子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

小学生英語

a few, a littleの使い方とaを付けないと意味が変わるお話し

投稿日:

nuts

 

英会話スクールの帰り道、今日習ったことを聞いてみるとfewとlittleの使い方についてでした。

fewとlittleはどちらも「少し~」と訳せるのですが(何が)少しなのかで使い分けます。

また、aを付けてa few ,a littleになると「少し~がある」となり、aを取ってfew, littleにすると「少ししかない」のような否定的な意味合いになることを学んだようです。

fewは数えられるモノ

「いくつかの~がある」と表す時、数えられる名詞(加算名詞)の前に付けられるのが「a few」です。ただ、「few」だけになるとかなりニュアンスが変わってきます。

例)

I have a few friends.
友人は少しいる

I have few friends.
友人は少ししかいない

 

「a」のアクセントひとつで明るく感じたり暗く感じたりします。

 

A few days ago
何日か前

a few hundred
数百

a few more books
もう 2, 3 冊の本

raise a few queries
2, 3質問を出す

a few persons
いくらかの人数

We have few conversations.
私たちは会話が少ない。

There are few persons.
人数が少ない。

There are few such men.
そんな人はめったに無い。

 

littleは数えられないモノ

cheese

 

数えられない名詞(不可算名詞)には、液体や重さをはかるもの、目に見えにくかったり絵に描きにくいものなどがあります。

抽象度が高くなると不可算になる傾向にあります。

 

不可算名詞 例)

rain wind juice wood beef

fish honeybaggage love

time money news advice

 

「a little 」・・少し~がある

「little」・・少ししか~ない

 

I have a little money.
金は少しある。

I have but little money.
金は少ししかない。

He is a little fat.
彼は少し太っています。

Today is a little cool.
今日は涼しいです。

I need a little time.
少し時間が必要です。

our little life
我々の短い命。

I little knew.
少しも知らなかった。

He has seen little of life.
彼は世間知らずだ。

 

 

 

加算、不可算名詞すべてにfewやlittleが付けられることはあまりないと思います。

英語絵本やリーディングでなんとなく覚えて行くのが早いかもしれませんね。

子供には、日本語の「ちょっと」や「ちょっぴり」「ちょこっと」のような感じで考えていたらいいかもしれないって伝えてみました。

「本がちょっぴりあります」とは言わないよね、と。

 

aの考え方は文を作るときのフォーカスの違いでしょうか。

a little water・・水がほんのすこしでもある状態
little water・・水がほんのすこしだけの状態

冠詞については、小学低学年の子供にはまだちょっと難しいかもしれません。







-小学生英語

  オススメ

関連記事

自己紹介を英語で言えるようになる「キクタン」の小学生版

アルクからでている「キクタン」シリーズに小学生版が登場しています。 小学校英語の副教材「英語ノート」の中から、自分のことを英語で話せるようになるというコンセプトで英単語をセレクトしてあります。 自分の …

no image

学校の英語、挨拶から間違ってない?

日本では教科書だけでなく、書店で売られれいる英会話の本の最初も“How are you?”“I’m fine thank you.” ですよね。実際、普段ネイティブの会話ではあまり使われていません。

ちびまる子ちゃんの英語教室

ちびまる子ちゃんの小学生英語でおさらい

北海道に引っ越してきて、転校してきた小学校での初の夏休みです。 北海道の夏休みは本州より短く始業式は8月19日なんだそうです。そのぶん冬休みが長いということですが、そう考えるとあっという間に5年生です …

no image

小学校英語の取り組み

公立小学校の5,6年生の間で現在行われている英語教育ですが、正式な教科となるようですね。
さらに予想通り低学年からの英語教科導入も検討されるそうです。
今後、外国人教師を現在の倍に増やして小中高の英語教育に力を入れるとしていますが、
既存の先生との問題もいろいろあるようで、ゆとり教育や詰め込み教育の時のようにブレないことを願うばかりです。

ただ、方向的には小学校から基礎的な英語力を身につけさせたいという方針のようなので、
現在低学年のご家庭は、学校とは別に家庭で取り組めることはどんどん進めていっておいても良いのかなと思います。

no image

子どもの英語の勉強に必要なもの

子どもってひとたび興味をもつと好奇心が沸き起こります。興味や好奇心から学びはスタートしていきます。