子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

小学生英語

アメリカの小学生向けテスト問題(国数社理)に英語でチャレンジ

投稿日:

アメリカの小学生が出題する国数社理のテスト問題がMAG2NEWSに掲載されていました。

このコーナーはアメリカの小学生・シャーロットちゃんが英語問題を出題する人気シリーズのようですね。

アメリカの小学生が出題する国数社理のテストMAG2NEWS

【脳トレ】米国小学3年生のテスト問題で頭をリフレッシュ! – まぐまぐニュース!

小学3年生レベルの問題ということで子供と一緒に挑戦してみました。

問題は英語で書かれていますが、低学年向けなので4,5級レベルで理解できると思います。ただし、単語の持つ広がりを意識する必要がありそうです。

 

算数「時給の計算」では、何を問われているのか読み解く必要がありますが、日本の出題ポイントとは少し違っている点が興味深いです。

理科の「植物と日光」も、leftとdarkの持つ意味の広がりをイメージする必要があります。暗くなったらgo to sleepと早合点してはいけませんね。

国語「品詞の用法」はconjiunctionが分かれば簡単なのですが、初めて見ると想像つかないかもしれません。conは関係、junction交差点とか乗り換えとか、接合でイメージしてみるとなんとなく答えが見えてきます。

理科「伸縮性」に出てくるflexibleは、たまに聞く言葉です。日本では「フレキシブルに働く」のような使われ方をしていますから、融通とか適応力柔軟に..のようなイメージがわくかもしれません。しなやか、すなお、曲げやすい..も合わせて覚えておくと答えが見えてきます。

 

このようなクイズを使って英語に向かえば語彙力が豊かになりそうですね。サイトでは小学1年生から3年生まで20個ほど過去に出題された問題を見ることができます。

英語そのものを学習するだけでなく、英語を使った問題を解いてみるよいトレーニングになりそうです。







-小学生英語

  オススメ

関連記事

no image

小学校英語の取り組み

公立小学校の5,6年生の間で現在行われている英語教育ですが、正式な教科となるようですね。
さらに予想通り低学年からの英語教科導入も検討されるそうです。
今後、外国人教師を現在の倍に増やして小中高の英語教育に力を入れるとしていますが、
既存の先生との問題もいろいろあるようで、ゆとり教育や詰め込み教育の時のようにブレないことを願うばかりです。

ただ、方向的には小学校から基礎的な英語力を身につけさせたいという方針のようなので、
現在低学年のご家庭は、学校とは別に家庭で取り組めることはどんどん進めていっておいても良いのかなと思います。

no image

学校の英語、挨拶から間違ってない?

日本では教科書だけでなく、書店で売られれいる英会話の本の最初も“How are you?”“I’m fine thank you.” ですよね。実際、普段ネイティブの会話ではあまり使われていません。

no image

子供をネイティブに育てるために

壇上に立って発表する機会があれば、幼いうちからやっておくのは良いことだと感じます。

水のことを世界の国々では何と言うでしょう

水のことを世界中で何と呼んでいるか知っていますか? 水は英語で「ウォーター」、これは誰でも知っていますね。 でもその他の言語はちょっと聞き慣れません。 中国語では水のことを「シュイ」、韓国語では「ムル …

no image

熊本では小学低学年の英語学習が進んでいるようです

熊本県玉名市教委では、小学1・2年生へ、毎日、授業前や空き時間に英語教育を行う考えがあることを伝えています。




にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