子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

幼児英語

褒めて育てる!に大切なこと

投稿日:2015年7月7日 更新日:

子供が未就学のころ七田チャイルドの英語教室に通っていたのですが、その時の先生の言葉を思い出しました。

小さな目標で達成感を定期的に感じさせることが大切

しばらく忘れていました。

褒めて育てる

幼いうちは日本語でさえ満足に話せるようになるまで数年かかります。英語を理解できるようになるにはそれ以上の努力と継続が必要です。最初は楽しくて日本語と同じように英語を吸収し続けますが、そのうち日常で使う日本語が優位となり、英語の方はお勉強感が増してきます。

もともと子供は英語の目標なんて持っていません。日本で暮らしていると日々の学習の中で見つけていくしかありませんよね。

将来の大きなゴールに近づくためには、毎週の小さな目標設定がとても効果的だと話されていました。

未就学の頃だとこんな感じです。

「今週は大きな声でお返事をしようね」
「今週はお友達にたくさんThnk you言えるようになろう」
「今週はいろんな種類のお天気をいってみよう」

 

小学生くらいになるともう少しレベルを上げてもよさそうですね。学校の授業で習ってるようなことを題材にしてみるのもいいかなと思います。

今だとちょうど星の観測で夏の大三角について学校で学習してるのですが、スペリングのお勉強として「3つの星のスペルを覚えられるかな?」とかいった具合です。タイムリーな話題に関連した課題にしてみるのもよさそうです。

大切なのは小さな目標を設定して達成感を味わうことでしょう。短いスパンで定期的に味わうことが秘訣だそうです。そうすることで子供の自信も深まり、褒めて育てる流れにもなりそうです。







-幼児英語

  オススメ

関連記事

no image

いつから英語を学ばせる?

0~3歳くらいまでの幼児は、本来成人より広い周波数領域の音を 聞き取ることができます。 しかも、余計なフィルターを通さずダイレクトに脳へ届きます。

no image

胎教で英語好きの赤ちゃんに

日本人の英語学習が多く変わろうとしています。
私立の小学校ではすでに1年生から英語の授業は行われていますが、公立小学校でも5,6年生で英語を習うようになり、一部の地域では前倒しで低学年から授業をスタートさせる動きになってきています。
今後おそらく公立の小学校でも低学年より英語授業を始める流れになるでしょう。
さらに高校ではこの春より授業中の会話は全て英語で行うことが決まっているそうで、大学入試においては「TOEFL(トーフル)」を入試選考に取り入れる動きがあるようです。
他の国に比べ日本に暮らしていると英語は身近ではありませんから、
こうなってくると、幼いうちから子供のそばにいる親の役目は重要になってきますね。
今後生まれてくる子供は日本語とともに英語を身につけておかないと将来大変そうです。

英語子育て

0歳~幼児からのバイリンガル英語子育て

幼児の頃の記憶でいまだに印象に残っているのが母親の話す英語です。 今で言うプチバイリンガル子育てなのかな。 英語と言っても子供に向かってですから、 「Good night」とか「Thank you」く …

no image

英語の数字は幼児のうちから聞き慣らして

英語で数字の数え方は、one, two, three,・・・tenというように、
わりと子供が幼いうちから教えると思います。

no image

スーパープレゼンテーションで「必見!赤ちゃんの脳は外国語をどう学ぶ?」が放映されます

お子さんを英語の得意な子にしたい親は必見のTEDです。 赤ちゃんがどのように最初の言語を習得していくかを研究している科学者パトリシア・クール博士のプレゼンです。 どうしたら「R」「L」の発音を聞き分け …