子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

小学生英語

英会話教室でイースターを楽しむ

投稿日:

子どもの通っている英会話教室ではEaster(イースター)にちなみ、タマゴをスプーンに乗せて運ぶエッグレースや隠したタマゴを探すエッグハントを行なったそうです。
デコレーションパンケーキをみんなで作ったりと楽しんだみたいです。チョコやアメをたくさん持って帰ってきました。

TVでもやっていましたが、ディズニーランドでも今ディズニー・イースターを開催しているようですね。エッグハントも行われているそうですよ。

 

Easter(イースター)は日本ではあまり馴染みがありませんが、ググってみるとキリスト教ではクリスマスと並ぶ重要な日のようです。「復活際」とも呼ばれているキリスト教最古の儀式です。

 

年ごとに日付が変わるので馴染みにくいのかもしれません。今年は4月20日にあたるようです。欧米ではイースター前の金曜日は『Good Friday』という休日になるそうです。

 

イースターのシンボル、タマゴの理由は「復活」ということで新しい生命の象徴の意味があるんですね。

もうひとつのシンボルのうさぎ、アメリカではイースターバニー「Easter bunny」他に「Easter rabbit」とも言うそうですが、イギリスでは「Easter hare」になるそうです。hareは野うさぎの意味になります。

 

Easterrabbit

 

イースターといえば日本ではイースター島の方が馴染みがありまよね。この名前も実はイースターの日に発見されたことを記念して付けられたそうですよ。







-小学生英語

  オススメ

関連記事

英会話聞き返し

英会話で聞き取れない英語があった時「Once more please.」ではダメ?

英語を使い慣れてくるとネイティブとの会話も楽しくなりますね。 英会話を楽しめるようになると、フレーズのイントネーションや抑揚、リズムなどが今まで以上に加速して身に付けられるようになります。 今まで覚え …

アナと雪の女王翻訳

アナと雪の女王let it goの翻訳に挑戦

アナと雪の女王の主題歌Let It Goは耳に残りますね。 いつも子どもが口ずさみます。   耳コピなのでよくよく聞いていると時々ごまかしていますが・・   せっかく日々英語の勉強 …

no image

親子で実践する英語教育のヒント

小学校による英語授業開始を受け、英語教育改革はどんどん進んでいるようです。
東洋経済オンラインでは「英語教育2.0 日本の教育をこう変えよ!」
の中で、「わが子を英語ができるように育てるには」というタイトルで
家庭で実践する英語教育のヒントについて特集しています。

自己紹介を英語で言えるようになる「キクタン」の小学生版

アルクからでている「キクタン」シリーズに小学生版が登場しています。 小学校英語の副教材「英語ノート」の中から、自分のことを英語で話せるようになるというコンセプトで英単語をセレクトしてあります。 自分の …

no image

子どもに英語を楽しく取り組ませるために大切なこと

英語の義務教育化を進めようとしている国の教育再生実行本部の提言に対して、 小学校から英語義務教育化すれば英語嫌いの子供増やすだけではないかという意見もささやかれているようです。