子どもの英語

子供の英語学習に役立つ無料動画やアプリ、教材などのレビューの他、幼児期から親子で取り組む様子なども綴っています。

小学生英語

a few, a littleの使い方とaを付けないと意味が変わるお話し

投稿日:

nuts

 

英会話スクールの帰り道、今日習ったことを聞いてみるとfewとlittleの使い方についてでした。

fewとlittleはどちらも「少し~」と訳せるのですが(何が)少しなのかで使い分けます。

また、aを付けてa few ,a littleになると「少し~がある」となり、aを取ってfew, littleにすると「少ししかない」のような否定的な意味合いになることを学んだようです。

fewは数えられるモノ

「いくつかの~がある」と表す時、数えられる名詞(加算名詞)の前に付けられるのが「a few」です。ただ、「few」だけになるとかなりニュアンスが変わってきます。

例)

I have a few friends.
友人は少しいる

I have few friends.
友人は少ししかいない

 

「a」のアクセントひとつで明るく感じたり暗く感じたりします。

 

A few days ago
何日か前

a few hundred
数百

a few more books
もう 2, 3 冊の本

raise a few queries
2, 3質問を出す

a few persons
いくらかの人数

We have few conversations.
私たちは会話が少ない。

There are few persons.
人数が少ない。

There are few such men.
そんな人はめったに無い。

 

littleは数えられないモノ

cheese

 

数えられない名詞(不可算名詞)には、液体や重さをはかるもの、目に見えにくかったり絵に描きにくいものなどがあります。

抽象度が高くなると不可算になる傾向にあります。

 

不可算名詞 例)

rain wind juice wood beef

fish honeybaggage love

time money news advice

 

「a little 」・・少し~がある

「little」・・少ししか~ない

 

I have a little money.
金は少しある。

I have but little money.
金は少ししかない。

He is a little fat.
彼は少し太っています。

Today is a little cool.
今日は涼しいです。

I need a little time.
少し時間が必要です。

our little life
我々の短い命。

I little knew.
少しも知らなかった。

He has seen little of life.
彼は世間知らずだ。

 

 

 

加算、不可算名詞すべてにfewやlittleが付けられることはあまりないと思います。

英語絵本やリーディングでなんとなく覚えて行くのが早いかもしれませんね。

子供には、日本語の「ちょっと」や「ちょっぴり」「ちょこっと」のような感じで考えていたらいいかもしれないって伝えてみました。

「本がちょっぴりあります」とは言わないよね、と。

 

aの考え方は文を作るときのフォーカスの違いでしょうか。

a little water・・水がほんのすこしでもある状態
little water・・水がほんのすこしだけの状態

冠詞については、小学低学年の子供にはまだちょっと難しいかもしれません。







-小学生英語

  オススメ

関連記事

no image

英語でご挨拶のちょっとした注意

日本の英語の教科書やテキスト問題などを見ているとたまに違和感を覚えるフレーズを目にすることがあります。
英語を母国語とする人たちに言わせると100年ぐらい前の英語をいまだに使っているとも言いいますよね。
新しい英語の学習指導要領ではその辺のところの修正を期待したいです。今の子供たちが大人になってグローバルな舞台に立った時恥ずかしい思いをしないように、せめてこれからの子どもたちには国際標準の英語を身につけてもらいたいです。
英語を最初に習い初めの定番フレーズは挨拶です。

no image

海外大学を目指す子供向けにベネッセがジュニアマスターズコースやるそうです

ベネッセでは4月より、海外大学を目指す中学1年生に向け「ジュニアマスタークラス」を開講するそうです。
ハーバード大やイェール大への合格実績のあるベネッセの海外大学進学塾「ルートH」の新中学生対象のジュニアマスタークラスです。

アナと雪の女王翻訳

アナと雪の女王let it goの翻訳に挑戦

アナと雪の女王の主題歌Let It Goは耳に残りますね。 いつも子どもが口ずさみます。   耳コピなのでよくよく聞いていると時々ごまかしていますが・・   せっかく日々英語の勉強 …

エイエイGO

一般動詞に”s”を付けるときと付けないとき

前回、複数形の”s”について子供が間違いやすかった部分、体の部分を表現するときにつける三単元の”s”を取り上げました。 ちょうど、子供といつも観ているE …

no image

親子で英語の暗唱に取り組むために行なっている方法

小学1年生になるうちの子の通っている学校の英語の授業では、 課題文を暗唱して発表するレシテーションの練習が始まりました。
以前、スーパージュニアスの発表会でスピーチを行ったことがあるので これで2度目の英語の発表になります。このような人前で話すという経験を積み重ねることはとても大切だと思っています。
英語を学ぶ目的は人前で話すことにあるからです。