子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、おすすめ教材などのご紹介。英語絵本の読み聞かせ動画を紹介しながら日本語の翻訳文なども掲載。

英語絵本

幼児向け英語絵本「I DON’T WANT TO BE A FROG」カエル以外のものになりたい

投稿日:

幼児向けにちょうど良さそうな英語絵本「I DON’T WANT TO BE A FROG」の読み聞かせです。

カエル以外のものになりたいと、カエルさんI want to be a ~を繰り返しています。

ネコやウサギ、ブタにと、Because ~を続けながら理由も語っています。

英語教室や英検の面接などで、将来なりたいものとその理由を人に伝えるときなどに役立つフレーズですね。

 

I want to be a cat.
私は猫になりたいです。

You can’t be a cat.
あなたは猫になることはできません。

Why not?
どうしてですか?

 

Because you’re a frog.
あなたはカエルだから。

I don’t like being a frog. it’s too wet.
カエルになるのは嫌いです。 濡れすぎです。

Well, you can’t be a cat.
まあ、あなたは猫になることはできません。

 

I want to be a rabbit.
私はウサギになりたいです。

You can’t be a rabbit.
あなたはウサギにはなれません。

Why not? Look, I can hop!
どうしてですか? 見て、私はホップすることができます!

 

Sure, but where your long ears?
確かに、しかし長い耳はどこにありますか?

Besides, what’s wrong with being a frog?
その上、カエルであることの何が問題になっていますか?

I don’t like being a frog. It’s too slimy.
カエルになるのは嫌いです。 薄すぎる。

That may be. But you can’t be a rabbit.
それかもしれません。 しかし、あなたはウサギにはなれません。

 

I want to be a pig.
私は豚になりたいです。

You can’t be a pig.
あなたは豚になることはできません。

Why not?
どうしてですか?

Most of all because you’re a frog.
あなたはカエルだからです。

But also because you don’t have a curly tail or eat garbage.
しかし、あなたはクルンとしたしっぽを持っていないか、ゴミを食べないからです。

I can eat garbage.
ゴミを食べられます。

Everyone says that until they eat garbage. Sorry , you can’t be a pig.
ゴミを食べるまでは誰もが言う。 すみません、豚にはなれません。

 

I want to be an owl.
フクロウになりたいです。

Of course you want to be an owl!
もちろんあなたはフクロウになりたいです!

Being and owl is the greatest thing ever.
フクロウになることはもっともすごいことです。

Boy, would you love being an owl?
ねぇ、フクロウになりたいですか?

So can’t be an owl, then?
それで、フクロウになることはできませんか?

 

No, of course not!
いいえ、もちろん違います。

why not?
どうしてですか?

1. You don’t have wings.
あなたは翼を持っていません。

2. You don’t look wise.
あなたは賢明に見えません。

3. You can’t turn your head all the way around.
あなたは頭を一周することはできません。

4. You are a frog.
あなたはカエルです。

What’s wrong with being a frog anyway?
とにかくカエルであることの何が問題になっていますか?

Too much bug eating.
虫の食べ過ぎ。

I see.
なるほど。

But still, no being an owl for you.
それでもまだ、あなたはフクロウになっていません。

 

Why so glum?
なぜそんなにふさぎ込む

I don’t want to be a frog.
カエルになりたくない。

what do you want to be, then?
それで、あなたは何になりたいですか?

Not a frog. I want to be a cat or a rabbit or a pig or an owl.
カエルじゃない。 私は猫やウサギ、豚やフクロウになりたいです。

something cute and warm.
かわいくて暖かいもの。

I’m gonna let you in on a little secret…
私はちょっとした秘密をあなたに聞かせてやろう…

 

I love eating cats.
私は猫を食べるのが大好きです。

I love eating rabbits and pigs and owls too.
私はウサギと豚とフクロウも食べるのが好きです。

And I’m pretty hungry.
そして私はすごくお腹がすいています。

I might just go gobble some up right now.
私は、まさにたった今いくつかをむさぼり食いに行くかもしれません。

That’s terrible!
それはひどいです!

It’s who I am.
私は誰でしたか。

But guess the one thing I never eat.
でも、私が決して食べない1つのものを推測してください。

 

Badgers?
アナグマ?

Nooo, I eat Badgers. Lots of badgers.
いや、アナグマは食べます。 たくさんのアナグマ。

Frogs? bingo.
カエル? アタリ。

Why don’t you eat frogs?
カエルを食べませんか?

Because they are too wet and slimy and full of bugs.
なぜなら彼らはあまりにも湿っていてぬるぬるしていてそして虫でいっぱいです。

Oh so it’s good to be a frog?
ああ、それならカエルになるのは良いことですか?

 

Yep. I guess you can’t fight nature.
うん。 私はあなたが自然と戦うことはできないと思います。

We are fierce hunter.
私たちは激しい狩人です。

And you are a wet, slimy, bug-eating, very lucky frog.
そして、あなたはぬれた、ぬるぬるした、虫を食べる、非常にラッキーなカエルです。

You should just be happy you’re not a fly.
あなたはハエではないことを幸せに思うべきです。

What’s wrong with being a fly?
ハエであることの何がまずい?







-英語絵本

  オススメ

関連記事

英語絵本「Cool cars」

英語絵本「Cool cars」みんなの大好きな自動車

英語絵本「Cool cars」の読み聞かせ、乗り物シリーズから自動車についてのお話しです。 身近な乗用車やタクシー、リムジンやレースカーなど子供たちが興味を持つ自動車がいろいろ登場します。車や交通に関 …

英語絵本「I Don't Want to Go to Bed!」

英語絵本「I Don’t Want to Go to Bed!」ベットに入りたくないリトルプリンセスのおはなし

英語絵本読み聞かせ、今回はテレビアニメにもなった世界中で大人気のリトルプリンセスシリーズからの一冊です。 「I Don’t Want to Go to Bed!」は直訳すると「ベットに行き …

英語絵本「Duck at the Door」

英語絵本「Duck at the Door」夜中に家のドアをたたくのは誰?

英語絵本「Duck at the Door」の読み聞かせです。 吹雪の中、群れから離れた一匹のアヒルさんはようやく一軒の家の前にたどり着きます。家の中では暖かそうに暖炉の前でくつろいでる動物たち。 一 …

雪ダルマのつくり方を英語で!「Let's Build a Snowman」

雪ダルマのつくり方を英語で!「Let’s Build a Snowman」

雪ダルマのつくり方をかんたんな英語で楽しめる絵本「Let’s Build a Snowman」の読み聞かせです。 全国的に寒くなり、天気予報もあちこち雪マークがついています。大人はあまり歓 …

英語絵本「Whistle for Willie」

英語絵本「Whistle for Willie」初めて口笛を吹く時

英語絵本「Whistle for Willie」の読み聞かせです。前回の「The Snowy Day」の2作目になります。 主人公のピーターは、あるとき少年が口笛を吹いて飼い犬を呼んでいるのを見かけま …