上ランキング
英検3級~5級の対策本売上ランキング

英検受験に向けて出題傾向を学習したり、予想問題や過去問、熟語・単...

子供と使える聞き流し英語教材
子供と使える聞き流し英語教材

子供の将来のためにと、幼児期のうちから英語学習を始めているご...