Walter the Baker by Eric Carle

エリック・カールの英語絵本Walter the Baker

エリック・カールの英語絵本Walter the Bakerとその読み聞かせ動画をご紹介します。『Walter the Baker(ウォルター・ザ・ベーカー)』は、世界的に有名な絵本作家エリック・カールが描く素敵な物語です。

created by Rinker
Simon Spotlight
¥650(2024/06/23 04:39:02時点 Amazon調べ-詳細)

かつて壁に囲まれた小さな町に、ウォルターという名の職人が住んでいました。彼はその地域で最も優れたパン職人であり、その腕前は町の外にも知られていました。エリック・カール特有の鮮やかで彩り豊かなイラストと共に、ウォルターが突如降りかかる試練に立ち向かいながら最終的に「プレッツェル」という新しいパンを発明するまでの、思いがけない冒険と成長の物語を描き出しています。

読者は、この絵本を通じて創造力の重要性や、失敗から学び立ち直る力を育むことの大切さを理解するだけではなく、ウォルターの勇気と創意工夫を見ることで、自分自身の困難にも前向きに取り組むインスピレーションを得ることができるでしょう。

日常的に使えるフレーズとしては、以下の2つが挙げられます。

“early every morning” (毎朝早くに)

– 日常生活においては、「Early every morning, I start my day with a healthy breakfast.(毎朝早く、健康的な朝食で一日をスタートします。)」のように用いると日常のルーチンを説明する際に役立ちます。

“no one could resist” (誰もが抗えない)

– 日常会話での使用例としては、「No one could resist the temptation of the freshly baked cookies.(出来立てのクッキーの誘惑には誰も抗えませんでした。)」のように、抵抗が困難なほどの魅力を表現する表現として使用できます。

この可愛らしくも心温まる物語は、英語学習者にとっても生きた表現を学ぶよい機会となりそうです。パン屋さんでプレッツェルを見つけるのも楽しくなりそうです。

日本語訳

Long ago, in a town encircled by a wall, left Walter the Baker, his wife Anna, and their son, Walter Jr.
遠い昔、壁に囲まれた町に、ベーカーのウォルター、彼の妻アンナ、そして彼らの息子ウォルターJr.が住んでいた。

 

Walter the Baker was known even outside the walls of the town.
ウォルター・ザ・ベーカーは、町の壁の外でも知られていた。

He was the best baker in the whole duchy.
彼は全領地で最も優れたベーカーだった。

Early every morning, while everybody else was still asleep, Walter began baking his breads, rolls, cookies, tarts, and pies.
毎朝早く、他の誰もがまだ眠っている間に、ウォルターはパン、ロールパン、クッキー、タルト、パイを焼き始めた。

 

Anna sold the baked goods in the store.
アンナは店で焼きたてのパンを売っていた。

No one could resist the warm, sweet smells drifting from Walter’s bakery.
ウォルターのベーカリーから漂ってくる暖かく甘い香りには誰もが抗うことができなかった。

People came from near and far.
人々は近くからも遠くからも来ていた。

 

The Duke and Duchess who ruled over the duchy loved Walter’s sweet rolls every morning.
公爵夫妻は領地を治めていたが、毎朝ウォルターの甘いロールパンが大好きだった。

Walter Jr. carried a basket full of warm sweet rolls to the castle where they lived.
ウォルターJr.は温かい甘いロールパンをたくさん入れたバスケットを持って、彼らが住む城へと運んでいた。

 

“Mm,” said the Duchess, spreading quince jelly on her roll, “Ah!”said the Duke, putting honey on his.
「んっ」公爵夫人は彼女のロールパンにキンスギのジャムを広げながら言った。公爵は上にハチミツを乗せて「ああ!」と言った。

And so each day was the same as the day before – until one early morning…
そして、毎日が前日と同じだったが、ある早朝、

 

..when Walter’s cat was chasing a mouse and tipped over the can of milk.
ウォルターの猫がネズミを追いかけて牛乳の缶をひっくり返してしまった。

“What will I do?” cried Walter.
「どうすればいいんだろう?」とウォルターが叫んだ。

“I cannot make sweet rolls without fresh milk!”
「新鮮な牛乳なしで甘いロールパンを作ることはできない!」と彼は言った。

