子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

小学生英語

広島カープに「S」が付かない理由を「新・情報7daysニュースキャスター」でたけしさんが解説していました

投稿日:

野球

プロ野球セ・リーグでは広島カープの優勝が決まりましたが、残るパ・リーグの優勝はおそらくソフトバンクかファイターズ、どちらか気になるところです。

そんなプロ野球から英語に関する話題、昨日の「新・情報7daysニュースキャスター」でたけしさんが面白いお話をしていました。

プロ野球全チーム名をずらっと並べるとカープだけ何かが違います。

読売ジャイアンツ
阪神タイガース
中日ドラゴンズ
横浜DeNAベイスターズ
広島東洋カープ
東京ヤクルトスワローズ

オリックス・バファローズ
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
千葉ロッテマリーンズ
埼玉西武ライオンズ
東北楽天ゴールデンイーグルス

広島東洋カープだけ「S」がありませんね?

カープ(Carp)は鯉(コイ)

広島市を流れる太田川は鯉の産地だったことからその名がつけられたそうですが、元々は広島カープス(Carps)と、他のチームと同じように「S」を付けていたそうです。
ですが、後にCarpは単複同形という指摘を受け「カープ」に改めたというお話でした。

鯉

複数でも「S」を付けない英単語

単複同形とは野生で群生している動物とか群れているもののことを表します。carpの他にもfishsheep,deer,salmon,tunaなどが例としてよく取り上げられています。複数前提でイメージできるので「S」を付けないってことなのでしょう。同じお魚でもshark(サメ)とかstingray(アカエイ)は「S」が付くみたいです。

その他、単複同形でおなじみなのがJapanese(日本人)Chinese(中国人)のように-eseで終わる~人の時。こちらは発音しづらいという理由もあるそうです。

もう一つ、外来由来の英語の中にもSが付かないものがあります。
お馴染みのお金 yen (円)にはSがつかないのにdollars(ドル)やeuros(ユーロ)には「S」がつきます。

その他にも、数量や単位を表す語なども単数のまま使われることがあります。hundred, thousand

ただし、用いられ方によっては「S」が付いてもおかしくないこともあります。

hundreds of people 何百人もの人々

広島東洋カープの話しに戻すと、せっかくカープスからカープに改めたのですが、実は単複同形であってもチーム名に使う時には「S」をつけていいというものもあるようです。

イチローの活躍でおなじみになった「マイアミ・マーリンズ」のMarinはマカジキ。日本の「オリックスバファローズ」Buffaloも実は単複同形ですが複数形で通ってます。

カープスとカープではどちらがしっくりとくるでしょうね?







-小学生英語

  オススメ

関連記事

英会話

英会話で印象UP!聞き取れない時の返事について

英語で話しかけられた時、ちょっと聞き取れないことってありますよね。 そんな時、つい「何?」のつもりで What? と聞き返してしまうことあるかもしれません。 日本語だと軽く聞き返す感じに聞こえますが、 …

英会話教室でイースターを楽しむ

子どもの通っている英会話教室ではEaster(イースター)にちなみ、タマゴをスプーンに乗せて運ぶエッグレースや隠したタマゴを探すエッグハントを行なったそうです。 デコレーションパンケーキをみんなで作っ …

no image

英語でご挨拶のちょっとした注意

日本の英語の教科書やテキスト問題などを見ているとたまに違和感を覚えるフレーズを目にすることがあります。
英語を母国語とする人たちに言わせると100年ぐらい前の英語をいまだに使っているとも言いいますよね。
新しい英語の学習指導要領ではその辺のところの修正を期待したいです。今の子供たちが大人になってグローバルな舞台に立った時恥ずかしい思いをしないように、せめてこれからの子どもたちには国際標準の英語を身につけてもらいたいです。
英語を最初に習い初めの定番フレーズは挨拶です。

funとintersting

英会話で「面白い」はinterestingとfunのどっち?

英会話で「面白い!」って相づちを打ちたい時ってありますよね。 英語に表すと下の2通りの言い方があります。 It’s intersting. It’s fun. これ、微妙に面白さが違ってきます。 ただ …

no image

日本を目指す外国人

子供とテレビを見ていたらパリに住む日本好きのフランス人が出ていました。 何人か日本語がペラペラのフランス人が出ていたのですが、そのうち1人が特に印象的でした。