Pancakes, pancakes

エリック・カールの英語絵本Pancakes, Pancakes!「パンケーキ、パンケーキ」

パンケーキ、パンケーキ (Pancakes, Pancakes!)」は、日本でもすっかりおなじみのエリック・カールが書いたとても魅力的な英語絵本です。

この絵本は、朝食にパンケーキが食べたいと思った男の子が、自分で小麦を収穫し、粉に挽き、牛からミルクを搾り、卵を取り、そしてパンケーキを作るという物語です。

この物語では、食べ物の生産過程を学ぶことができるだけでなく、自分で何かを作ることの大切さを教えてくれます。また、Eric Carlの独特な色使いと、繰り返されるフレーズが、子供たちの興味を引きます。さらに、共同作業の大切さや料理の楽しみを通じて家族の絆が深まる様を描いているのも魅力の一つです。

created by Rinker
¥1,906(2024/06/21 07:37:27時点 Amazon調べ-詳細)

Pancakes, Pancakes!の熟語・イディオム

それでは、英語学習者に向けて、ここからは絵本の中から2つの熟語・イディオムの例文をピックアップし、その使い方について解説していきましょう。

“up and over went the pancake”
このフレーズには、「高く上がってそのままひっくり返る」という動作が表現されています。直訳すると「パンケーキが上へとそして反対側へと行った」となりますが、この英語の表現は何かが滑らかに動いて予定通りにうまくいく様子を描写したい時に使えます。言葉のリズムが動作を視覚化しますね。

例文: When I flipped the omelette, up and over it went, landing perfectly back in the pan.
ふんわりとしたオムレツをひっくり返すと、しっかりとフライパンの中に着地しました。

“Ready! Flip!”
「準備ができたら、ひっくり返す」という言葉は、何かを始める直前の準備を示し、次のアクションへの期待を高めます。日常生活では、ある行動に移る前の合図として使われることが多いです。例文: I held the skateboard at the top of the ramp. “Ready! Flip!” my friend called, and down I went.
スケートボードをランプの上で構えました。「準備! ひっくり返せ!」友人が叫んだと同時に、私は滑り始めました。
その他の熟語

to get up:起きる
to be hungry:お腹が空く
to want:~したい
to gather:集める
to ask:頼む
to go to the mill:粉屋に行く
to take care of:世話をする
to feed:餌をやる
to squeeze:絞る
to be finally ready:ついに準備が整う
to help:手伝う
to be satisfied:満足する

これらのフレーズは、英語の勉強をしている子供たちが日常会話で取り入れやすい楽しい例です。絵本を通じて自然な言語習得を促す一助となれば幸いです。お子さまと一緒に楽しみながら英語学習を進めてみてはいかがでしょうか。

Pancakes, Pancakes!の読み聞かせ動画

日本語訳

Kee-ese-ri-kee
crowed the rooster.
コケコッコー
おんどりが鳴いた。

Jack woke up, looked out the window and thought.
ジャックは目を覚まし、窓の外を見て思った。

“I’d like to have a big pancake for breakfast.”
「朝食に大きなパンケーキが食べたいな。」

Jack’s mother was already up and busy.
ジャックの母親はすでに起きて忙しくしていた。

“Mother,” Jack said, “I’d like to have a big pancake for breakfast.”
「お母さん」とジャックは言った、「朝食に大きなパンケーキが食べたいんだ。」

“I am busy, and you will have to help me,” she said.
「私は忙しいの。あなたも手伝ってくれないといけませんわ」と彼女は言った。

“How can I help?” asked Jack.
「どうやって手伝えばいいの?」とジャックは尋ねた。

“We’ll need some flour,” she replied.
「小麦粉が必要よ」と彼女は答えた。

“Take a sickle and cut as much wheat as the donkey can carry.
「鎌を持って、ロバが運べるだけの小麦を刈り取りなさい。

