子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

幼児英語

子供のうちから英語を書く習慣をつけておいた方がよいってお話

投稿日:

子供が幼児の頃から、プレ学習として七田の英語コースに通っていました。
未就学のうちは親も後ろについていて子供の学習を見守る形です。
授業中どんなことをやっているか一目瞭然なので家庭での取り組みもそれに合わせてスムーズに行うことが出来ました。

ですが、小学校に上がりひとりで英会話スクールに行くようになると進み具合が見えなくなってしまいます。頼りになるのはお迎え時に解説される先生の言葉と、プリントぐらいです。

低学年のスペルミス

昨日の授業では1ヶ月分のテストが有ったようです。結果を見るとまぁ、8割程度はできているのかなといった感じ。ただ、スペルミスで落としているところもあるので大体は理解できているのでしょう。先生も小学3年生くらいならスペルミスは気にしないでOKとのこと。

幼児からずーっと4択で選ぶ感じの英語テストだとこうなってしまいます。

徐々に英単語を書かせる問題も増えてきたので家庭での取り組みが必要になってきました。

七田の英会話でも、英単語はインプットと同時にアウトプットとして英文字書きは家で取り組んでくださいと言われていました。

ですが、今まで単語書きは疎かになってしまっていました。この辺りは後悔です。

もうひとつ、英文を書く際の注意をもらいました。

単語と単語のスペース

英単語と英単語のスペース

子供のライティングをみると英単語が1ブロックになるように書けてないことが多いです。
英文で書いている日記を見ても、スペースの空き方もバラつきがあり広がりすぎていたり狭すぎていたり。

子供にはわからないんでしょうね、客観的に見る部分がまだ育ってないのかもしれません。

「電車の連結も同じスペースで空いてるでしょ?」

こんな感じで話すと納得してくれました。

 

人が文字を見る時って隙間が均等に空いているから、そこの単語に集中できるってことを伝えます。そのためには、単語の一文字のリズムも均等にしなければいけないことも。

このあたりは練習が必要なんでしょうね。

小さいうちからもう少し英語を書く習慣をつけておけばよかったと思います。







-幼児英語

  オススメ

関連記事

no image

子供に英語の語り掛けで注意したいこと

小学生から社会人までが、今までにないくらい英語を学び始めていますね。
現在の日本では英語教育の必要性がテーマになっているようです。
まわりを海に囲まれ外国語に触れる機会の少ない日本で暮らしていると英語を身につけるのはなかなか難しいものです。幼児期のうちから英語の聞き流しを行うなどして耳に慣れさせておくことでその後の英語教育に大きな力になるように思います。
我が家でも子供が0歳の頃から英語の聞き流しを行い、英語の絵本を読み聞かせたりしていましたが、それに加えて、親の話す言葉も大切ではないかという思いで幼児のうちから英語で話しかける取り組みもしてきました。

子供が七田の英語コースに通っていた時の取り組み

七田と言えば右脳教育でフラッシュカードを使った取り組みで有名ですが、 あんな詰め込み式を幼いうちからやっていて大丈夫なの?と思ってしまう方も多いと思います。 ですが、フラッシュカードは覚えるためではな …

子供の英語学習をきっかけに親も一緒に英会話

子供の英語学習をきっかけに親も一緒に英会話

今の子供達が大きくなって社会に出る頃を想像してみると、今以上に英語力は必須スキルになっていることでしょう。 すでにコンビニさえ免税店の看板を掲げて外国人が押し寄せるようになっています。 将来、アルバイ …

no image

子どもの英語教育は何歳から?

小学校の英語を正式教科にとの提言案が政府の教育再生実行会議で了承されたようですね。
現在、小学校の5,6年生で行われている英語の授業はテストや評価のない、英語に親しむといったアクティビティ色の強いものでしたが、今後、国語や算数といった他の教科のようにテストで評価される方向に向かうのでしょうか。
さらに英語授業の学年を引き下げるという話も出ているようです。
本気で取り組むのなら、いっそ私立の小学校のように1年生からでもいいような気もします。
マーケティングリサーチ会社ネオマーケティングによると、
全国の0歳から12歳に英語教育をしている親を対象に、
子供の英語教育について何才から始めるのが良いかとの問に、約75% が
「英語教育を始めるのは小学校入学前が良い」
と答えるアンケート結果が出ています。
内訳は
1位「0歳~3歳」で41.2%
2位「4歳~6歳」34.4%
3位「7歳~8歳」6.2%

リスニング

英語の聞き流し効果を最大限に高めるために

英語の聞き流しを行える音声素材は、有料の教材に限らずインターネットやテレビ・ラジオなどでも気軽に手に入れることができます。以前に比べて無料の英語コンテンツは溢れているように思います。 もちろん、人それ …