In desperation, Walter grabbed a pitcher of water.
絶望したウォルターは水差しを手に取った。

“I hope nobody will notice the difference,” he said as he poured the water into the flour to make the dough.
「誰も違いに気づかないことを願う」と、彼は生地を作るために水を小麦粉に注ぎながら言った。

 

Now, you and I may not be able to tell the difference between a roll made with water and one made with milk.
今、あなたも私も、水で作ったロールパンと牛乳で作ったものの違いを見分けることはできないかもしれない。

But the Duke and especially the Duchess could tell the difference.
しかし、公爵、特に公爵夫人は違いがわかった。

“Ugh!” cried the Duchess after she took a bite.
公爵夫人は一口食べて「ああ!」と叫んだ。

 

“What is this?” roared the Duke.
「これは何だ?」と公爵が怒鳴った。

“Where is Walter the Baker? Bring him here at once!”
「ベーカーのウォルターはどこだ? すぐにここに連れてこい!」と言った。

 

So, Walter was brought before the Duke.
そこで、ウォルターは公爵の前に連れてこられた。

“What do you call this?” raged the Duke.
「これを何と呼ぶのか?」と公爵は怒った。

“This is not a roll. This is a stone!”
「これはロールパンではない。これは石だ!」と言った。

And with that, he threw it at Walter’s feet.
それと同時に、彼はそれをウォルターの足元に投げた。

“I used water instead of milk,” Walter admitted, hanging his head in shame.
「牛乳の代わりに水を使った」とウォルターは恥ずかしそうに頭を垂れて認めた。

“Pack your things and leave this town and my duchy forever!” shouted the Duke. “I never want to see you again!”
「荷物をまとめて、この町と私の領地を永遠に去れ!」と公爵は叫んだ。「二度とあなたを見たくない!」

“My Duke,” pleaded Walter, “This is my home. Where will I go? Please give me one more chance. Please!”
「私の公爵、これは私の家です。どこへ行けばいいのでしょうか? 一度だけもう一度チャンスをください。お願いします!」とウォルターは懇願した。

 

“I must banish you,” said the Duke.
「私はあなたを追放しなければならない」と公爵は言った。

But then he remembered Walter’s good rolls and how much he and the Duchess would miss them.
しかし、彼はウォルターの美味しいロールパンと、彼と公爵夫人がそれをどれほど恋しく思うかを思い出した。

“Well, Walter,” the Duke started to say.
「さて、ウォルター」と公爵は言い始めた。

Then he thought and thought some more.
それから彼は考え続けた。

“You may stay if you can invent a roll through which the rising sun can shine three times. ”
「もし日の出が三回輝けるようなロールパンを発明できれば、あなたは残ることができる。

And to make it more difficult,” he added, “It must be made from one piece of dough,
さらに難しくするために」と彼は付け加えた。「それは一つの生地から作られなければならない。

and most of all, it must taste good.
そして何よりも、それは美味しくなければならない。

Now, go home and bring me such a roll tomorrow morning.”
さあ、帰って明日の朝にそのようなロールパンを持ってきてください。」

Poor Walter, worried and sad, trudged back to his bakery.
哀れなウォルターは、心配と悲しみに満ちてベーカリーに戻っていった。

 

Walter worked all day and into the night.
ウォルターは一日中、そして夜通しで働いた。

He made long rolls, short rolls, round rolls, twisted rolls.
彼は長いロールパン、短いロールパン、丸いロールパン、ねじれたロールパンを作った。

He made thin rolls and he made fat rolls.
彼は薄いロールパンと太いロールパンを作った。

And he worked some more.
そして彼はさらに働いた。

 

Walter beat, pulled, pushed, and pounded the dough.
ウォルターは生地を叩き、引っ張り、押し、そして打ち据えた。

But it was all in vain.
しかし、それはすべて無駄だった。

 

He could not come up with the roll that would please the Duke.
彼は公爵を喜ばせるロールパンを作ることができなかった。

By early morning, Walter had only one long piece of dough left.
早朝になると、ウォルターには一つだけ長い生地が残っていた。

