子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

小学生英語

英会話教室に通う割合が最も多いのは小学2年生-Benesse調査

投稿日:2012年12月3日 更新日:

Benesseが幼児から大学生までを持つ保護者を対象に
語学に関するアンケートを行なっています。

調査によると、

「学校とは別に語学の学習をしているか」
という学年別の問いに対し、
小学2年生の「教室に通っている」33.3% 「通信教育をしている」21.2%が最も多く、次いで、小学4年生の「教室に通っている」23.4% 「通信教育をしている」13.1%という割合になっています。

 

小学5年生から学校での英語授業が始まっていますが、家庭での英語教育の高まりを感じる結果です。

ちなみに、幼児では「教室に通っている」9.2% 「通信教育をしている」6.2%です。小学1年生から英語授業が始まればこの割合も大きく変わるかもしれません。

学年別
(出典:RBBTODY)

また85.5%の保護者は「子供の就職に英語が必要」と回答しています。
その4割近くは「仕事で英語を必要としている」というご家庭です。

自身の経験により、語学の必要性を感じているのでしょうか。

今後、ビジネスでもますますグローバル化が進み英語は必須になってくると考えているようです。

 

でもねぇ、島国ですからね・・どうなるでしょう?

みんな英語が話せる時代になるなら、すこし外してスペイン語とか..

子どもと一緒に勉強してみるのも良さそう。







-小学生英語

  オススメ

関連記事

no image

文部科学省が小4以下も英語必修を検討

文部科学省が小学校低学年から英語を必修にする検討を始めたそうです。

小学生の子供に過去形と過去分詞の説明

小学生の子供に過去形と過去分詞の説明

小学4年になる息子に「過去形と過去分詞ってどう違うの?」 と訪ねられました。 日記などの文章を書き上げている際、英語辞書で調べていると過去形と過去分詞の記載があり疑問に思ったようです。

arithmetic

英語で算数「2桁×11」が一瞬で答えられる魔法の暗算!

小学5年生になった息子。 家に持ち帰る算数などの宿題も徐々に増え、以前のようにパパっと終わらない内容になっています。 低学年から高学年へと大変な時期かもしれませんね。英語ばかりに構っていられなくなりま …

no image

熊本では小学低学年の英語学習が進んでいるようです

熊本県玉名市教委では、小学1・2年生へ、毎日、授業前や空き時間に英語教育を行う考えがあることを伝えています。

whileとduringの違い

whileとduringの違い

whileとduring同じような意味なので間違いやすいですね。 子供がwhileの意味を尋ねてきたので調べてみました。   whileもduringも 「~の間」「~している間」といった意 …