子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

小学生英語

電子辞書の小学生向けモデル

投稿日:2015年3月29日 更新日:

小学生に電子辞書というと少し早いような気もしますが、ある程度辞書引きに馴れてきたら持たせるのもありかなと思います。

一度辞書引きに馴れてしまうと子供の知識欲はすごいです。

こうなってくると電子辞書の出番です。

辞書

一度は辞書引きの面倒さを経験したうえで電子辞書の便利さに触れてほしいものですが、最近の電子辞書はモデルの専門化が進んでいます。

学生モデルも小・中・高・受験モデルなどそれぞれをターゲットにさまざまなモデルが発売されているようです。

 

小学生向け電子辞書

小学生向けの電子辞書の代表的な最新モデルはEX-word(エクスワード)シリーズ。

低学年向けモデル「XD-SU2000」と小学生向けモデル「XD-U2800」、「XD-SU2800」があります。

「XD-SU2800」と「XD-U2800」との大きな違いはサブパネルが下部に追加されたこと。

サブパネルにより各操作のアシストやメイン液晶のコンテンツ内の文字に対するミニ辞書の表示、手書き検索に使用することができます。

使い勝手でみるとサブ液晶のある「XD-U2800」タイプのほうが子供の手には使いやすそうです。

 

 

ちなみに、前モデル「XD-N2800」との違いですが、内蔵マイクで自分の発音を録音し、ネイティブ発音と聞き比べできるスピーキング機能が搭載されているかどうかくらいなので価格差によっては「XD-N2800」モデルがお買い得かもしれません。

 

低学年向け「XD-SU2000」

小学校1年生から3年生までの低学年を主な対象にしたモデルがEX-word「XD-SU2000」になります。

低学年向けとして特徴的なのは「あいうえお」順に並んだキーボード配列。小学校で学んだ50音のままなので使い始めから混乱することもありません。

画面に表示されるすべての漢字にはルビ(振り仮名)もつけられています。

 

「キッズクラウン和英辞典」や音楽で英単語を学べる「キクタンキッズ 初級編/中級編/上級編」NHKで放映された英語学習アニメの『リトル・チャロ(全50話)』ひらがな字幕で読みやすくなっているのも特徴です。

収録コンテンツは20コンテンツと2800シリーズの70コンテンツに比べて少なめですが、小学低学年向けに厳選された内容になっています。

国語系:
例解学習国語辞典 第九版
例解学習漢字辞典 第七版
NHK 日本語発音アクセント辞典
例解学習類語辞典
例解学習ことわざ辞典 第二版
小学漢字 1006字の正しい書き方

英語系:
キッズクラウン英和辞典
キッズクラウン和英辞典
リトル・チャロ NY編
キクタンキッズ【初級編】
キクタンキッズ【中級編】
キクタンキッズ【上級編】
英語童謡集

学習:
小学百科大事典 きっずジャポニカ
新ヤマケイポケットガイド 野鳥
新ヤマケイポケットガイド 海水魚
デジタル植物図鑑 日本に生育する野草/草花
デジタル昆虫図鑑 日本に生息する昆虫
聞いて味わう国語名作集
クラシック名曲1000フレーズ
百ます計算

生活・実用:
座ってもできる 立ってもできる ラジオ体操 第1
座ってもできる 立ってもできる ラジオ体操 第2

 

小学校1~3年くらいの低学年にはSU-2000が使い勝手がよさそうですが、中・高学年の1台としてはキーボード配列がパソコンと同じの2800シリーズが将来的にはよいかもしれませんね。







-小学生英語

  オススメ

関連記事

no image

大阪の小学校では小1から英語授業導入のようです

いよいよ公立の小学校でも、小学1年生から英語の授業が始まるようですね。

アルクが「英語日記コンテスト」で子供の日記を募集中

全国の小学生を対象に英語で書かれた日記を募集しているようです。 低学年の部は1~3年生、テーマは My family「私の家族」 高学年の部は4~6年生、テーマはMy dream「将来の夢」 応募方法 …

英語教室

子供の通う英語教室と家庭学習の様子

小学4年になる子供の通っている英会話教室では、毎回授業の前半、予め用意されたQ&Aシートから先生の質問やその受け答えをする時間があります。 Q&Aは50項目ぐらいあり、質問とその受け答 …

no image

小2の英語の宿題は数字のカウントと12ヶ月

小学校に上がってから2度めの夏休みが始まりました。 1年間学校生活をおくって2度めになるとだいぶ慣れているようです。

no image

英語授業について行ける子、いけない子

現在小学校で行われている小学5,6年生による英語授業。 必修化に向けて先生の準備や指導方法など様々な問題をはらんでいる様ですが、 この先、きっと低学年にも英語の授業が広がっていくのだろうと思います。