“It’s hopeless!” he cried.
「これは絶望的だ!」と彼は叫んだ。

In a sudden fit of anger, he grabbed the last piece of dough and flung it against the ceiling.
突然の怒りに駆られて、彼は最後の生地の一部を天井に向かって投げつけた。

“Stick there!” he yelled at the dough.
「くっつけ!」と彼はその生地に向かって叫んだ。

But it didn’t. It fell, twisting itself as it dropped down and plopped into a pail of water.
しかし、それはくっつかなかった。それは落ちるときにねじれて、水のバケツにプロッと落ちた。

 

Anna and Walter Jr. were awakened by Walter’s yell and rushed into the bakery just as Walter was about to dump out the water and the twisted piece of dough,
アンナとウォルターJr.はウォルターの叫び声で目を覚まし、ベーカリーに駆け込んできた。ウォルターが水とねじれた生地の一部を捨てようとした瞬間、

“Father, stop!” shouted Walter Jr. “Look!”
「父さん、止めて!」とウォルターJr.が叫んだ。「見て!」

 

And Anna quickly popped the dough into the hot oven.
そしてアンナはすぐに生地を熱いオーブンに入れた。

Soon, it was brown and crisp.
すぐに、それは茶色くてサクサクになった。

She took out the roll and handed it to Walter.
彼女はロールパンを取り出してウォルターに手渡した。

It hadn’t risen very high, but it had three holes.
それはあまり高くは膨らんでいなかったが、三つの穴が開いていた。

 

Walter put the roll into a basket and rushed to the castle to deliver his invention to the Duke and Duchess.
ウォルターはロールパンをバスケットに入れて、その発明を公爵と公爵夫人に届けるために城に駆け込んだ。

And they too saw the morning sun shine through it three times.
そして彼らもまた、朝日がそれを三回通り抜けるのを見た。

Then the Duke and Duchess each took a small bite.
その後、公爵と公爵夫人はそれぞれ一口ずつ食べた。

Walter was afraid to look because he had no idea how it would taste.
ウォルターはどんな味がするのかわからなかったので、見るのが怖かった。

“Well done,” said the Duke.
「よくやった」と公爵は言った。

“Perfect!” exclaimed the Duchess.
「完璧!」と公爵夫人は叫んだ。

Both were glad that Walter would not have to be sent away.
両方とも、ウォルターを追放しなくて済むことを喜んでいた。

 

And Walter too was happy that he could stay.
そして、ウォルターもまた、自分がここにいられることを喜んでいた。

“Now, pray tell us, Walter,” asked the Duke.
「さあ、教えてくれ、ウォルター」と公爵は尋ねた。

“Uh, Yes, pray tell us,” Walter stammered as he tried to come up with a name.
「ええと…、はい、教えてください」とウォルターは名前を考えながらどもった。

“What was that?”
「それは何だったのか?」

“Pretzel,” said the Duke.
「プレッツェル」と公爵は言った。

“Pretzel it shall be from now on,” he declared.
「これからはプレッツェルと呼ばれることになる」と彼は宣言した。

“It shall be sweet rolls in the morning and pretzels in the afternoon,” said the Duchess.
「朝は甘いロールパン、午後はプレッツェル」と公爵夫人は言った。

 

Walter returned to his bakery and spent all day and night making pretzels.
ウォルターはベーカリーに戻り、プレッツェルを作るために一日中、そして一晩中働いた。

The next morning, there were baskets of pretzels outside the store for the whole town to taste.
翌朝、店の外には町中の人々が味わうためのプレッツェルのバスケットが並んでいた。

And a special basket of pretzels for the Duke and Duchess.
そして、公爵と公爵夫人のための特別なプレッツェルのバスケットもあった。

And a cheer went up for Walter, the pretzel maker.
そして、プレッツェル職人のウォルターに向けて歓声が上がった。

The End.
終わり。



0才から4才のお子さまをお持ちの方(マタニティ含む)に「ディズニーの英語システム」無料サンプル配布中です。「見る、聴く、遊ぶ」で家族一緒に楽しめるプログラムです。

「ディズニー英語システム」無料サンプルプレゼント!