子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

英語絵本

英語絵本「Max the Brave」 恐れを知らない勇敢な子猫のマックス

投稿日:

英語絵本「Max the Brave」の読み聞かせです。

とっても可愛らしい子猫のマックス。でも、本人は自分のことを可愛らしく見られるのが好きではないようです。彼女は恐れを知らない勇敢な子猫であろうとします。
ネズミを追いかけ、いろいろなところを訪ね歩きますが、でも彼女はネズミのことをよく知りませんでした。

 

This is Max.
これはマックス。

Doesn’t Max look sweet?
マックスは可愛らしくないですか?

Max looks so sweet that sometimes people dress him up
with bows.
マックスは時々人々が彼にお行儀よく着飾らせたくなるほど可愛らしく見える。

 

Max does not like being dressed up with bows.
マックスは行儀よく着飾るのは好きでありません。

Because Max is a fearless kitten.
なぜならマックスは恐れを知らない子猫なので。

Max is a brave kitten.
マックスは勇敢な子猫です。

Max is a kitten who chases mice.
マックスはねずみを追う子猫です。

 

Max the Brave just needs to find out what a mouse looks like..
勇敢なマックスは、マウスがどのように見えるかを調べる必要があります。

and then he will chase it.
それから彼はそれを追いかけます。

Maybe Mouse is in there.
たぶんそこにマウスがいます。

Max bravely explores the can.
マックスは勇敢にも缶を探ります。

“Mouse? are you in there?”
「マウス?そこにいるの?」

Hmm, Mouse isn’t here.
うーん、マウスはここにいません。

Oh, hello…
あ、こんにちは…

 

“Are you Mouse?”
「あなたはネズミ?」

“No, I’m fly,” says Fly. “but I just saw Mouse scatter by a moment ago.”
「いいえ、わたしはハエ」とハエは言った。「しかし、私はほんの少し前にマウスが飛びさったのを見たばかりです。」

 

Hmm, maybe this is what Mouse looks like.
うーん、多分これはマウスのように見えます。

“Excuse me, please, but are you Mouse?”
「すみません、でもねずみですか?」

“I’m not Mouse I’m fish,” says Fish.
「私はねずみではありません。魚です」と魚さんは言います。

“But I just saw Mouse dash outside.”
「しかし、私はねずみが外に飛び出すのを見たばかりです」

 

That must be mouse, up in the tree.
その木の上にいるのはねずみに違いありません。

“Excuse me, please, but are you Mouse?”
「すみません、でもねずみですか?」

“We are not Mouse. We are birds,” said the birds.
「私たちはねずみではありません。私たちは鳥です」と鳥は言いました。

“But we did just see Mouse scoot by.”
「しかし、我々はちょうどねずみがそばに突進するのを見ました。」

 

“Excuse me, but would you happen to be mouse?”
「失礼ですが、あなたはネズミになるでしょうか?」

“Eeek, Mouse!?
えーっ ネズミ?

I’m not Mouse. I’m elephant,” said elephant.
私はネズミではありません、ゾウです」とゾウは言った。

“But I did just see Mouse skitter by.”
「しかし、私はちょうどネズミが横滑りするのを見た。」

“Thank you very much,” says Max.
「ありがとうございました」とマックス。

 

“And you?”
「そしてあなたは?」

“Nope…thattaway.”
「いや……その先は」

 

“Hello there. Are you Mouse by any chance?”
「やあ こんにちは。あなたは、もしかしてネズミですか?」

 

“Who, me? No, certainly not.
「だれ、私?いいえ、確かに違います。

I’m Monster!” squeaks Mouse.
私はモンスターです!」ネズミはチューチュー言った。

“But I did just see Mouse asleep over there…
「しかし、私はちょうどネズミが向こうで眠っているのを見た・・

If you’re very quick, you might catch him.”
あなたが非常に速いなら、あなたは彼を捕まえるかもしれません。」

“Thank you very much,” says Max.
「ありがとうございました」とマックス。

 

This must be Mouse.
これは、ねずみでなければなりません。

Ummm, I didn’t know Mouse was so big.
うーん、私はネズミがそれほど大きいということを知りませんでした。

“Ahem, excuse me, Mouse, will you wake up please?
「えへん、すみません、ネズミさん、起きてもらえますか?

 

I am Max the Brave, and I have come to chase you.”
私は勇敢なマックスです。そして私はあなたを追いに来ました。」

 

“Wakey, Wakey, Mouse!” yells Max as he bounces up and down on Monster’s head.
「起きろ、起きろ、ネズミ!」 マックスはモンスターの頭の上で上下に跳ねるように叫んだ。

“I am Max the Brave, and I chase mice!
「私は勇敢なマックスです。」そして私はあなたを追いに来ました。

And I might just eat you up too!”
そして、私もあなたをたいらげるかもしれません!」

 

Hmm, I didn’t know Mouse had such big teeth.
うーん、私はマウスがそのような大きな歯を持っているのを知らなかった。

Gulp!
ごくり!

attchoo!
アチョー!

“Yuck!”
「げっ!」

Max decide that chasing mice is not all it’s cracked up to be.
マックスは、マウスを追いかけるだけではうまくいかないと判断しました。

And anyway, he doesn’t need to be Max the Brave all the time…
とにかく、彼はいつも勇敢なマックスである必要はありません…







-英語絵本

  オススメ

関連記事

英語絵本Dr. Seussの「What Was I Scared Of? 」

英語絵本、ドクタースースから「What Was I Scared Of? 」の読み聞かせです。 英語圏では古くから親しまれているドクタースースの絵本。聞き心地の良い韻が多く含まれた文章が特徴です。 簡 …

英語絵本「Just A Daydream」

英語絵本「Just A Daydream」スーパークリッターのように強くなりたい!

英語絵本「Just A Daydream」の読み聞かせ動画です。いじめっ子にイヤな思いをさせられ、いつか強くなって・・と、空想にふけるリトルクリッター。そんな、ディドリームを思い描くお話です。 bul …

小学生におすすめな英語絵本リトル・クリッター「Me Too!」

小学生におすすめな英語絵本リトル・クリッター「Me Too!」ちいさな妹の口ぐせ

英語絵本リトル・クリッターのシリーズから、「Me Too!」の読み聞かせです。 なんでもお兄ちゃんの真似をしたい年頃の妹。彼女の口癖は「Me too!」ずっと後を付いてきて「私も!」と言って同じことを …

英語絵本「Mouse and Hippo」

英語絵本「Mouse and Hippo」ネズミとカバの楽しい出会い

英語絵本「Mouse and Hippo」の読み聞かせです。 今回の絵本は池で出会ったネズミとカバさんの会話で綴られた楽しいお話です。 会話もシンプルでそんなに難しい単語も出てこないので英語初級者のリ …

英語絵本「I'M SORRY」

英語絵本「I’M SORRY」ごめんなさいの使い道

英語絵本リトルクリッター・シリーズから「I’M SORRY」の読み聞かせです。 「I’M SORRY」ごめんなさいを言う場面がたくさん登場するこの作品、”I&#82 …