子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

幼児英語

褒めて育てる!に大切なこと

投稿日:2015年7月7日 更新日:

子供が未就学のころ七田チャイルドの英語教室に通っていたのですが、その時の先生の言葉を思い出しました。

小さな目標で達成感を定期的に感じさせることが大切

しばらく忘れていました。

褒めて育てる

幼いうちは日本語でさえ満足に話せるようになるまで数年かかります。英語を理解できるようになるにはそれ以上の努力と継続が必要です。最初は楽しくて日本語と同じように英語を吸収し続けますが、そのうち日常で使う日本語が優位となり、英語の方はお勉強感が増してきます。

もともと子供は英語の目標なんて持っていません。日本で暮らしていると日々の学習の中で見つけていくしかありませんよね。

将来の大きなゴールに近づくためには、毎週の小さな目標設定がとても効果的だと話されていました。

未就学の頃だとこんな感じです。

「今週は大きな声でお返事をしようね」
「今週はお友達にたくさんThnk you言えるようになろう」
「今週はいろんな種類のお天気をいってみよう」

 

小学生くらいになるともう少しレベルを上げてもよさそうですね。学校の授業で習ってるようなことを題材にしてみるのもいいかなと思います。

今だとちょうど星の観測で夏の大三角について学校で学習してるのですが、スペリングのお勉強として「3つの星のスペルを覚えられるかな?」とかいった具合です。タイムリーな話題に関連した課題にしてみるのもよさそうです。

大切なのは小さな目標を設定して達成感を味わうことでしょう。短いスパンで定期的に味わうことが秘訣だそうです。そうすることで子供の自信も深まり、褒めて育てる流れにもなりそうです。







-幼児英語

  オススメ

関連記事

no image

子どもの英語教育は何歳から?

小学校の英語を正式教科にとの提言案が政府の教育再生実行会議で了承されたようですね。
現在、小学校の5,6年生で行われている英語の授業はテストや評価のない、英語に親しむといったアクティビティ色の強いものでしたが、今後、国語や算数といった他の教科のようにテストで評価される方向に向かうのでしょうか。
さらに英語授業の学年を引き下げるという話も出ているようです。
本気で取り組むのなら、いっそ私立の小学校のように1年生からでもいいような気もします。
マーケティングリサーチ会社ネオマーケティングによると、
全国の0歳から12歳に英語教育をしている親を対象に、
子供の英語教育について何才から始めるのが良いかとの問に、約75% が
「英語教育を始めるのは小学校入学前が良い」
と答えるアンケート結果が出ています。
内訳は
1位「0歳~3歳」で41.2%
2位「4歳~6歳」34.4%
3位「7歳~8歳」6.2%

no image

英語の数字は幼児のうちから聞き慣らして

英語で数字の数え方は、one, two, three,・・・tenというように、
わりと子供が幼いうちから教えると思います。

幼児英語

幼児英語を始めよう

小学校英語必修化 公立小学校でも英語の授業が必修化となりました。 グローバル化と言われ続けてもう長いですが、この流れは次の世代においても 同様にますます加速していくことでしょう。 小学生の頃から英語に …

no image

子供が英語嫌いにならないために

好き!になってもらわなくてもいいのですが、嫌い!になってしまうと、後々厄介です。こんな時は注意!

no image

小学校にあがってもネイティブ発音でいてほしい

中学生になってから聞く先生の英語発音は典型的なジャパリッシュ(日本風英語)
片田舎でしたから余計でしょうね。
先生の後についてみんなもそのとおり発音するものだから、
せっかくネイティブ発音で覚えている子も、
いちいち発音を先生に合わせて直してしまいます。




にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