子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

幼児英語

子どもの成長とともに英語の学習方法を変える

投稿日:2012年7月25日 更新日:

前回、前々回と、私が息子を英語教室へ通わせ始めた頃のお話しをしました。

3歳ぐらいになってくると、うちの子もネイティブの先生たちとお話する機会が増えてきたので英語の語彙を増やしていった方が良いかなと感じました。

英語の時間、子どもにとっては何を言っているのかさっぱりなことも多いと思います。

適当な受け答えしか出来ないことになっては意味が無いです。

家で日常会話を英語にする?

とも思ったのですが、どうせ長続きもしないので、以前から気になっていた七田の英語レッスンに通わせることにしました。

週1回通っている英語の託児教室も、親にとっては貴重な自由時間ですから続けたままです。

 

七田の英語レッスン

七田チャイルドアカデミーの特徴は、フラッシュカードで絵と語彙を次から次へインプットさせるものですが、ゲームなどのアクティビティにも時間をとったり、絵本や音楽など、子どもにとっては飽きる間もないといった感じのレッスンです。

教室では小学生未満は親が同席し、子どもは机に向かって椅子にすわった状態で取り組みます。

 

最初は、なかなかじっと座っていられないものですが、後ろからときどきポンポンと手を添えてやると、少しづつ集中していられるようになりました。

プレスクールとして良い時間だったと思います。

 

もう一つ教室に通わせてみて良かったことは、レッスンを一緒に過ごすことで子どもとの英語の取り組み方がいろいろ学べた点です。

レッスンでは毎回発表の時間があり、絵本を一冊暗唱します。

英語の絵本

1ページに2~3行で10ページくらいの絵本なのですが、毎日読み続けていると1週間ぐらいで覚えられるようになります。

子どもってほんとうに凄いです。

発表は成功体験

毎週目標を決めて毎日音読を続け、そして発表。

この流れが英語力をつける一番最短の方法かもしれません。

最初のうち意味なんてわかんなくても構いません。

絵を見てなんとなくわかればそれでOKくらいの気持ちです。

「すごいね!覚えたね」って褒められると、本当に嬉しいみたいです。

発表する相手は先生でなくてもかまいません。

 

ビデオの前で発表をしてDVDに収め、おばあちゃんへ送ったこともあります。

子どもはみんなが喜ぶことがとにかく好きです。

 

家庭での取り組み

七田と同時進行しながら家で取り組んでいたのが、児童英検でした。現在は、英検ジュニアと名称が変更になっています。
【無料おためし】初めての英語学習は英検 Jr.オンライン版。楽しく学べる!

教室で受験をすすめられたのがきっかけでしたが、WEBでも受けられることを知り、児童英検WEB版を選びました。

学習がパソコンでできて、ゲーム感覚なところが良いです。

将来、英検5級を受けさせるのであれば、プレ感覚で、ブロンズ、シルバー、ゴールドと受けてみるのもいいと思います。

立派な賞状ももらえます。

児童英検修了証書







-幼児英語

  オススメ

関連記事

no image

子どもの英語教育は何歳から?

小学校の英語を正式教科にとの提言案が政府の教育再生実行会議で了承されたようですね。
現在、小学校の5,6年生で行われている英語の授業はテストや評価のない、英語に親しむといったアクティビティ色の強いものでしたが、今後、国語や算数といった他の教科のようにテストで評価される方向に向かうのでしょうか。
さらに英語授業の学年を引き下げるという話も出ているようです。
本気で取り組むのなら、いっそ私立の小学校のように1年生からでもいいような気もします。
マーケティングリサーチ会社ネオマーケティングによると、
全国の0歳から12歳に英語教育をしている親を対象に、
子供の英語教育について何才から始めるのが良いかとの問に、約75% が
「英語教育を始めるのは小学校入学前が良い」
と答えるアンケート結果が出ています。
内訳は
1位「0歳~3歳」で41.2%
2位「4歳~6歳」34.4%
3位「7歳~8歳」6.2%

no image

幼児英語に必須な最初のステップ

私たちは生まれた直後から、もっと言えばまだ母親のお腹の中にいる時から 周囲で話す言葉を聞いて来ました。

no image

胎教で英語好きの赤ちゃんに

日本人の英語学習が多く変わろうとしています。
私立の小学校ではすでに1年生から英語の授業は行われていますが、公立小学校でも5,6年生で英語を習うようになり、一部の地域では前倒しで低学年から授業をスタートさせる動きになってきています。
今後おそらく公立の小学校でも低学年より英語授業を始める流れになるでしょう。
さらに高校ではこの春より授業中の会話は全て英語で行うことが決まっているそうで、大学入試においては「TOEFL(トーフル)」を入試選考に取り入れる動きがあるようです。
他の国に比べ日本に暮らしていると英語は身近ではありませんから、
こうなってくると、幼いうちから子供のそばにいる親の役目は重要になってきますね。
今後生まれてくる子供は日本語とともに英語を身につけておかないと将来大変そうです。

ball

幼児のうちから英語を習わせるのは早すぎる?

国語力がある程度付くようになるのは6歳頃だと言われていますが、その時期には言語習得のクリティカルポイントが過ぎてしまい

子供の英単語

子供のうちから英語を書く習慣をつけておいた方がよいってお話

子供が幼児の頃から、プレ学習として七田の英語コースに通っていました。 未就学のうちは親も後ろについていて子供の学習を見守る形です。 授業中どんなことをやっているか一目瞭然なので家庭での取り組みもそれに …




にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