子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

小学生英語

小学校の日本語ローマ字表記の宿題

投稿日:

日本語のローマ字表記1

子供の持ちかえってくる宿題、ここ何日かローマ字表記の書き取り問題が出ています。

小学4年の国語プリントですが、ローマ字で書かれた日本語を読んだり、日本語をローマ字に書きだす宿題です。

息子は小さいうちから英単語や絵本読みなどローマ字には慣れてはいるのですが、この日本語のローマ字表記の読み書きには苦戦しているようです。フォニックス読みと、この昔からのローマ字の日本読みは少し違和感を感じるのかもしれません。

 

おねえさんだと→onesan

eの上にこのような (^) 伸ばすマークが入っています。(昔はたしか..横棒でした)

 

「おねえさん」と答えると正解なのですが、息子は「オンサン」としか読めないようで、そのほかyakyuはヤックユー kyusyokuはキュスヨクとなってしまいます。正しくは野球と給食です。英語圏の人もこの日本語表記って読みにくいんじゃないかなーと思います。

 

子供に聞かれて思わず悩んでしまったのがこの問題。
たんい → tani
これであってるのかな?
でもこれでは「たに」とも読めるし..

ちょっと気になったのでググってみましたら、正解はtan’iでした。
nが母音やyの前にある場合はアポストロフィを付けるそうです。

 

ローマ字表記には訓令式とヘボン式があり、小学校で習っているのは訓令式になります。
訓令式だと日本語の音をより正確にあらわすのに都合が良いようです。

訓令式ヘボン式
sishi
tichi
tutsu
じゅzyoju
しょsyosho

 

ヘボン式はパスポートや英語の出版物などに使われている形式で外国人が日本語を読み表しやすい形式になります。海外向けの商品名の表記などはヘボン式を多く見かけます。最近ではこちらの方が馴染みがありますね。

 

それにしても、そのうちどちらかに統一した方が良いようにも思いますが都合の悪いことでもあるのでしょうか?訓令式の発音もなんとなく時代に合ってないような気がします。







-小学生英語

  オススメ

関連記事

fewとlittleの使い方

a few, a littleの使い方とaを付けないと意味が変わるお話し

  英会話スクールの帰り道、今日習ったことを聞いてみるとfewとlittleの使い方についてでした。 fewとlittleはどちらも「少し~」と訳せるのですが(何が)少しなのかで使い分けます …

no image

親子で実践する英語教育のヒント

小学校による英語授業開始を受け、英語教育改革はどんどん進んでいるようです。
東洋経済オンラインでは「英語教育2.0 日本の教育をこう変えよ!」
の中で、「わが子を英語ができるように育てるには」というタイトルで
家庭で実践する英語教育のヒントについて特集しています。

子供の英語教室

近所で人気になっている子供向けの英語教室があったので新年度に向けて新たに教室を変更することにしました。 以前に比べてだいぶ近くなったこともあり、通塾が楽になります。

no image

高校の英語授業で日本語が使われなくなる

英語教育に変化が起こりそうです。
小学校の英語授業が週1で必修化されていますが、この春より高校の英語では授業中の会話をすべて英語でおこなうことになりそうです。

no image

小学1年でうちの子供がやっている英語学習

小学1年生になるうちの子供の学校では、今、英語の授業で自己紹介の暗唱に取り組んでいます。
名前や、年などのほか、自己紹介での定型文や、自分についてなどが発表できるよう少しづつ練習しているようです。

学校でこういうことやってくれると本当に楽です。

家でやっている英語の取り組みは、
とにかくあの手この手で英語に触れさせるというやり方です。