子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

幼児英語

英語の聞き流し効果を最大限に高めるために

投稿日:

リビングスピーカー

英語の聞き流しを行える音声素材は、有料の教材に限らずインターネットやテレビ・ラジオなどでも気軽に手に入れることができます。以前に比べて無料の英語コンテンツは溢れているように思います。

もちろん、人それぞれの英語レベルに応じた素材を利用して英語を聞き流すのがベストでしょうが、今では最適なコンテンツを探し出すのもそれほど難しくないでしょう。

うちの子供が幼児期に通っていた「七田チャイルドアカデミー」の英語コースでは、1日90分のかけ流しを家庭での取り組みとして推奨していました。

創始者の七田先生の理論によると、子供たちが親や周囲の友達からかけられる言葉の合計時間数が平均しておよそ90分であったことから、最低でも第二言語を習得するためにはそれぐらいの時間数、母国語以外の言葉を耳にする方が効果的であるということでした。

これは、リスニングだけに頼って英語を習得するということではありません。

このあたりを誤解して、聞き流しは効果がないと批判されている記事を目にすることもありますが、聞き流しは耳を傾けるということではなくて、本当に、聞き流す程度ということです。

教室ではポイントとしてかけ流しCDを聞くときのボリュームはできるだけ小さめでお願いしますという話を聞いていました。

面白いことに、小さければ小さいほど無意識に流れ込みやすいのだそうです。

確かにこれは効果てきめんでした。

毎回もう一つの課題として英語の絵本の暗唱というものがありました。英語の絵本を毎日読んで聞かせ、聞き慣れてきた頃になると今度は一緒に声に出して読むようになり、そのうちページを見ただけでそこに書かれている内容を暗唱できるようにしていく課題です。

幼いうちからじっくり時間をかけ、無理のないよう文書量の少ないものから始めていきます。繰り返して練習することで徐々に長い文章の書かれた絵本でも暗唱できるようになるのですが、この取り組みの背後には日々の聞き流しがとても効果的に働いていました。

遊びの時間や車での移動中などに、取り組み中の英語絵本の読み聞かせCDをかすかな音でかけ流しておくと、所々に聞き覚えのあるフレーズや音が飛び込んできます。

頑張って記憶するのではなくて、自然に記憶に残るストレスのないやり方ですね。

最近、lifehakerで見かけたこちらの記事にもこの自然な記憶法についての研究記事が紹介されていました。
言語を早く習得したいなら「受動的にも」学習しよう:研究結果 | ライフハッカー[日本版] 言語を早く習得したいなら「受動的にも」学習しよう:研究結果 | ライフハッカー[日本版]

この記事の中でも触れていますが、メインの学習をやめてはいけないって書いています。集中的に学んだあと、それを補完するように流すと効果があることが分かってきたという話です。

理想なのは、絵本やちょっとしたストーリー物の本などを、子供と一緒に声に出して読むくらいの集中力で取り組んだ後、時間をかけてかけ流しを行うという感じかもしれませんね。

慣れてくると、子供が習っている同程度レベルのものなら別コンテンツでも良くなってきます。これだけで、びっくりするくらいヒアリング力が高まりますよ。







-幼児英語

  オススメ

関連記事

no image

子どものネイティブ耳を育てる方法

子どもは自然に日本語を身につけます。家族の会話やテレビなど1日じゅう
日本語のシャワーを浴び続けているうちにいつの間にか習得していきますね。

no image

英語のフラッシュカードを子供と取り組んでみての感想

先日、フラッシュカードを取り入れた園へ就職を考えている先生に、フラッシュカードについて質問を受けました。心配されていたのは、詰め込み教育なのでは?というものでした。

no image

胎教で英語好きの赤ちゃんに

日本人の英語学習が多く変わろうとしています。
私立の小学校ではすでに1年生から英語の授業は行われていますが、公立小学校でも5,6年生で英語を習うようになり、一部の地域では前倒しで低学年から授業をスタートさせる動きになってきています。
今後おそらく公立の小学校でも低学年より英語授業を始める流れになるでしょう。
さらに高校ではこの春より授業中の会話は全て英語で行うことが決まっているそうで、大学入試においては「TOEFL(トーフル)」を入試選考に取り入れる動きがあるようです。
他の国に比べ日本に暮らしていると英語は身近ではありませんから、
こうなってくると、幼いうちから子供のそばにいる親の役目は重要になってきますね。
今後生まれてくる子供は日本語とともに英語を身につけておかないと将来大変そうです。

ball

幼児のうちから英語を習わせるのは早すぎる?

国語力がある程度付くようになるのは6歳頃だと言われていますが、その時期には言語習得のクリティカルポイントが過ぎてしまい

no image

幼児教育のメリット

七田教育で有名な 七田 眞先生の著書「七田家の子育て45のルール」では以下のように
述べています。




にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

英語

英検【2017年第1回】の解答チェックと合格点について

英検の一次試験もおわり、気になるのは合格レベルの解答ができている...

子供も楽しめる英語でハロウィンの歌

ハロウィンシーズンになると、欧米の子供向けチャンネルではハロウィ...

英検3級の合格ラインと二次試験の配点

英検の合格発表が行われましたね。今回、英検3級に挑戦した...

子供と自宅学習に使ってきた英語教材

子供が生まれるとすぐに英語を意識した育児を始めました。子...

英語タッチペン・絵じてん2016年の人気ランキング

英語やイラストにタッチペンで触れると英語音声が流れるタイ...