Then take it to the mill.
それから製粉所に持って行きなさい。

The miller will grind it into flour.”
製粉者がそれを粉に挽いてくれるわ」と彼女は言った。

When Jack had cut enough wheat, he put it on the donkey’s back and took it to the miller.
ジャックが十分な小麦を刈り取ったら、それをロバの背中に載せて製粉者のところへ持って行った。

“Can you grind this wheat for me?” he asked. “I need it for a big pancake.”
「この小麦を挽いていただけますか?」と彼は尋ねた。「大きなパンケーキのために必要なんです。」

“First, we must separate the grain from the chaff,” said the miller.
「まず、穀物をもみ殻から分けなければなりません」と製粉者は言った。

He gave Jack a flail and spread the wheat onto the ground.
彼はジャックに打ち棒を渡し、小麦を地面に広げた。

The miller took another flail and began to beat the wheat with it.
製粉者はもう一つの打ち棒を取り、それで小麦を叩きはじめた。

Jack helped with the threshing, and soon there was a big pile of straw and chaff, and a small pile of grain.
ジャックは脱穀を手伝い、やがて大きなわらともみ殻の山と、小さい穀物の山ができた。

The miller poured the grain on a large flat stone.
製粉者は穀物を大きな平石の上に注ぎ込んだ。

On top of it was a round millstone connected to the water wheel on the outside.
その上には外側の水車に接続された丸い石臼が置かれていた。

The water wheel turned round and round, turning the millstone round too, to grind the grain into flour.
水車はグルグル回り、石臼も同様に回って、穀物を粉に挽いた。

At last the miller handed Jack a bag of flour.
ついに製粉者はジャックに小麦粉の袋を渡した。

“Here’s the flour!” shouted Jack. “Let’s make a pancake!” 「ここに小麦粉がある!」とジャックは叫んだ。「パンケーキを作ろう!」

But his mother said, “Now we need an egg.”
しかし、彼の母は言った。「今度は卵が必要よ。」

Jack went to the black hen and fed her some grain that had slipped into his pocket while he had been threshing.
ジャックは黒いめんどりのところへ行き、脱穀をしていた時にポケットに入ってしまったいくつかの穀物を与えた。

“Clock!” said the black hen and went inside the hen house.
「コケッ!」と黒いめんどりが言って、めんどり小屋の中に入って行った。

Then she said “Clock!” once more and laid an egg.
そしてもう一度「コケッ!」と言って、卵を産んだ。

“Here’s an egg.” shouted Jack. “Let’s make a pancake!”
「ここに卵がある!」とジャックは叫んだ。「パンケーキを作ろう!」

But his mother said. “Now we need some milk.”
しかし、彼の母は言った。「今度は牛乳が必要ね。」

Jack went to the spotted cow and began to milk her.
ジャックは斑点の入った牛のところへ行って、搾乳を始めた。

“Moo, moo,” said the spotted cow as the milk squirted into the pail.
「モー、モー」と斑点の入った牛が言いながら、牛乳がバケツに勢いよく出てきた。

“Here’s the milk,” shouted Jack. “Let’s make a pancake!”
「ここに牛乳がある!」とジャックは叫んだ。「パンケーキを作ろう!」

But his mother said, “We need some butter.”
しかし、彼の母は言った。「バターが必要よ。」

Jack got out the butter churn and held it between his knees.
ジャックはバターをかくはんするための道具を取り出し、膝の間に挟んだ。

His mother scooped the cream from the top of the milk and put it into the butter churn.
彼の母は牛乳の上のクリームをすくい取って、それをかくはん器に入れた。

Jack pushed the churn handle up and down, up and down.
ジャックはかくはん器のハンドルを上下に押し、押し続けた。

Finally, the cream turned into butter.
ついに、クリームはバターに変わった。

“Here’s the butter!” shouted Jack. “Let’s make a pancake!”
「ここにバターがある!」とジャックは叫んだ。「パンケーキを作ろう!」

