子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

英語絵本

英語絵本「Ish」上手でなくたっていいじゃない?それっぽさの中に個性は宿ります

投稿日:

英語絵本「Ish」の読み聞かせです。

The Dot(日本語タイトル「てん」)で有名な人気絵本作家ピーター・レイノルズ氏の作品ですが、こちらのIshも「っぽい」というタイトルで日本語版が出版されています。

「Ish」は、BritishやSpanishなどの-ishです。イギリス人やスペイン人と訳されることもありますが、「イギリス風」とか「スペインの」といった感じでなんとなくイメージできますね。

その他にも、foolish(ばかっぽい)とかchildish(子供っぽい)なんて表現もよく聞く言葉です。「Ish」の日本語版タイトルになっている「っぽい」はこのあたりの意味が込められているようです。

普段のネイティブ表現では、時間を表す際の(~ごろ)とか年齢の(~くらい)にも使われることがあります。

例)

He is fiftyish.
彼は50歳くらい。

Let’s meet at 5-ish.
5時ごろに会いましょう。

Ish | Read Aloud Children’s Storybook

絵を描くのが大好きだった少年ラモンは、ある時、兄に絵をバカにされてしまいます。いくら上手に描こうと思ってもなかなかうまく描けないラモンでしたが、妹の「っぽく描けてる」という言葉に救われます。

子どもの想像力を育てたい保護者の方にもおすすめの絵本です。

 

Ramon loved to draw.
ラモンは、絵を描くのが好きでした。

One day, Ramon was drawing a vase of flowers.
ある日、ラモンは花瓶を描いていた。

His brother Leon, leaned over his shoulder.
彼の兄レオンは、彼の肩越しにもたれかかった。

Leon burst out laughing “what is that?” he asked.
レオンは笑って 「これは何?」 と尋ねた。

 

Ramon couldn’t even answer.
ラモンも答えられませんでした。

He just crumpled up the drawing and threw it across the room.
彼はつい絵をくちゃくちゃにして、部屋の向こう側にそれを投げた。

 

Leon’s laughter haunted Ramon.
レオンの笑い声はラモンを悩ました。

He kept trying to make his drawings look “right.”
彼は彼の絵を「正しい」ものに見せようと努力し続けました。

but they never did.
しかしそれらは決してそうならなかった。

 

After many months and many crumpled sheets of paper,
多くの歳月と多くのもみくしゃにされた紙の後、

Ramon put his pencil down.
ラモンは鉛筆を下ろした。

“I’m done.”
「私はこれで終わりです。」

 

Marisol his sister, was whatching him.
彼の妹、マリソルが彼を見ていた。

“What do you want?” he snapped.
「あなたは何がしたい?」と、彼は鋭く言いました。

 

“I was watching you draw,” she said.
「私は、あなたが絵を描くのを見ていました」と、彼女は言いました。

Ramon sneered.
ラモンは冷笑しました。

“I’m not drawing! Go away!”
「私は、絵を描いていません!去ってください!」

Marisol ran away, but not before picking up a crumpled sheet of paper.
マリソルは逃げました。しかしもみくしゃにされた紙を拾う前ではありません。

“Hey! Come back with that!”
「ねえ!それとともに戻ってください!」

Ramon raceed after Marisol,
ラモンはマリソルの後を追いかけ

up the hall and into her room.
ホールを上がり彼女の部屋へ。

 

He was about to yell but fell silent when he saw his sister’s walls..
彼は叫んでいたが、妹の壁を見て静かになった。

He stared at the crumpled gallery.
彼はくちゃくちゃのギャラリーを見つめた。

 

“This is one of my favorites,”
「これは私のお気に入りの一つです」

Marisol said, pointing.
マリソルは指さして言った。

“That was supposed to be a vase of flowers.” Ramon said.
「それは花瓶であるはずだった。」ラモンはいった。

“but it doesn’t look like one.”
「しかしそれはそんな風に見えない」

“Well, it looks vase – ISH!” she exclaimed.
「まあ、それは花瓶っぽく見える!」 彼女は叫んだ。

 

“Vase – ish?”
花瓶..ぽい?

