子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

小学生英語

英会話教室に通う割合が最も多いのは小学2年生-Benesse調査

投稿日:2012年12月3日 更新日:

Benesseが幼児から大学生までを持つ保護者を対象に
語学に関するアンケートを行なっています。

調査によると、

「学校とは別に語学の学習をしているか」
という学年別の問いに対し、
小学2年生の「教室に通っている」33.3% 「通信教育をしている」21.2%が最も多く、次いで、小学4年生の「教室に通っている」23.4% 「通信教育をしている」13.1%という割合になっています。

 

小学5年生から学校での英語授業が始まっていますが、家庭での英語教育の高まりを感じる結果です。

ちなみに、幼児では「教室に通っている」9.2% 「通信教育をしている」6.2%です。小学1年生から英語授業が始まればこの割合も大きく変わるかもしれません。

学年別
(出典:RBBTODY)

また85.5%の保護者は「子供の就職に英語が必要」と回答しています。
その4割近くは「仕事で英語を必要としている」というご家庭です。

自身の経験により、語学の必要性を感じているのでしょうか。

今後、ビジネスでもますますグローバル化が進み英語は必須になってくると考えているようです。

 

でもねぇ、島国ですからね・・どうなるでしょう?

みんな英語が話せる時代になるなら、すこし外してスペイン語とか..

子どもと一緒に勉強してみるのも良さそう。







-小学生英語

  オススメ

関連記事

no image

文部科学省が小4以下も英語必修を検討

文部科学省が小学校低学年から英語を必修にする検討を始めたそうです。

広島カープに「S」が付かない理由

広島カープに「S」が付かない理由を「新・情報7daysニュースキャスター」でたけしさんが解説していました

プロ野球セ・リーグでは広島カープの優勝が決まりましたが、残るパ・リーグの優勝はおそらくソフトバンクかファイターズ、どちらか気になるところです。 そんなプロ野球から英語に関する話題、昨日の「新・情報7d …

エイエイGO

一般動詞に”s”を付けるときと付けないとき

前回、複数形の”s”について子供が間違いやすかった部分、体の部分を表現するときにつける三単元の”s”を取り上げました。 ちょうど、子供といつも観ているE …

英語教室

子供の通う英語教室と家庭学習の様子

小学4年になる子供の通っている英会話教室では、毎回授業の前半、予め用意されたQ&Aシートから先生の質問やその受け答えをする時間があります。 Q&Aは50項目ぐらいあり、質問とその受け答 …

no image

英語授業について行ける子、いけない子

現在小学校で行われている小学5,6年生による英語授業。 必修化に向けて先生の準備や指導方法など様々な問題をはらんでいる様ですが、 この先、きっと低学年にも英語の授業が広がっていくのだろうと思います。