But his mother said, “We need to build a fire.”
しかし、彼の母は言った。「火をおこさなければならないの。」

Jack went to the woodshed and brought some firewood.
ジャックは薪小屋へ行って薪をいくつか持ってきた。

“Here’s the firewood,” shouted Jack. “Let’s make a pancake!”
「ここに薪がある」とジャックは叫んだ。「パンケーキを作ろう!」

But his mother said, “wouldn’t you like to have something sweet on your pancake?”
しかし、彼の母は言った。「パンケーキの上に何か甘いものをかけたいでしょう?」

So Jack went down to the cool cellar and pulled a jar of strawberry jam from one of the shelves.
そこでジャックは涼しい地下室へ降りて行き、棚の一つからイチゴジャムの瓶を取り出した。

“Here’s the strawberry jam!” shouted Jack. “Let’s make a pancake!”
「ここにイチゴジャムがある!」とジャックは叫んだ。「パンケーキを作ろう!」

In the kitchen, Jack’s mother had filled the table with the flour, the egg, the milk, the butter.
キッチンでは、ジャックの母がテーブルを小麦粉、卵、牛乳、バターで準備していた。

There was also a mixing bowl, a cup, a wooden spoon, a ladle, a frying pan, a plate, a knife, fork and spoon, and a jar of strawberry jam.
また、ミキシングボウル、カップ、木製のスプーン、おたま、フライパン、皿、ナイフ、フォークとスプーン、そしてイチゴジャムの瓶もあった。

And his mother said, “Put a cup of flour into the bowl…
そして彼の母は言った、「ボウルに小麦粉をカップ1杯入れて…

“Break an egg into the flour and stir..”
「小麦粉の中に卵を割り入れてかき混ぜて…」

“Pour a cupful of milk over the flour and eggs and stir again until the batter is smooth and without lumps.”
「小麦粉と卵の上に牛乳をカップ1杯注ぎ、生地が滑らかでダマがなくなるまで再度かき混ぜるのよ」

Jack’s mother heated the frying pan over the fire, and added a piece of butter.
ジャックの母は火の上でフライパンを熱し、そこにバターを一切れ加えた。

The butter melted fast.
バターはすぐに溶けた。

Then she said to Jack, “Now pour a ladleful of batter into the hot pan.”
そして彼女はジャックに言った、「さあ、熱したフライパンにおたまで生地を注ぎなさい」

After a minute or two, she looked at the underside of the pancake. It was golden brown.
1、2分経った後、彼女はパンケーキの裏を見てみた。それはきれいな金色に焼けていた。

“Now watch,” she said, “I’ll turn the pancake over. Ready?” 「見ていてね」と彼女は言った、「パンケーキをひっくり返すわよ。準備はいい?」

“Ready!” shouted Jack. “Flip!” said the mother.
「準備オーケー!」とジャックは叫んだ。「ひっくり返して!」と母は言った。

Up and over went the pancake, high into the air and landed right in the pan.
パンケーキは上に高く舞い上がり、そして見事にフライパンの中に着地した。

In another minute or two, the pancake was crisp on the underside as well.
もう1、2分経つと、パンケーキのもう一方の面もパリパリに焼けた。

Then she slipped the pancake from the frying pan onto the plate and spread some strawberry jam on it.
それから彼女はフライパンからパンケーキを皿に滑らせ、いくらかのイチゴジャムを塗った。

“And now,Jack,”his mother started to say, but Jack said…
「そして今、ジャック…」と彼の母は言いかけたが、ジャックは言った…

“Oh Mama, I know what to do now.”
「ああ、ママ、もう何をすればいいかわかるよ。」

The end. 終わり。



0才から4才のお子さまをお持ちの方(マタニティ含む)に「ディズニーの英語システム」無料サンプル配布中です。「見る、聴く、遊ぶ」で家族一緒に楽しめるプログラムです。

「ディズニー英語システム」無料サンプルプレゼント!