子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

幼児英語

0歳~幼児からのバイリンガル英語子育て

投稿日:

幼児の頃の記憶でいまだに印象に残っているのが母親の話す英語です。
今で言うプチバイリンガル子育てなのかな。

英語と言っても子供に向かってですから、
「Good night」とか「Thank you」くらいの簡単な声掛けです。
他にも話していたのかもしれません。

完全なバイリンガルという訳ではなく、ほぼ日本語の中でたまに英語を話していた思い出があります。

大阪万博が開かれ大勢外国人が入国していた時期だったからでしょう。
きっとその頃から、幼児期の英語の声掛けって流行っていたのかもしれません。

うちの親も幼児期から身近に英語を聞かせて興味を持ってもらいたかったんでしょうね。

 

バイリンガル英語子育て

 

それで、その英語子育ての効果はというと、たしかにその後早い段階から英語の歌や外国の文化に興味を持ち、その後海外で生活するまでになってしまいましたから効果はあったのかもしれません。

 

そんな私の幼い記憶もあり、当然我が子にも同じように英語の語りかけを少しづつ行なうことになりました。語りかけと言っても、子供に向かってですから簡単な英語です。

 

ですが、こんなときどういうのかな?
と考えてしまう場面もあります。

 

そんな時に参考にしたのが0歳からのバイリンガル子育てのような本です。
こちらはCDが付いているのでお子さんと一緒に聞き流せるのが良いです。
この本では生活の場面に合わせて180表現が収録されています。

日頃から家庭で、手はHand、指はFinger、右、左・・などと、ジェスチャーを交えて親の声で伝えていくと子供って自然に英語でも日本語のように覚えてしまいます。頻出の動詞などもそうですね。

そこから、プレ英会話教室などに進むとスムーズに溶け込めるようになるんだと思います。







-幼児英語

  オススメ

関連記事

no image

子供が英語嫌いにならないために

好き!になってもらわなくてもいいのですが、嫌い!になってしまうと、後々厄介です。こんな時は注意!

no image

0歳から英語を楽しむ3つのコツ

いま、日本社会では英語が第2言語として定着しつつあります。 日常ではまだまだそんなことないように感じますが、企業社会では グローバル化が進み、会議、プレゼン、電話など英語が普通に話せる人と そうでない …

no image

小学校にあがってもネイティブ発音でいてほしい

中学生になってから聞く先生の英語発音は典型的なジャパリッシュ(日本風英語)
片田舎でしたから余計でしょうね。
先生の後についてみんなもそのとおり発音するものだから、
せっかくネイティブ発音で覚えている子も、
いちいち発音を先生に合わせて直してしまいます。

no image

簡単な幼児英語の始め方

幼児と英語学習を始めるにあたって、一番大切なことは
親と子どもが負担のかからない方法で長続きさせることだと思います。

no image

赤ちゃんはリスニングの天才

幼児は、幅広い音を聞き分ける潜在力に溢れています。
これは言語獲得能力が人生のうちで最も発達している状態です。