子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

幼児英語

英語の数字は幼児のうちから聞き慣らして

投稿日:2013年2月22日 更新日:

英語で数字の数え方は、one, two, three,・・・tenというように、
わりと子供が幼いうちから教えると思います。

それ以上の数字になってくると、何度も繰り返しリスニングを行ったり
言葉遊びなどでシャワーのように聴きこんで行くことで覚えていくのでしょうが、
家では数字はあまり積極的に行なっていませんでした。

まぁ、
いつのまにか覚えるだろうといった感じで放っておいたのですが、
1~100までくらいはそれでもなんとなく言えるようになっていました。

ですが、例えば79の次が80ってパッと出ないんですよね。日本語で数えた時も同じです。

数字って意外と覚えにくいものですね。

聞き流しといっても、CDで数字だけ数えるようなものがあったとしても、
あまりにもつまらなくてきっと聞きません。

こればかりは、お風呂の中で一緒に数えてみたり、
算数を英語でやってみるとか工夫が必要そうです。

最近ではスマホのアプリや、話すペン付きの英語絵本などもありますから、
そういうのを使って覚えるのも良いですね。

しかしそれ以前に、

先日ちょっと驚いたのが小1になるうちの子の日本語の数え方です。

ひとつ、ふたつ、みっつ、よっつ、ごつ・・ごつ?

教えないと、こうなるんですねー

まぁ、法則に従うと、ごつ、ろくつとなりますから考え方は悪くないのですが、
このまま大きくなってそんなこと言ってると笑われちゃいます。

英語でも序数1st,2nd,3rd,4th…のように、数字の後ろにつくst/nd/rd/thがありますが、
これも繰り返し入力して覚えるしかないようです。

なんども聴きこむことで、無意識に音の響きを覚えたり、
目で見て感覚的に記憶に残しておくことが大切かなと思います。

こういうのは幼児のうちからやっておいた方が良いかもしれませんね。







-幼児英語

  オススメ

関連記事

no image

英語のフラッシュカードを子供と取り組んでみての感想

先日、フラッシュカードを取り入れた園へ就職を考えている先生に、フラッシュカードについて質問を受けました。心配されていたのは、詰め込み教育なのでは?というものでした。

no image

子どもの英語教育は何歳から?

小学校の英語を正式教科にとの提言案が政府の教育再生実行会議で了承されたようですね。
現在、小学校の5,6年生で行われている英語の授業はテストや評価のない、英語に親しむといったアクティビティ色の強いものでしたが、今後、国語や算数といった他の教科のようにテストで評価される方向に向かうのでしょうか。
さらに英語授業の学年を引き下げるという話も出ているようです。
本気で取り組むのなら、いっそ私立の小学校のように1年生からでもいいような気もします。
マーケティングリサーチ会社ネオマーケティングによると、
全国の0歳から12歳に英語教育をしている親を対象に、
子供の英語教育について何才から始めるのが良いかとの問に、約75% が
「英語教育を始めるのは小学校入学前が良い」
と答えるアンケート結果が出ています。
内訳は
1位「0歳~3歳」で41.2%
2位「4歳~6歳」34.4%
3位「7歳~8歳」6.2%

嫌がる子供

子供が英語教室を嫌がる時 幼児期からの習い事をスムーズに進めるコツ

子供が2~3歳の幼児期から英語を学ばせるご家庭が増えてきているようですね。幼児向けに英語の早期教育をおこなう教室も以前に比べて増えて来ています。 子供が大きくなる頃には日本国内ではオリンピックも開催さ …

no image

子供に英語の語り掛けで注意したいこと

小学生から社会人までが、今までにないくらい英語を学び始めていますね。
現在の日本では英語教育の必要性がテーマになっているようです。
まわりを海に囲まれ外国語に触れる機会の少ない日本で暮らしていると英語を身につけるのはなかなか難しいものです。幼児期のうちから英語の聞き流しを行うなどして耳に慣れさせておくことでその後の英語教育に大きな力になるように思います。
我が家でも子供が0歳の頃から英語の聞き流しを行い、英語の絵本を読み聞かせたりしていましたが、それに加えて、親の話す言葉も大切ではないかという思いで幼児のうちから英語で話しかける取り組みもしてきました。

no image

胎教で英語好きの赤ちゃんに

日本人の英語学習が多く変わろうとしています。
私立の小学校ではすでに1年生から英語の授業は行われていますが、公立小学校でも5,6年生で英語を習うようになり、一部の地域では前倒しで低学年から授業をスタートさせる動きになってきています。
今後おそらく公立の小学校でも低学年より英語授業を始める流れになるでしょう。
さらに高校ではこの春より授業中の会話は全て英語で行うことが決まっているそうで、大学入試においては「TOEFL(トーフル)」を入試選考に取り入れる動きがあるようです。
他の国に比べ日本に暮らしていると英語は身近ではありませんから、
こうなってくると、幼いうちから子供のそばにいる親の役目は重要になってきますね。
今後生まれてくる子供は日本語とともに英語を身につけておかないと将来大変そうです。