子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

英語絵本

幼児向け英語絵本「I DON’T WANT TO BE A FROG」カエル以外のものになりたい

投稿日:

幼児向けにちょうど良さそうな英語絵本「I DON’T WANT TO BE A FROG」の読み聞かせです。

カエル以外のものになりたいと、カエルさんI want to be a ~を繰り返しています。

ネコやウサギ、ブタにと、Because ~を続けながら理由も語っています。

英語教室や英検の面接などで、将来なりたいものとその理由を人に伝えるときなどに役立つフレーズですね。

 

I want to be a cat.
私は猫になりたいです。

You can’t be a cat.
あなたは猫になることはできません。

Why not?
どうしてですか?

 

Because you’re a frog.
あなたはカエルだから。

I don’t like being a frog. it’s too wet.
カエルになるのは嫌いです。 濡れすぎです。

Well, you can’t be a cat.
まあ、あなたは猫になることはできません。

 

I want to be a rabbit.
私はウサギになりたいです。

You can’t be a rabbit.
あなたはウサギにはなれません。

Why not? Look, I can hop!
どうしてですか? 見て、私はホップすることができます!

 

Sure, but where your long ears?
確かに、しかし長い耳はどこにありますか?

Besides, what’s wrong with being a frog?
その上、カエルであることの何が問題になっていますか?

I don’t like being a frog. It’s too slimy.
カエルになるのは嫌いです。 薄すぎる。

That may be. But you can’t be a rabbit.
それかもしれません。 しかし、あなたはウサギにはなれません。

 

I want to be a pig.
私は豚になりたいです。

You can’t be a pig.
あなたは豚になることはできません。

Why not?
どうしてですか?

Most of all because you’re a frog.
あなたはカエルだからです。

But also because you don’t have a curly tail or eat garbage.
しかし、あなたはクルンとしたしっぽを持っていないか、ゴミを食べないからです。

I can eat garbage.
ゴミを食べられます。

Everyone says that until they eat garbage. Sorry , you can’t be a pig.
ゴミを食べるまでは誰もが言う。 すみません、豚にはなれません。

 

I want to be an owl.
フクロウになりたいです。

Of course you want to be an owl!
もちろんあなたはフクロウになりたいです!

Being and owl is the greatest thing ever.
フクロウになることはもっともすごいことです。

Boy, would you love being an owl?
ねぇ、フクロウになりたいですか?

So can’t be an owl, then?
それで、フクロウになることはできませんか?

 

No, of course not!
いいえ、もちろん違います。

why not?
どうしてですか?

1. You don’t have wings.
あなたは翼を持っていません。

2. You don’t look wise.
あなたは賢明に見えません。

3. You can’t turn your head all the way around.
あなたは頭を一周することはできません。

4. You are a frog.
あなたはカエルです。

What’s wrong with being a frog anyway?
とにかくカエルであることの何が問題になっていますか?

Too much bug eating.
虫の食べ過ぎ。

I see.
なるほど。

But still, no being an owl for you.
それでもまだ、あなたはフクロウになっていません。

 

Why so glum?
なぜそんなにふさぎ込む

I don’t want to be a frog.
カエルになりたくない。

what do you want to be, then?
それで、あなたは何になりたいですか?

Not a frog. I want to be a cat or a rabbit or a pig or an owl.
カエルじゃない。 私は猫やウサギ、豚やフクロウになりたいです。

something cute and warm.
かわいくて暖かいもの。

I’m gonna let you in on a little secret…
私はちょっとした秘密をあなたに聞かせてやろう…

 

I love eating cats.
私は猫を食べるのが大好きです。

I love eating rabbits and pigs and owls too.
私はウサギと豚とフクロウも食べるのが好きです。

And I’m pretty hungry.
そして私はすごくお腹がすいています。

I might just go gobble some up right now.
私は、まさにたった今いくつかをむさぼり食いに行くかもしれません。

That’s terrible!
それはひどいです!

It’s who I am.
私は誰でしたか。

But guess the one thing I never eat.
でも、私が決して食べない1つのものを推測してください。

 

Badgers?
アナグマ?

Nooo, I eat Badgers. Lots of badgers.
いや、アナグマは食べます。 たくさんのアナグマ。

Frogs? bingo.
カエル? アタリ。

Why don’t you eat frogs?
カエルを食べませんか?

Because they are too wet and slimy and full of bugs.
なぜなら彼らはあまりにも湿っていてぬるぬるしていてそして虫でいっぱいです。

Oh so it’s good to be a frog?
ああ、それならカエルになるのは良いことですか?

 

Yep. I guess you can’t fight nature.
うん。 私はあなたが自然と戦うことはできないと思います。

We are fierce hunter.
私たちは激しい狩人です。

And you are a wet, slimy, bug-eating, very lucky frog.
そして、あなたはぬれた、ぬるぬるした、虫を食べる、非常にラッキーなカエルです。

You should just be happy you’re not a fly.
あなたはハエではないことを幸せに思うべきです。

What’s wrong with being a fly?
ハエであることの何がまずい?







-英語絵本

  オススメ

関連記事

Moongame

英語絵本の読み聞かせ「Moongame 」日本語訳付き

英語絵本フランク・アッシュ作 くまさんのお月さまシリーズ「Moongame 」の読み聞かせ動画です。 日本語絵本のタイトルは「どこへいったの、お月さま 」 かくれんぼ遊びを教えてもらったくまさんは、一 …

英語絵本「Thanksgiving at our House」

英語絵本「Thanksgiving at our House」お家で祝う感謝祭

英語絵本「Thanksgiving at our House」の読み聞かせです。今年の感謝祭は、アメリカでは11月22日の木曜日、カナダでは10月の第2月曜日だったのですでに終わっていますね。 この作 …

ハロウィンの英語絵本「Halloween Candy Crunch!」

ハロウィンの英語絵本「Halloween Candy Crunch!」

ハロウィンの子供達の楽しみはお菓子がいっぱい集まること。この日ばかりはいろんな種類のお菓子やキャンディを食べられるからきっとウキウキなお祭りなんでしょうね。 今回のお話はそんなお菓子に引き寄せられるモ …

英語絵本「Hug This Book!」

幼児向け英語絵本「Hug This Book!」抱きしめたいくらい大好きな本

幼児向けの読み聞かせにぴったりな英語の絵本「Hug This Book!」のご紹介です。 シンプルで繰り返しのある英文で楽しみながら英語に親しめるお話でした。大好きな本をセーターで包んだり、抱きしめた …

英語絵本「Some Bugs」

英語絵本「Some Bugs」虫たちの世界をじっと見てみましょう

英語絵本「Some Bugs」の読み聞かせです。虫たちの世界を通して、いろいろな動きに関する簡単な英単語がいくつか出てきます。 takeのコアイメージは「何かを手にして~の状態にする」ということで、こ …