子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

幼児英語

子どもの成長とともに英語の学習方法を変える

投稿日:2012年7月25日 更新日:

前回、前々回と、私が息子を英語教室へ通わせ始めた頃のお話しをしました。

3歳ぐらいになってくると、うちの子もネイティブの先生たちとお話する機会が増えてきたので英語の語彙を増やしていった方が良いかなと感じました。

英語の時間、子どもにとっては何を言っているのかさっぱりなことも多いと思います。

適当な受け答えしか出来ないことになっては意味が無いです。

家で日常会話を英語にする?

とも思ったのですが、どうせ長続きもしないので、以前から気になっていた七田の英語レッスンに通わせることにしました。

週1回通っている英語の託児教室も、親にとっては貴重な自由時間ですから続けたままです。

 

七田の英語レッスン

七田チャイルドアカデミーの特徴は、フラッシュカードで絵と語彙を次から次へインプットさせるものですが、ゲームなどのアクティビティにも時間をとったり、絵本や音楽など、子どもにとっては飽きる間もないといった感じのレッスンです。

教室では小学生未満は親が同席し、子どもは机に向かって椅子にすわった状態で取り組みます。

 

最初は、なかなかじっと座っていられないものですが、後ろからときどきポンポンと手を添えてやると、少しづつ集中していられるようになりました。

プレスクールとして良い時間だったと思います。

 

もう一つ教室に通わせてみて良かったことは、レッスンを一緒に過ごすことで子どもとの英語の取り組み方がいろいろ学べた点です。

レッスンでは毎回発表の時間があり、絵本を一冊暗唱します。

英語の絵本

1ページに2~3行で10ページくらいの絵本なのですが、毎日読み続けていると1週間ぐらいで覚えられるようになります。

子どもってほんとうに凄いです。

発表は成功体験

毎週目標を決めて毎日音読を続け、そして発表。

この流れが英語力をつける一番最短の方法かもしれません。

最初のうち意味なんてわかんなくても構いません。

絵を見てなんとなくわかればそれでOKくらいの気持ちです。

「すごいね!覚えたね」って褒められると、本当に嬉しいみたいです。

発表する相手は先生でなくてもかまいません。

 

ビデオの前で発表をしてDVDに収め、おばあちゃんへ送ったこともあります。

子どもはみんなが喜ぶことがとにかく好きです。

 

家庭での取り組み

七田と同時進行しながら家で取り組んでいたのが、児童英検でした。現在は、英検ジュニアと名称が変更になっています。
【無料おためし】初めての英語学習は英検 Jr.オンライン版。楽しく学べる!

教室で受験をすすめられたのがきっかけでしたが、WEBでも受けられることを知り、児童英検WEB版を選びました。

学習がパソコンでできて、ゲーム感覚なところが良いです。

将来、英検5級を受けさせるのであれば、プレ感覚で、ブロンズ、シルバー、ゴールドと受けてみるのもいいと思います。

立派な賞状ももらえます。

児童英検修了証書







-幼児英語

  オススメ

関連記事

My Best English DVDフォニックス幼児向けオススメ教材

幼児英語のおすすめDVD教材!モーツアルトのBGMで集中力もUP

幼児期の英語学習におすすめな教材をご紹介します。 モーツアルトのBGMがやさしく流れる中でかわいいキャラと一緒に英語が学べるDVDです。 ネイティブの子供向けのDVD教材なのですが、フォニックスに重点 …

子供の英語学習をきっかけに親も一緒に英会話

子供の英語学習をきっかけに親も一緒に英会話

今の子供達が大きくなって社会に出る頃を想像してみると、今以上に英語力は必須スキルになっていることでしょう。 すでにコンビニさえ免税店の看板を掲げて外国人が押し寄せるようになっています。 将来、アルバイ …

幼児英語

幼児英語を始めよう

小学校英語必修化 公立小学校でも英語の授業が必修化となりました。 グローバル化と言われ続けてもう長いですが、この流れは次の世代においても 同様にますます加速していくことでしょう。 小学生の頃から英語に …

嫌がる子供

子供が英語教室を嫌がる時 幼児期からの習い事をスムーズに進めるコツ

子供が2~3歳の幼児期から英語を学ばせるご家庭が増えてきているようですね。幼児向けに英語の早期教育をおこなう教室も以前に比べて増えて来ています。 子供が大きくなる頃には日本国内ではオリンピックも開催さ …

no image

子供に英語は必要でないと感じさせないために

幼児期の間、通っていた七田の英語教室では毎回 授業が終わると親の取り組み方についてのお話がありました。