子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

小学生英語

英会話教室でイースターを楽しむ

投稿日:

子どもの通っている英会話教室ではEaster(イースター)にちなみ、タマゴをスプーンに乗せて運ぶエッグレースや隠したタマゴを探すエッグハントを行なったそうです。
デコレーションパンケーキをみんなで作ったりと楽しんだみたいです。チョコやアメをたくさん持って帰ってきました。

TVでもやっていましたが、ディズニーランドでも今ディズニー・イースターを開催しているようですね。エッグハントも行われているそうですよ。

 

Easter(イースター)は日本ではあまり馴染みがありませんが、ググってみるとキリスト教ではクリスマスと並ぶ重要な日のようです。「復活際」とも呼ばれているキリスト教最古の儀式です。

 

年ごとに日付が変わるので馴染みにくいのかもしれません。今年は4月20日にあたるようです。欧米ではイースター前の金曜日は『Good Friday』という休日になるそうです。

 

イースターのシンボル、タマゴの理由は「復活」ということで新しい生命の象徴の意味があるんですね。

もうひとつのシンボルのうさぎ、アメリカではイースターバニー「Easter bunny」他に「Easter rabbit」とも言うそうですが、イギリスでは「Easter hare」になるそうです。hareは野うさぎの意味になります。

 

Easterrabbit

 

イースターといえば日本ではイースター島の方が馴染みがありまよね。この名前も実はイースターの日に発見されたことを記念して付けられたそうですよ。







-小学生英語

  オススメ

関連記事

no image

子どもの英語の勉強に必要なもの

子どもってひとたび興味をもつと好奇心が沸き起こります。興味や好奇心から学びはスタートしていきます。

no image

親子で実践する英語教育のヒント

小学校による英語授業開始を受け、英語教育改革はどんどん進んでいるようです。
東洋経済オンラインでは「英語教育2.0 日本の教育をこう変えよ!」
の中で、「わが子を英語ができるように育てるには」というタイトルで
家庭で実践する英語教育のヒントについて特集しています。

no image

親子で英語の暗唱に取り組むために行なっている方法

小学1年生になるうちの子の通っている学校の英語の授業では、 課題文を暗唱して発表するレシテーションの練習が始まりました。
以前、スーパージュニアスの発表会でスピーチを行ったことがあるので これで2度目の英語の発表になります。このような人前で話すという経験を積み重ねることはとても大切だと思っています。
英語を学ぶ目的は人前で話すことにあるからです。

子供向け英語の暗唱用

小学生向け英語の暗唱におすすめな1冊

小学3年生になる子供とずっと行なってきた英語の取り組みの中で、一番効果が高いと感じたのは暗唱です。 発音だけでなく、英文の流れやリズムが身につくからです。 その他、集中力も高まります。   …

英会話

英会話で印象UP!聞き取れない時の返事について

英語で話しかけられた時、ちょっと聞き取れないことってありますよね。 そんな時、つい「何?」のつもりで What? と聞き返してしまうことあるかもしれません。 日本語だと軽く聞き返す感じに聞こえますが、 …




にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

英語

英検【2017年第1回】の解答チェックと合格点について

英検の一次試験もおわり、気になるのは合格レベルの解答ができている...

子供も楽しめる英語でハロウィンの歌

ハロウィンシーズンになると、欧米の子供向けチャンネルではハロウィ...

英検3級の合格ラインと二次試験の配点

英検の合格発表が行われましたね。今回、英検3級に挑戦した...

子供と自宅学習に使ってきた英語教材

子供が生まれるとすぐに英語を意識した育児を始めました。子...

英語タッチペン・絵じてん2016年の人気ランキング

英語やイラストにタッチペンで触れると英語音声が流れるタイ...