子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

幼児英語

英語の数字は幼児のうちから聞き慣らして

投稿日:2013年2月22日 更新日:

英語で数字の数え方は、one, two, three,・・・tenというように、
わりと子供が幼いうちから教えると思います。

それ以上の数字になってくると、何度も繰り返しリスニングを行ったり
言葉遊びなどでシャワーのように聴きこんで行くことで覚えていくのでしょうが、
家では数字はあまり積極的に行なっていませんでした。

まぁ、
いつのまにか覚えるだろうといった感じで放っておいたのですが、
1~100までくらいはそれでもなんとなく言えるようになっていました。

ですが、例えば79の次が80ってパッと出ないんですよね。日本語で数えた時も同じです。

数字って意外と覚えにくいものですね。

聞き流しといっても、CDで数字だけ数えるようなものがあったとしても、
あまりにもつまらなくてきっと聞きません。

こればかりは、お風呂の中で一緒に数えてみたり、
算数を英語でやってみるとか工夫が必要そうです。

最近ではスマホのアプリや、話すペン付きの英語絵本などもありますから、
そういうのを使って覚えるのも良いですね。

しかしそれ以前に、

先日ちょっと驚いたのが小1になるうちの子の日本語の数え方です。

ひとつ、ふたつ、みっつ、よっつ、ごつ・・ごつ?

教えないと、こうなるんですねー

まぁ、法則に従うと、ごつ、ろくつとなりますから考え方は悪くないのですが、
このまま大きくなってそんなこと言ってると笑われちゃいます。

英語でも序数1st,2nd,3rd,4th…のように、数字の後ろにつくst/nd/rd/thがありますが、
これも繰り返し入力して覚えるしかないようです。

なんども聴きこむことで、無意識に音の響きを覚えたり、
目で見て感覚的に記憶に残しておくことが大切かなと思います。

こういうのは幼児のうちからやっておいた方が良いかもしれませんね。







-幼児英語

  オススメ

関連記事

no image

子どものネイティブ耳を育てる方法

子どもは自然に日本語を身につけます。家族の会話やテレビなど1日じゅう
日本語のシャワーを浴び続けているうちにいつの間にか習得していきますね。

no image

幼児教育のメリット

七田教育で有名な 七田 眞先生の著書「七田家の子育て45のルール」では以下のように
述べています。

no image

胎教で英語好きの赤ちゃんに

日本人の英語学習が多く変わろうとしています。
私立の小学校ではすでに1年生から英語の授業は行われていますが、公立小学校でも5,6年生で英語を習うようになり、一部の地域では前倒しで低学年から授業をスタートさせる動きになってきています。
今後おそらく公立の小学校でも低学年より英語授業を始める流れになるでしょう。
さらに高校ではこの春より授業中の会話は全て英語で行うことが決まっているそうで、大学入試においては「TOEFL(トーフル)」を入試選考に取り入れる動きがあるようです。
他の国に比べ日本に暮らしていると英語は身近ではありませんから、
こうなってくると、幼いうちから子供のそばにいる親の役目は重要になってきますね。
今後生まれてくる子供は日本語とともに英語を身につけておかないと将来大変そうです。

アルファベットの動物文字スタンプ

アルファベットに動物デコレーションのかわいい文字スタンプ

アルファベットで名前を文字入れしたい時や、子供の英文字遊びにもなりそうなかわいらしいアルファベットスタンプを見つけました。 アルファベットひとつひとつにいろいろな動物がデコレーションされた文字スタンプ …

no image

幼児期の英語への取り組み

我が家では子供が年少の頃、七田のリトルバイリンガルに通わせていました。
幼いうちから英語にふれさせたいと言う思いはあったものの
親として効率的な取り組み方がよく分からなかったからです。