Ramon look closer.
ラモンはもっと近くで見る。

Then he studied all the drawings on Marysol’s walls and began to see them in a whole new way.
その後、彼はメンソルの壁に描かれているすべての絵を見返し、まったく新しい方法でそれらを見るようになりました。

“They do look..ish,” he said.
「それらは見た目が それっぽい」彼は言った。

 

Ramon felt light and energized.
ラモンは光を感じ、活性化した。

Thinking ish-ly allowed his ideas to flow freely.
それっぽくて良い思考は彼のアイデアが自由に流れることを可能にしました。

He began to draw what he felt – loose lines.
彼は自分が感じたことを描くようになります。

Quickly springing out without worry.
悩みもなく素早く噴き出します。

 

Ramon once again drew and drew the world around him.
ラモンは再び描き始め、彼の周りの世界を描いた。

Making an ish drawing felt wonderful.
それっぽい描き方はステキに感じさせる。

 

He fuled his journals..
彼は彼の日誌を広げた..

Tree-ish
木っぽい

house-ish
家っぽい

boat-ish
船っぽい

afternoon-ish
午後っぽい

fish-ish
魚っぽい

sun-ish
太陽っぽい

 

Ramon realized he could draw ish feelings too.
ラモンは彼が感情を引き出すことができることにも気づいた。

peace-ish silly-ish
平和っぽい バカっぽい

excited-ish
興奮ぽい

His ish art inspire ish writing.
彼のそれっぽいアートはそれっぽさに起因する。

He wasn’t sure if he was writing poems, but he knew they were poem-ish.
彼は詩を書いているのかどうかは分からなかったが、詩っぽいことであることは分かっていた。

 

One spring morning.
ある春の朝、

Ramone had a wonderful feeling.
ラモンは素晴らしい気分でした。

It was feeling that even ish words and ish drawings could not capture.
それは、「っぽい」言葉や、「っぽい」絵画では表せない気分でした。

He decided not to capture it.
彼はそれをとらえないことにしました。

Instead, he simply savored it..
代わりに、彼は単にそれを味わった。

 

And Ramon lived ishfully ever after.
そしてラモンはその後ずっと「っぽい」世界にたっぷり浸る生活を送りました。







-英語絵本

  オススメ

関連記事

フォニックス絵本「Cow Takes a Bow」

フォニックス絵本「Cow Takes a Bow」ピエロになったウシさん

フォニックス絵本「Cow Takes a Bow」の読み聞かせです。 フォニックスらしい軽快なライミングで楽しみながら文字と発音が自然と定着していける絵本シリーズUsborne Phonics Rea …

英語絵本「I'm Here」

英語絵本「I’m Here」人との交わりがあまり好きじゃない子どもたちへ

人との交わりがあまり好きじゃない子どもっていますよね? ワイワイ騒がしいのが苦手で、いつも自分に問いかけるのが好きな子ども。 そんな子どもの気持ちをポエムのようにつづった英語絵本「I’m …

英語絵本「Plant the Tiny Seed」

英語絵本「Plant the Tiny Seed」英語の指示で手を動かすシリーズえほん

英語絵本「Plant the Tiny Seed」の読み聞かせです。 前回の「Tap the magic tree」と同じように指示に合わせて手を動かしてページをめくると植物が育っていくえほんです。 …

「Just A Big Storm」

小学生向けの英語絵本「Just A Big Storm」クリッタービルに嵐がやってきた!

リトルクリッターシリーズ英語絵本「A Big Storm」の読み聞かせです。 小学生の日記風につぶやくような語り口で嵐の中家族で過ごす一日を伝えているお話です。 嵐が来るので準備をしたほうがいい..W …

Pumpkin Trouble

ハロウィンのお化けカボチャがとってもゆかいな英語絵本「Pumpkin Trouble」

ハロウィンシーズン前になると、欧米の伝統的なお家では収穫期のかぼちゃ畑に行き、大きくて形の良いかぼちゃを選んでjack-o’-lanternを作るのが過ごし方なんでしょうね。 今回の英語絵 …